オスカー・ピアストリ、2022年のF1昇格をターゲット

2021年5月18日
オスカー・ピアストリ、2022年のF1昇格をターゲット
アルピーヌF1の育成ドライバーであるオスカー・ピアストリは、2022年のF1へのステップアップを明確なターゲットにしている。

今年、F1のフィーダーカテゴリーであるFIA-F2選手権でデビューを果たしたオスカー・ピアストリは、バーレーンでのレース2で初優勝を飾り、ランキング4位につけている。

フェルナンド・アロンソ 「現在のベストドライバーはフェルスタッペン」

2021年5月17日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ 「現在のベストドライバーはフェルスタッペン」
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、現在のF1グリッドにおけるベストドライバーはマックス・フェルスタッペンだと考えており、その重要な要因のひとつとしてオーバーテイクへの意欲を挙げた。

2005年と2006年にF1ワールドチャンピオンを2連覇したフェルナンド・アロンソは、ルイス・ハミルトン、セバスチャン・ベッテル、キミ・ライコネン、ジェンソン・バトンなどの強者たちと競争してきた。

ピエール・ガスリー 「アルファタウリ・ホンダF1は開幕から後退している」

2021年5月13日
ピエール・ガスリー 「アルファタウリ・ホンダF1は開幕から後退している」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、シーズン開幕以来、主要なライバルと比較してチームは“後退”したと語る。

バーレーンとイモラで予選5番手を獲得したピエール・ガスリーだが、ポルトガルでは9番手、バルセロナでは12番手と徐々に後退。F1スペインGPではスタート前にグリッドボックスをオーバーシュートし、5秒のストップ&ゴー ペナルティを科せられる状況になったが10位まで挽回し、3戦連続でポイントを獲得している。

アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ、パワステを微調整してモナコへ

2021年5月13日
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソ、パワステを微調整してモナコへ
アルピーヌF1のフェルナンド・アロンソは、F1への再適応を進めており、次戦F1モナコGPにむけてパワーステアリングシステムを微調整する。

2年ぶりにF1復帰したフェルナンド・アロンソだが、チームメイトのエステバン・オコンのスピードに匹敵することに苦労している。だが、アルピーヌF1は2022年の準備に焦点を当てており、アロンソも現在のマシンに大きな変更を加えることは“意味がない”と同意する。

ダニール・クビアト、18インチタイヤでアルピーヌF1のマシン初走行

2021年5月13日
ダニール・クビアト、18インチタイヤでアルピーヌF1のマシン初走行
ダニール・クビアトは、ピレルの18インチタイヤテストでアルピーヌF1のマシンでの初走行を行った。

昨年までアルファタウリ・ホンダF1のドライバーを務めていたダニール・クビアトだが、契約満了と角田裕毅の加入によってF1シートを喪失し、レッドブル・ファミリーから外れた。

エステバン・オコン 「マゼピンを抜くときは200%の注意を払っている」

2021年5月12日
アルピーヌF1のエステバン・オコン 「マゼピンを抜くときは200%の注意を払っている」
アルピーヌF1のエステバン・オコンは、コース上でニキータ・マゼピン(ハース)に遭遇するときに“恐れている”と認める。

22歳のニキータ・マゼピンは、コース内外で激動のF1キャリアのスタートを切っており、特にスピンが多いことから“Mazespin(マゼスピン)”と揶揄されている。それでもマゼピンはルーキーシーズンで多くのことを学んでいるところだと主張している。

メルセデスF1代表、エステバン・オコンの2022年のアルピーヌ残留を示唆

2021年5月12日
メルセデスF1代表、エステバン・オコンの2022年のアルピーヌ残留を示唆
エステバン・オコンは、2022年のメルセデスF1のドライバー候補ではないようだ。チーム代表のトト・ヴォルフは、オコンが2022年もアルピーヌに残留することを示唆した。

トト・ヴォルフは、メルセデスF1がルイス・ハミルトンの続投を望んでいることを明らかにしているが、現在のバルテリ・ボッタスのシートについては、育成ドライバーのジョージ・ラッセルの昇格が強く噂されている。

アルピーヌF1 「アロンソがF1復帰にここまで苦労するとは予想外だった」

2021年5月12日
アルピーヌF1 「アロンソがF1復帰にここまで苦労するとは予想外だった」
アルピーヌF1のエグゼクティブディレクターを務めるマルチン・ブコウスキーは、フェルナンド・アロンソにとってF1復帰がこれほど難しいものになるとは予想していなかったと認める。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2021年にここまで苦労している唯一のドライバーではない。実際、この冬にチームを移籍したすべてのトップドライバーがスピードを上げるのに時間がかかっている。

エステバン・オコン 「レースペースに関してやるべきことがある」

2021年5月10日
エステバン・オコン 「レースペースに関してやるべきことがある」 / アルピーヌ F1スペインGP 決勝
アルピーヌF1のエステバン・オコンは、2021年のF1世界選手権 第4戦 F1スペインGPの決勝で9位入賞を果たした。

「今日はタフなレースだった。見直さなければならないことがいくつかある。レースでの僕たちはフェラーリやマクラーレンほど速くなかった」とエステバン・オコンは語る。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム