ニコラス・ラティフィ 「グリッド侵害で10秒ペナルティは厳しすぎる」 / ウィリアムズ F1アゼルバイジャンGP 決勝
ウィリアムズF1のニコラス・ラティフィは、2022年F1第8戦アゼルバイジャングランプリで科された10秒のストップ&ゴー ペナルティに不満を露わにしている。

ニコラス・ラティフィは、アゼルバイジャングランプリのグリッドボックスをわずかにオーバーシュート。ウィリアムズF1のクルーは、新設にも彼を元の位置に戻した。問題は、すべての人員がグリッドを離れることを要求された後に彼がそれを行ったことだ。

スチュワードは、レースの早い段階で10秒間のストップ&ゴー ペナルティという最も重いペナルティの1つを科した。ニコラス・ラティフィはピットレーンに入り、車への作業がまったく許可されない中でピットボックスで10秒間停止した後、リリースされた。

その制裁は、当然ながら強力な結果を出すチャンスの妨げになり、ニコラス・ラティフィはあまりに厳しいと感じたと語った。

「スタートさえしていないのにペナルティですべてを破壊されたのは残念だ」とニコラス・ラティフィはレース後に記者団に語った。

「押し戻されただけで、車は何も変更されていなかった。どのような侵害だたかについてはある程度の寛大さが適用されるべきだと感じている」

ニコラス・ラティフィは、最下位の15位でラインを通過した後、レース後半にブルーフラッグを無視したことで5秒のタイムペナルティを受けた。

「集団から遠く離れていて、ブルーフラッグのサイクルと非常に早い段階でリーダーに捕まるのは難しいことだった」とニコラス・ラティフィは続けた。

「レースは非常に長く、孤独なものになった。なんとか車でより多くのマイレージとラップを獲得することができたけど、このトラックでは全体的にチャレンジングな週末だった」

ニコラス・ラティフィにとってこれまでのところ困難なシーズンになっているのは確かだ。ポイントを獲得することはできず、彼の新しいチームメイトであるアレクサンダー・アルボンに定期的にアウトパフォームされている。

次戦はニコラス・ラティフィの母国レースとなるカナダグランプリだ。新型コロナウイルスの大流行によって、2020年と2021年のグランプリはキャンセルとなったため、ラティフィにとっては初の母国グランプリとなる。

「忘れたい日だけど、初めてホームレースのためにカナダに直行することに興奮している」とニコラス・ラティフィは語った。

ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・レーシング

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコラス・ラティフィ / ウィリアムズ / F1アゼルバイジャンGP