マクラーレン
マクラーレンは、F1アブダビGPの決勝レースで、ランド・ノリスが8位、カルロス・サインツが8位でレースを終えた。

今季、マクラーレンはカルロス・サインツが96ポイントを獲得してランキング6位、ランド・ノリスは49ポイントを獲得して11位でシーズンを終了。コンストラクターズ選手権も4位と両方のチャンピオンシップで“ベスト・オブ・ザ・レスト”の座を獲得した。

マクラーレンは、2020年もカルロス・サインツとランド・ノリスのラインナップを継続する。

アンドレアス・ザイドル(チーム代表)
「コンストラクターズ選手権を4位、ドライバーズ選手権でカルロスとランドがそれぞれ6位と11位で終えたことはマクラーレンにとって大きな成果だ。今日は何よりも今シーズンに注がれた現場と拠点にいるメンバー、ルノーの同僚たちの全員の素晴らしいハードワークと偉大なスピリットに感謝したい。シーズンを通してマシン内外で素晴らしい仕事をしてくれたカルロスとランドにお祝いの言葉を送りたい。それは我々が獲得したすべてのポイイントと素晴らしいチームスピリットの基本だった。今日は我々にとって簡単なレースではなかった。ソフトタイヤでのスタートはスタートで自由にタイヤを選択できたドライバーに比べてレースタイムに妥協を強いられた。レース後半、我々は戦略を分けることを切断し、カルロスはミディアムタイヤで決定的なオーバーテイクを決めて印象的な追加のスティントを成功させた。それはドライバーズ選手権で6位を確保するために必要な1ポイントを獲得するために十分なものだった。ランドはハードタイヤを長いスティントでマネージするという素晴らしい仕事をしてくれた。ペレスを抑えるには十分ではなかったが、シーズン最終戦で再び8位を我々に与えてくれた。シーズンを通して素晴らしいサポートをしてくれた全てのパートナーに感謝している。それはパフォーマンスをリカバリーし、チームスピリットを後押しするための鍵だった。再び素晴らしいショーを開催し、この素晴らしいスポーツの将来にむけて築き上げるために支援し続けてくれたF1、FIA、そして、仲間のチームと競技者に感謝したい。何よりも我々の素晴らしいファンに感謝している。彼らはそれをすべて価値のあるものにしてくれるマクラーレンの素晴らしいサポーターであり、毎日我々にさらなるモチベーションを与えてくれてる。2020年も頑張ろう!」

ランド・ノリス(8位)
「まずまずのスタートが切れたし、かなり良いレースだった。ソフトタイヤのスティントは少し苦しみ、最後にはミスをして大きくロックしてしまった。それで予定よりも早めにピットインすることになった。でも、全体的にタイヤはうまく管理できたと思う。やるべき時には良いバトル、良いオーバーテイクができた。レース全体でもう1つだけミスがあるとすれば、最後にペレスにオーバーテイクされたことだ。公平に言っても、フェアなオーバーテイクだったとし、やられたね。長いシーズンだったけど、全体的には満足している。僕たちは本当に良い改善を果たしたし、とても楽しむことができた。チームとして素晴らしい仕事ができたし、すでに来シーズンを楽しみにしている。僕のF1ルーキーシーズンをとてもクールなものにしてくれたチーム全体に感謝している!」

カルロス・サインツ(10位)
「とてもうれしい! 今週末はドライバーズチャンピオンシップで6位で終えることだったし、僕隊はそれを実現した! 全てのスティントで多くのトラフィックがあったり、ソフトコンパウンドでスタートしなければならなかったので簡単なレースではなかった。2ストップ戦略を採ることで、トップ10に入るにはデリケートな場所にいることをわかっていたけど、それしかチャンスがないこともわかっていた。終盤ヒュルケンベルグに何とか追いつき、ファイナルラップでオーバーテイクを仕掛けた。あの瞬間は忘れない! 今シーズンにとても満足しているし、チームの一人一人にとても感謝している。ありがとう!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1アブダビGP