エステバン・オコン 「ラッセルの代役を務めるには身長が高すぎた」
エステバン・オコンは、ジョージ・ラッセルの代役として招集されたが、ウィリアムズのマシンに乗るには身長が高すぎたため、いずれにしてもF1アブダビGPでレースをすることはできなかったと明かした。

ジョージ・ラッセルは、F1アブダビGPの週末に体調不良を訴え、ウィリアムズはメルセデスのリザーブドライバーであるエステバン・オコンにコンタクトをとった。

2020年にルノーでF1チームF1復帰を果たすことが決定し、今週F1アブダビテストでルノーのマシンを走らせているエステバン・オコンは「ジョージは具合が悪く、彼の代役を務められるのは僕だけだった」と Le Figaro にコメント。

「でも、僕はマシンに乗り込むことができなかった。明らかに不可能だった」

186cmのエステバン・オコンは、自分の身長がF1では問題だが、状況は2021年には改善するはずだと語る。

「コックピットの幅は同じままだけど、長さにより多くのスペースがある。それは朗報だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エステバン・オコン / ウィリアムズ / F1アブダビGP / ジョージ・ラッセル