マーク・ウェバー 「ベッテルはすぐにでもフェラーリF1を去った方がいい」
元F1ドライバーのマーク・ウェバーは、かつてのチームメイトであるセバスチャン・ベッテルが今シーズン終了前にフェラーリF1を去った方がいいと考えている。

先週末のF1オーストリアGPの週末にはフェラーリF1とセバスチャン・ベッテルの関係はさらに悪化。ベッテルはフェラーリF1からオファーはなかったとし、一方的な放出であることを告白している。

その後、月曜日にレッドブルが所有するServus TVの番組に出演したセバスチャン・ベッテルは、新型コロナウイルス危機による財政状況がベッテル放出のきっかけになったと語ったチーム代表のマッティア・ビノットの主張を嘲笑した。

「コロナの状況はそれほど重要ではなかったと思う」とセバスチャン・ベッテルは微笑んだ。

また、一部で2021年の給与カットを受け入れなかったとの報道についても「僕くらいF1に長く携わり、幸運にも成功し、その一方である程度の自立できていれば、財政面は障害にはならないと思う。だから、そういう風に報じられたのは驚いた」と語った。

予選でQ2敗退を喫し、レースではフェラーリF1の後任となるカルロス・サインツと接触したセバスチャン・ベッテルは、フェラーリF1の2020年マシンにも批判的だ。

セバスチャン・ベッテルの元ボスであり、元フェラーリのF1ドライバーでもあるゲルハルト・ベルガーは、セバスチャン・ベッテルを擁護する。

「セブは4回のF1ワールドチャンピオンだ。彼らはマシンに対する彼の批判を真摯に受け止めるべきだ」とゲルハルト・ベルガーは語った。

セバスチャン・ベッテルのレッドブル時代のチームメイトであるマーク・ウェバーは、できるだけ早くフェラーリF1との関係を終わらせた方がいいと語る。

「ケミストリーはなくなった。結婚は終わった」とマーク・ウェバーは In The Fast Lane のポッドキャストに語った。

「セバスチャンはまだ赤い服を着ており、赤いマシンを運転しているが、彼は今自分のためにそこにいる。それが終わった方が、関係者全員にとっていいと思う」

マーク・ウェバーは、契約交渉が行われず、電話で放出を告げられたことを告白したことに「驚いた」と語る。

「彼と向き合うための努力は一切されなかった。明らかに関係は健全ではなかった」とマーク・ウェバーは語った。

「最近のセブは疲れていて年を取って見える。ドライバーは常に集中しているが、マラネロでは彼ら自身も見なければならない。それは必ずしもドライバーの責任ではない」

マーク・ウェバーは、セバスチャン・ベッテルに「心を解放する」ことができることを望んでいると述べた。

「必ずしも終わったとは思わない。彼はまだ2022年に何かをする機会がある。あるいは、2021年にレッドブルと一緒にいるかもしれない。誰にわからないことだ」

レッドブルのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは「もちろん、フェルスタッペンとベッテルは素晴らしい組み合わせだ。だが、我々はアレクサンダー・アルボンは満足している」と Servus TV に語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マーク・ウェバー / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル