F1アブダビGPの2019年12月のF1情報を一覧表示します。

ジャック・ヴィルヌーヴ 「F1アブダビGPでのDRS故障は素晴らしかった」

2019年12月4日
ジャック・ヴィルヌーヴ 「F1アブダビGPでのDRS故障は素晴らしかった」
元F1ワールドチャンピオンのジャック・ヴィルヌーヴは、先週末のF1アブダビGPは、F1がDRSなしでも生き残ることができることを示したと考えている。

2013年に導入されたDRS(ドラッグ・リダクション・システム)は、リアウイングのフラップを開いてドラッグを低減させオーバーテイクを促進させることを目的に導入された可変リアウイング。

エステバン・オコン 「ラッセルの代役を務めるには身長が高すぎた」

2019年12月3日
エステバン・オコン 「ラッセルの代役を務めるには身長が高すぎた」
エステバン・オコンは、ジョージ・ラッセルの代役として招集されたが、ウィリアムズのマシンに乗るには身長が高すぎたため、いずれにしてもF1アブダビGPでレースをすることはできなかったと明かした。

ジョージ・ラッセルは、F1アブダビGPの週末に体調不良を訴え、ウィリアムズはメルセデスのリザーブドライバーであるエステバン・オコンにコンタクトをとった。

マクラーレン | F1アブダビGP 決勝レポート&2019年総括

2019年12月3日
マクラーレン
マクラーレンは、F1アブダビGPの決勝レースで、ランド・ノリスが8位、カルロス・サインツが8位でレースを終えた。

今季、マクラーレンはカルロス・サインツが96ポイントを獲得してランキング6位、ランド・ノリスは49ポイントを獲得して11位でシーズンを終了。コンストラクターズ選手権も4位と両方のチャンピオンシップで“ベスト・オブ・ザ・レスト”の座を獲得した。

ルノーF1チーム | F1アブダビGP 決勝レポート&2019年総括

2019年12月3日
ルノーF1チーム
ルノーF1チームは、F1アブダビGPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが11位、ニコ・ヒュルケンベルグが13位でレースを終えた。

今季、ルノーF1チームはダニエル・リカルドが54ポイントを獲得してランキング9位、ニコ・ヒュルケンベルグは37ポイントを獲得して14位でシーズンを終了。コンストラクターズ選手権は5位だった。

レーシングポイント | F1アブダビGP 決勝レポート&2019年総括

2019年12月3日
レーシングポイント
レーシングポイントは、F1アブダビGPの決勝レースで、セルジオ・ペレスが7位、ランス・ストロールがリタイアでレースを終えた。

今季、レーシングポイントはセルジオ・ペレスが52ポイントを獲得してランキング10位、ランス・ストロールは21ポイントを獲得して15位でシーズンを終了。コンストラクターズ選手権は7位だった。

アルファロメオ・レーシング | F1アブダビGP 決勝レポート&2019年総括

2019年12月3日
アルファロメオ・レーシング
アルファロメオ・レーシングは、F1アブダビGPの決勝レースで、キミ・ライコネンが13位、アントニオ・ジョビナッツィが16位でレースを終えた。

今季、アルファロメオ・レーシングはキミ・ライコネンが43ポイントを獲得してランキング12位、アントニオ・ジョビナッツィは14ポイントを獲得して17位でシーズンを終了。コンストラクターズ選手権は8位だった。

ハースF1チーム | F1アブダビGP 決勝レポート&2019年総括

2019年12月3日
ハースF1チーム
ハースF1チームは、F1アブダビGPの決勝レースで、ケビン・マグヌッセンが14位、ロマン・グロージャンが15位でレースを終えた。

今季、ハースF1チームはケビン・マグヌッセンが20ポイントを獲得してランキング16位、ロマン・グロージャンは8ポイントを獲得して19位でシーズンを終了。コンストラクターズ選手権は9位だった。

ウィリアムズ | F1アブダビGP 決勝レポート&2019年総括

2019年12月3日
ウィリアムズ
ウィリアムズは、F1アブダビGPの決勝レースで、ジョージ・ラッセルが17位、ロバート・クビサが19位でレースを終えた。

今季、ウィリアムズはロバート・クビサがドイツGPで1ポイントを獲得してランキング19位、ジョージ・ラッセルはポイントを獲得できず20位で終了。ウィリアムズもコンストラクターズ選手権10位と厳しいシーズンとなった。

マックス・フェルスタッペン 「ホンダのPUにトルクホールの問題があった」

2019年12月3日
マックス・フェルスタッペン 「ホンダのPUにトルクホールの問題があった」 / レッドブル・ホンダ F1アブダビGP
マックス・フェルスタッペンは、F1アブダビGPの決勝レースを2位表彰台でフィニッシュしたが、ピットストップ後にホンダのF1エンジンに問題を抱えていたことを明らかにした。

2番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、スタート後にシャルル・ルクレール(フェラーリ)にかわされて3番手にポジションを落とすものの、25周目にミディアムからハードへタイヤを交換すると、ターン8でルクレールをオーバーテイク。そのまま2位を守り切って、シーズン最終盤を表彰台で締めくくった。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム