マーク・ウェバー 「フェルスタッペンの王座はホンダのF1エンジン次第」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、今年マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンとタイトルを争えるかどうかはホンダのF1エンジン次第だと考えている。

2020年のF1開幕まで2週間を切った。マーク・ウェバーは、王者ルイス・ハミルトンに挑めるのはレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンだけだと考えているが、それはホンダのF1エンジンのパフォーマンスに大きく依存すると語る。

「タイトル争い、マックスとルイスの間で行われる可能性が高い。今年はフェラーリを含め、他の誰かがその戦いに干渉することはできないと思う」とマーク・ウェバーは語る。

「今年、マックス以外はルイスと戦うことができないだろうし、彼はそれをしなければならない」

だが、マーク・ウェバーは、ホンダF1が望ましいレベルでパフォーマンスを発揮できるかどうかまだ十分に確信していないと語る。

「レッドブル・チームとミルトンキーンのファクトリーで彼らがった仕事はかなり信頼している。空力、戦略、チームとしての運営方法を信頼している。だが、それは主にホンダF1に依存している、彼らがシーズン全体でメルセデスと競争できるかどうかにね」

「今でもメルセデスはすべてのサーキットでうまく機能しているし、ホンダのF1エンジンよりも多くのパワーを提供する非常に優れたエンジンを持っている。これにより、メルセデスはより多くのパワーとより多くのダウンフォースで運転できるようになり、彼らの戦いをずっと楽にしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マーク・ウェバー / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン