マーク・ウェバー 「表彰台はポルシェにとって“大きなステップ”」

2014年4月22日
マーク・ウェバー
マーク・ウェバーは、LMP1クラス復帰戦での表彰台はポルシェにとって“大きなステップ”だと語った。

週末にシルバーストンで開催されたWEC開幕戦で、ポルシェ 919ハイブリッド 20号車は2台のトヨタに続いて3位表彰台を獲得。今年からWECに転向したマーク・ウェバーは、表彰台をポルシェによる“天文学的”な努力の成果だと述べた。

マーク・ウェバー 「2014年F1規約はセバスチャン・ベッテルに有利」

2014年2月19日
セバスチャン・ベッテル
マーク・ウェバーは、レッドブル RB10の問題が解決されれば、実際には2014年のレギュレーションはセバスチャン・ベッテルに有利に働くと考えている。

レッドブルは、ルノーのパワーユニットのパッケージングに苦労しており、また2014年の規約はパワーユニットやその関連技術に比重が置かれているため、レッドブルの空力面の優位性を終わらせると考えている人もいる。

マーク・ウェバー、ダニエル・リカルドの活躍に期待

2014年2月11日
マーク・ウェバー ダニエル・リカルド
マーク・ウェバーは、自身の後任としてレッドブルに昇格したダニエル・リカルドが2014年シーズンの予選でセバスチャン・ベッテルを手こずらせるだろうと予想している。

今年からWEC世界耐久選手権に転向するマーク・ウェバーのF1引退に伴い、ダニエル・リカルドがトロ・ロッソからレッドブルに移籍した。

マーク・ウェバーがF1ラストイヤーに予選でセバスチャン・ベッテルを上回ったのは二度だけだったが、マーク・ウェバーはダニエル・リカルドには一年を通して4連覇王者に匹敵する能力があると考えている。

マーク・ウェバー 「ル・マン復帰は“個人的な挑戦”」

2013年12月14日
マーク・ウェバー
マーク・ウェバーは、ル・マンへの復帰は“個人的な挑戦”だと認める。1999年にメルセデスからル・マンに参戦したマーク・ウェバーは、宙を舞う事故を起こしている。

マーク・ウェバーは、今シーズン限りでF1を引退し、2014年からポルシェとWEC世界耐久選手権に参戦。今週、アルガルベ・サーキットでポルシェのLMP1カーをテストした。

マーク・ウェバー、ポルシェのLMP1カーをテスト

2013年12月11日
マーク・ウェバー
マーク・ウェバーは、今週アルガルベ・サーキットでポルシェのLMP1カーをテストした。

今年F1を引退したマーク・ウェバーは、来年の1月のバーレーンで予定されているテストまでポルシェのLMP1カーを走らせる予定がなかった。レッドブルとの契約は12月末までだが、レッドブルはマーク・ウェバーのテストを許可している。

マーク・ウェバー、ベッテル優先がF1引退の要因だったと認める

2013年12月9日
マーク・ウェバー
マーク・ウェバーは、チームメイトのセバスチャン・ベッテルを優先させたいうレッドブルのマネジメントの願望が、F1引退を決断することに貢献したと認めた。

過去、セバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーとの関係は良好とは言えなかった。マーク・ウェバーは、F1チームから関心があったにも関わらず、今年でF1を引退し、2014年にWECに復活するポルシェに加入することを決めた。

マーク・ウェバー、レッドブル批判のコメントを公式サイトから削除

2013年11月29日
マーク・ウェバー
マーク・ウェバーの公式サイトからレッドブルの元同僚たちを批判したコメントがら削除されていたことがわかった。

今シーズン限りでF1を引退して、来年からポルシェでWEC世界耐久選手権に転向することを選んだマーク・ウェバーだが、レッドブル在籍時にチーム代表のクリスチャン・ホーナー、ヘルムート・マルコ、チームメイトのセバスチャン・ベッテルと関係がうまくいっていなかったことは知られるところ。

クリスチャン・ホーナー、マーク・ウェバーの“去り際”に感銘

2013年11月26日
マーク・ウェバー
レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、F1ラストレースで2位表彰台を獲得をマーク・ウェバーを“絶対的なスタイル”でF1キャリアを締めくくったと称賛した。

マーク・ウェバーは、フェルナンド・アロンソを抑えて2位でフィニッシュし、セバスチャン・ベッテルととにレッドブルの1-2フィニッシュを築いてF1キャリアを終えた。

マーク・ウェバー:F1引退後について語る

2013年11月25日
マーク・ウェバー
マーク・ウェバーが、F1引退について語った。

215戦に出場したレッドブルのマーク・ウェバーは今シーズン最終戦、ブラジルGPを最後にF1から引退した。しかし、来年はポルシェからル・マンへの参戦が決まっている他、今週からは自身が主催するアドベンチャーレース“Mark Webber Tasmania Challenge”もスタートするなど、多忙ぶりは現役時代と変わらない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム