マーク・ウェバー 「フェルスタッペンの王座はホンダのF1エンジン次第」

2020年6月21日
マーク・ウェバー 「フェルスタッペンの王座はホンダのF1エンジン次第」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、今年マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンとタイトルを争えるかどうかはホンダのF1エンジン次第だと考えている。

2020年のF1開幕まで2週間を切った。マーク・ウェバーは、王者ルイス・ハミルトンに挑めるのはレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンだけだと考えているが、それはホンダのF1エンジンのパフォーマンスに大きく依存すると語る。

マーク・ウェバー、フェラーリF1とリカルドの2度の交渉破綻に困惑

2020年6月19日
マーク・ウェバー、フェラーリF1とリカルドの2度の交渉破綻に困惑
元F1ドライバーのマーク・ウェバーが、ダニエル・リカルドがフェラーリF1移籍の条件に2度も同意できなかったことに困惑していると語る。

昨年、ルノーF1に移籍したばかりのダニエル・リカルドは、2020年シーズンがまだ開幕していない先月、2021年にマクラーレンF1と複数年契約を結んだことを発表した。

マーク・ウェバー 「アロンソにとってルノーF1での復帰は無意味」

2020年6月15日
マーク・ウェバー 「アロンソにとってルノーF1での復帰は無意味」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、フェルナンド・アロンソはミッドフィールドチームでF1に復帰してもモチベーションを保つのは難しいと考えており、ルノーF1からのF1復帰は“ほぼ無意味”だと考えている。

セバスチャン・ベッテルが2020年限りでフェラーリF1を離脱することを発表したことをきっかけに2021年のドライバー市場は大きな動きをみせ、マクラーレンのカルロス・サインツがフェラーリ、ルノーのダニエル・ルカルドがマクラーレンへ移籍することが決定。

マーク・ウェバー 「2010年にはレッドブルF1への愛を失い始めていた」

2020年6月1日
マーク・ウェバー 「2010年にはレッドブルF1への愛を失い始めていた
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、2010年にはレッドブルF1に対する愛情を失い始めていたと語る。

2007年からレッドブルに所属していたマーク・ウェバーは、2009年にトロロッソから昇格したセバスチャン・ベッテルをチームメイトに迎える。F1で8シーズン目で経験を積んでいたウェバーは、少なくともチームから同等の待遇を受けることを期待したが、すぐにそれは幻滅へと変わった。

マーク・ウェバー、ルノーのF1継続を願う 「ルノーはF1に必要な存在」

2020年5月27日
マーク・ウェバー、ルノーのF1継続を願う 「ルノーはF1に必要な存在」
元レッドブルのF1ドライバーであるマーク・ウェバーが、ルノーがF1を継続することを熱望していると語る。

ルノーが今後もF1を継続するかどうかは不明確な状況となっている。新型コロナウイルスによる景気後退により、屋台骨である自動車産業がぐらついており、経営陣は大幅な削減を検討している。当然ながらF1チームについても調査している。

「カルロス・サインツはフェラーリF1にフィットする」とマーク・ウェバー

2020年5月19日
「カルロス・サインツはフェラーリF1にフィットする」とマーク・ウェバー
元レッドブルのF1ドライバーであるマーク・ウェバーは、カルロス・サインツはフェラーリF1に完璧にフィットすると信じている。

フェラーリF1は、セバスチャン・ベッテルと2020年限りでパートナーシップを終了することを決断。2021年からはカルロス・サインツをシャルル・ルクレールのチームメイトとして迎える。

「ハミルトンはシューマッハより完成されたF1ドライバー」

2020年3月10日
「ハミルトンはシューマッハより完成されたF1ドライバー」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ルイス・ハミルトンはミハエル・シューマッハよりも完成されたドライバーだと語る。

6回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、今年、ミハエル・シューマッハの7回の最多記録に並ぶ可能性がある。メルセデスはF1プレシーズンテストでも再びポテンシャルを示しており、ライバルのフェラーリはやや後退しているようだ。

F1 | マーク・ウェバー 「今年もルイス・ハミルトンを倒すのは難しい」

2020年3月5日
F1 マーク・ウェバー 「今年もルイス・ハミルトンを倒すのは難しい」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、2020年のF1世界選手権でタイトルの最有力候補はルイス・ハミルトンだと予想する。

すでにメルセデスはすでにバルセロナで行われたF1プレシーズンテストで最速タイム、最多周回数を達成し、ダブルタイトル7連覇にむけて好調さを示した。。

「ニコ・ヒュルケンベルグはF1を離れる適切なタイミングだった」

2019年12月11日
「ニコ・ヒュルケンベルグはF1を離れる適切なタイミングだった」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、ニコ・ヒュルケンベルグはF1で自然な経過をたどってきたと考えており、彼がF1シートを獲得できなかったことに頭を悩ませることはないと語る。

ルノーF1チームは2020年のドライバーとしてエステバン・オコンと契約。ハースやアルファロメオとの交渉したニコ・ヒュルケンベルグだったが、来季のシートを獲得することはできず、9シーズン、177戦のキャリアでF1を離れることになった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム