アルピーヌF1、レースペース不足解明のためにA521を徹底調査

2021年6月15日
アルピーヌF1、レースペース不足解明のためにA521を徹底調査
アルピーヌF1は、今季マシンA521は予選では非常に強いが、レースペースに欠けている理由についてまだ答えを出せていないことを認める。

今季、信じられないくらいタイトなミッドフィールドに属しているアルピーヌF1は、土曜日に強力なパフォーマンスを発揮するものの、それを日曜日に堅実なポイントに変えることに苦労している。

アロンソ、マクラーレンF1時代に「時間を無駄にしていると感じた」

2021年6月14日
フェルナンド・アロンソ、マクラーレンF1時代に「時間を無駄にしていると感じた」
フェルナンド・アロンソは、マクラーレンF1時代に「時間を無駄にしている」と感じていたと明かし、2年間のブレイクをとったことで、他のシリーズやレースを追求することができたと語る。

2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは 、マクラーレンとの4年間の困難な期間を経て、2018年の終わりにF1を離れた。

フェルナンド・アロンソ 「他の移籍組と比較されるのはフェアじゃない」

2021年6月13日
フェルナンド・アロンソ 「他の移籍組と比較されるのはフェアじゃない」
フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1に慣れるのは“時間の問題”であり、自身のF1復帰のスローなスタートを他の移籍組と比較して批判するのは“フェアではない”と考えている。

今年F1復帰を果たしたフェルナンド・アロンソだが、シーズン最初の5レースでわずか5ポイントしか獲得できていなかった。だが、前戦F1アゼルバイジャンGPでは6位でフィニッシュし、調子を上げてきている。

レッドブルF1首脳、ピエール・ガスリーのアルピーヌF1移籍を否定

2021年6月11日
レッドブルF1首脳、ピエール・ガスリーのアルピーヌF1移籍を否定
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ピエール・ガスリーがアルピーヌF1に移籍しようとしているとの噂を否定した。

25歳のフランス人ドライバーであるピエール・ガスリーは、アルファタウリからレッドブル・レーシングの復帰を求めており、2022年までの契約は理論上、あと1年はどちらかのチームでレースをするように設計されている。

アルピーヌF1 「曲がるリアウイングは空力目的よりも軽量化の結果」

2021年6月11日
アルピーヌF1 「曲がるリアウイングは空力目的よりも軽量化の結果」
アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターであるマルチン・ブコウスキーは、リアウイングのたわみ、もしくはフレキシビリティは、空力のアドバンテージを得るよりも軽量化に重点を置いていると考えている。

いわゆる“曲がるウイング”をめぐる議論はここ数週間激化しており、特にメルセデスF1は、レッドブル・ホンダが高速で“曲がる”リアウイングで直線スピードを増加させてアドバンテージを得たと非難している。

【動画】 フェルナンド・アロンソ、“2周のレース”で4ポジションアップ

2021年6月7日
【動画】 フェルナンド・アロンソ、“2周のレース”で4ポジションアップ / F1アゼルバイジャンGP 決勝
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1アゼルバイジャンGPの残り2周のスプリントレースで4つ順位を上げる好走を見せ、6位でレースを終えた。

8番グリッドからスタートしたフェルナンド・アロンソに競争力はなく、レース中に13番手まで順位を落としていた。チームメイトのエステバン・オコンはわずか4周でリタイアし、アルピーヌのポイント獲得の期待は暗いように見えた。

アロンソ、予選の事故多発に苦言「自分の能力を超えた走りをしている」

2021年6月6日
F1:フェルナンド・アロンソ、予選の事故多発に苦言「自分の能力を超えた走りをしている」
フェルナンド・アロンソは、F1アゼルバイジャンGPの予選での事故多発に、何人かのドライバー「自分のマシンや自分の能力のポテンシャルを超えたドライビングをしていた」と苦言を呈した。

F1アゼルバイジャンGPの予選ではQ1でランス・ストロールとアントニオ・ジョビナッツィがターン15で、Q2ではダニエル・リカルド、Q3では角田裕毅がターン3でウオールにクラッシュし、計4回セッションが赤旗で中断された。

フェルナンド・アロンソ 「新品タイヤを装着するたびに赤旗が出た」

2021年6月6日
フェルナンド・アロンソ 「新品タイヤを装着するたびに赤旗が出た」 / アルピーヌ F1アゼルバイジャンGP 予選
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンの予選を8番手で終えた。

「今日は少し乱雑な予選だったし、予選中にリズムに乗るのが難しかった。残念ながら、新しいタイヤを装着するたびに赤旗が出て、マシンのポテンシャルを最大限に引き出すことができなかった」とフェルナンド・アロンソはコメント。

エステバン・オコン 「僕たちのセッションではなかった」

2021年6月6日
エステバン・オコン 「僕たちのセッションではなかった」 / アルピーヌ F1アゼルバイジャンGP 予選
アルピーヌF1のエステバン・オコンは、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPの予選を12番手で終えた。

「明らかに僕たちのセッションではなかった。Q1はうまくいったけど、Q2は多くのインシデントがあった。最初の走行ではターン3で邪魔されてウオールにヒットしたし、2回目の走行では赤旗が出て、再び走ることができなかった」とエステバン・オコンはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム