アルピーヌF1、2022年のピエール・ガスリー起用の噂を否定

2021年5月22日
アルピーヌF1、2022年のピエール・ガスリー起用の噂を否定
アルピーヌF1のCEOを務めるローラン・ロッシは、2022年にピエール・ガスリーをドライバーに起用するとの噂を否定した。

最近、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、アルファタウリ・ホンダで好パフォーマンスを発揮しているピエール・ガスリーのレッドブル・レーシングへの復帰の可能性を除外する発言をしている。

アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「ウォールに軽くキスしただけ」

2021年5月22日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「ウォールに軽くキスしただけ」 / F1モナコGP
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1モナコのFP1でウォールに接触したが、“軽くキスしただけ”だと振り返る。

フェルナンド・アロンソは、FP1に最終コーナーでバリアに接触し、A521のフロントウイングを破損させた。しかし、2010年のFP3での大クラッシュと比較すれば、軽く“キス”しただけだと語る。

エステバン・オコン 「まだマシンを限界までプッシュできていない」

2021年5月21日
エステバン・オコン 「まだマシンを限界までプッシュできていない」 / アルピーヌ F1モナコGP 木曜フリー走行
アルピーヌF1のエステバン・オコンは、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPの木曜フリー走行を14番手で終えた。

「マシンを理解し、リズムを見つけ、問題を特定するという必要なことをやれたという点ではプラクティスデーはかなりスムーズに進んだ。すべてを把握できているわけではないけど、今夜、そして、明日の休息日も使って調査と分析を進めていく」とエステバン・オコンはコメント。

フェルナンド・アロンソ 「トラフィックのマネジメントが予選の鍵を握る」

2021年5月21日
フェルナンド・アロンソ 「トラフィックのマネジメントが予選の鍵を握る」 / アルピーヌ F1モナコGP 木曜フリー走行
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年のF1世界選手権 第5戦 F1モナコGPの木曜フリー走行を12番手で終えた。

「モナコでの木曜日はいつものように激しい一日だった。合計で64周を走れたのでいい仕事ができたと思うし、マシンへの自信を高めることはとても有益なことなので、それについては満足している」とフェルナンド・アロンソはコメント。

オスカー・ピアストリ、2022年のF1昇格をターゲット

2021年5月18日
オスカー・ピアストリ、2022年のF1昇格をターゲット
アルピーヌF1の育成ドライバーであるオスカー・ピアストリは、2022年のF1へのステップアップを明確なターゲットにしている。

今年、F1のフィーダーカテゴリーであるFIA-F2選手権でデビューを果たしたオスカー・ピアストリは、バーレーンでのレース2で初優勝を飾り、ランキング4位につけている。

フェルナンド・アロンソ 「現在のベストドライバーはフェルスタッペン」

2021年5月17日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「現在のベストドライバーはフェルスタッペン」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、現在のF1グリッドにおけるベストドライバーはマックス・フェルスタッペンだと考えており、その重要な要因のひとつとしてオーバーテイクへの意欲を挙げた。

2005年と2006年にF1ワールドチャンピオンを2連覇したフェルナンド・アロンソは、ルイス・ハミルトン、セバスチャン・ベッテル、キミ・ライコネン、ジェンソン・バトンなどの強者たちと競争してきた。

ピエール・ガスリー 「アルファタウリ・ホンダF1は開幕から後退している」

2021年5月13日
ピエール・ガスリー 「アルファタウリ・ホンダF1は開幕から後退している」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、シーズン開幕以来、主要なライバルと比較してチームは“後退”したと語る。

バーレーンとイモラで予選5番手を獲得したピエール・ガスリーだが、ポルトガルでは9番手、バルセロナでは12番手と徐々に後退。F1スペインGPではスタート前にグリッドボックスをオーバーシュートし、5秒のストップ&ゴー ペナルティを科せられる状況になったが10位まで挽回し、3戦連続でポイントを獲得している。

アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ、パワステを微調整してモナコへ

2021年5月13日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ、パワステを微調整してモナコへ
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1への再適応を進めており、次戦F1モナコGPにむけてパワーステアリングシステムを微調整する。

2年ぶりにF1復帰したフェルナンド・アロンソだが、チームメイトのエステバン・オコンのスピードに匹敵することに苦労している。だが、アルピーヌF1は2022年の準備に焦点を当てており、アロンソも現在のマシンに大きな変更を加えることは“意味がない”と同意する。

ダニール・クビアト、18インチタイヤでアルピーヌF1のマシン初走行

2021年5月13日
ダニール・クビアト、18インチタイヤでアルピーヌF1のマシン初走行
ダニール・クビアトは、ピレルの18インチタイヤテストでアルピーヌF1のマシンでの初走行を行った。

昨年までアルファタウリ・ホンダF1のドライバーを務めていたダニール・クビアトだが、契約満了と角田裕毅の加入によってF1シートを喪失し、レッドブル・ファミリーから外れた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム