「フェルナンド・アロンソはF1キャリア初期ほど速くて勇敢ではない」と元F1ドライバーのマーク・ウェバー
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、F1キャリア初期の頃ほど“速く”“勇敢”ではなくなったかもしれないと語る。

2回のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソは、2年のブランクを経て、今年アルピーヌからF1復帰。だが、友人であるマーク・ウェバーは、39歳でのF1復帰を心配していると語っていた。

「僕はフェルナンドの大ファンでだし、彼はそれを知っている」とマーク・ウェバーは Marca に語った。

「でも、彼はそれが容易ではないことを知っていたので心配していた。あなたの名前が、アロンソ、シューマッハ、ラウダの場合、戻ってくるのは難しいかもしれない」

マーク・ウェバーは、フェルナンド・アロンソがモチベーションを維持していると考えているが、アルピーヌ、F1、そして、ファンが彼がスピードを取り戻すのを待つのは適切ではないと考えている。

「F1は忍耐力を理解していない」とマーク・ウェバーは語る。

「最高峰だ。だから、謝罪して『もっと時間が必要だ』と言うことはできない」

「今日のフェルナンドは25歳のフェルナンドを打ち負かすことができるだろう? それが僕の質問だ。彼は同じように優秀で、経験も豊富だが、本当に速くて勇敢だろうか? それは彼だけが答えることができる質問だ」

「バレンティーノ・ロッシを見てほしい。彼があのように苦しんでいるのを見るのは嫌いだが、ストップウォッチは決して嘘をつかない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フェルナンド・アロンソ / マーク・ウェバー / アルピーヌ