マックス・フェルスタッペン、ルクレールのDNFに同情せず「そういう事もある」 / F1アゼルバイジャンGP
マックス・フェルスタッペンは、F1アゼルバイジャングランプリでシャルル・ルクレールがリタイアしたことについて「そういう事もある」もあるとほとんど同情していないことを示した。

シャルル・ルクレールは、パワーユニットの問題でレースからリタイアすることを余儀なくされたとき、レースをリードしていた。

シャルル・ルクレールがポールポジションからスタートしてグランプリを終えることができなかったのは、3レースで2度目だ。

マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングのチームメイトであるセルジオ・ペレスに先んじて勝利を収めた。2022年シーズンで5勝目であり、ドライバーズチャンピオンシップの首位でリードを拡大した。

シャルル・ルクレールの状況に同情しているかと質問されたマックス・フェルスタッペンは「そういう事もあるといつも言ってきた。それがレースだよね?」とコメント。

「それは僕にも起こったし、過去に多くの人々に起こった。そして、残念ながら、それはシャルルに起こった」

「僕が同じ状況ならがっかりするだろう。それはごく普通のことだと思うけど、どうやってそこから抜け出すかが重要だ」

「常に物事をどのように改善するかに目を向けているし、それは僕たちがシーズン序盤にやったことでもある」

「それから学ぶものだ。好ましいことではないし、腹が立つけど、好転させるだけだ。何か他のことが起こる可能性もあるので常にそれを維持している必要があるし、これらの問題が起こらないようにする必要がある」

シャルル・ルクレールは、レッドブル・レーシングより先にバーチャルセーフティカーの下でピットインし、レッドブルがタイヤを交換した後、2人のライバルとの間にかなりのギャップがあった。

しかし、マックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールに迫り、レースでの勝利に挑戦するペースがあったと信じている。

「ピットから出てすぐに、ギャップは約12秒か13秒だと言われたので、それを縮めるには少しギャップがあると思った」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「でも、彼のペースを見て、 『そのギャップを完全に埋めることができるかどうか見てみようう』と考えた」

「今日のクルマとペースに自信があったし、最後まで面白い戦いになっていただろう」

マックウ・フェルスタッペン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マックス・フェルスタッペン / レッドブル / F1アゼルバイジャンGP