ルノーF1チーム
ルノーF1チームは、F1アブダビGPの決勝レースで、ダニエル・リカルドが11位、ニコ・ヒュルケンベルグが13位でレースを終えた。

今季、ルノーF1チームはダニエル・リカルドが54ポイントを獲得してランキング9位、ニコ・ヒュルケンベルグは37ポイントを獲得して14位でシーズンを終了。コンストラクターズ選手権は5位だった。

2020年、ルノーF1チームは、ニコ・ヒュルケンベルグに代えてエステバン・オコンを起用。ダニエル・リカルドとチームを組む。

シリル・アビテブール(チーム代表)
「今日はシーズンの他の20戦と同じようなレースではあったが、その一方でチャンピオンシップのポジションを確保するという絶対的な目標を持ったレースであり、我々はそれを成し遂げた。とはいえ、腹立たしいレースではあったし、予選タイヤでスタートするというルールは、再び7番手と10番手までのチームにペナルティとなった。それはマクラーレンの後ろでブロックされ、FIAの技術的な問題によってDRSを使えなかったことで悪化した。レースの重要な部分でダーティエアーに晒されることになり、事実上もうひとつのペナルティになった。それでも、素晴らしいオーバーテイクによる良い瞬間がいくつかあった。だが、それらがポイントを具現化することはなく、特にニコにとっては期待外れだった。彼はチームと我々の進歩にとって重要だった。この厳しいシーズにおける彼とダニエル、そして、エンストンとヴィリーのチーム全体の貢献とハードワークに感謝している。これを土台にして、2020年は改善させよう」

ダニエル・リカルド(11位)
「今日はかなり普通のレースだった。最初のピットストップで交換したハードタイヤにやや苦しんでしまったのは残念だ。最終的には速いタイヤで挽回しようとしたけど、時間が足りなかった。それでも、大きな視点で見れば、コンストラクターズチャンピオンシップで5位を確保できたのはポジティブなことだだ。今週末の目標にしていたことだからね。これからのシーズンオフだし、来シーズンに向けて楽観的な気分だ」

ニコ・ヒュルケンベルグ(12位)
「今日は全てを投げ打ったけど、1ポイントも獲得できなかったのは残念だ。1ストップ戦略は実行するのは厳しかったし、終盤でタイヤがあまりに劣化していた。それでも、レースペースはポジティブだったし、最後まで非常に多くのバトルができた。僕にとってこのチームでの価値ある最終戦だった。いい気分でフィニッシュラインを超えることができた。ルノーとの良い3年間だったし、家族のように非常に親しい関係を築いてきた。良いときも悪いときも一緒に過ごしてきたチームのみんなに感謝したい。彼らのこれからの成功を祈っている」


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルノー / F1アブダビGP