「フェルスタッペンはまだハミルトンのレベルには及ぼない」と元F1ドライバーのマーク・ウェバー
元レッドブルのドライバーであるマーク・ウェバーは、マックス・フェルスタッペンの才能を認めつつも、まだ7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンには及ぼないと考えている。

2020年のF1世界選手権は、マックス・フェルスタッペンにとってF1での6シーズン目となったが、2019年と同様にメルセデスF1のルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスに次ぐランキング3位でシーズンを終えることになった。

マックス・フェルスタッペンは2020年にさらに2勝を追加し、アブダビでの最終戦ではポールポジションから1周もリードを譲ることなく完全勝利を成し遂げた。

マーク・ウェバーは、予選ではマックス・フェルスタッペンはルイス・ハミルトンのレベルにあるが、決勝ではまだハミルトンのレベルには及ばないと考えている。

「マックスは非常に良い仕事をした」とマーク・ウェバーは Formule 1 に語った。

「私が言っていいのであれば、彼の技術を微調整する最終段階にある」

「彼はすでに土曜日にルイスのレベルにいるか? イエスだ」

「彼はすでに日曜日にルイスのレベルにいる? ノー。そこにはいない。だが、それはノーマルなことだ」

「F1での最初の5年間で5つの世界タイトルを獲得することはない」と2013年に引退するまで9レースで優勝したマーク・ウェバーは付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マーク・ウェバー / レッドブル / ルイス・ハミルトン / マックス・フェルスタッペン