角田裕毅 F1マイアミGPのポイント獲得数は「RBのクレイジーな進歩」

2024年5月10日
角田裕毅 F1マイアミGPのポイント獲得数は「RBのクレイジーな進歩」
角田裕毅は、レッドブルの姉妹チームであるRBがF1マイアミGPでの週末ポイント獲得数を2024年の2倍に伸ばし、今シーズンのチームの 「クレイジー 」な進歩を反映する生産的な取り組みを行ったと主張した。

土曜日にはダニエル・リカルドが4位でF1スプリントを終えてRBは開始早々に5ポイントを獲得。一方、角田裕毅は10位で1ポイントの獲得にとどまった。

角田裕毅 F1マイアミGPの成績で自信「RBはトップ5に追いつける」

2024年5月9日
角田裕毅 F1マイアミGPの成績で自信「RBはトップ5に追いつける」
角田裕毅は、RBがトップ5との差を縮め、定期的にポイント獲得を目指して戦い続けることを期待している。

F1マイアミGPも角田裕毅にとって力強いイベントとなった。中国でのトリッキーな週末の後、チームメイトのダニエル・リカルドと比較して彼のパフォーマンスに疑問が忍び寄ってきた。これらの反応は完全に時期尚早ではあったが、シャシー変更が角田裕毅対リカルドの一騎打ちに違いを生むのではないかという示唆は依然としてあった。

角田裕毅 4月のF1月間最優秀オーバーテイク賞を受賞

2024年5月8日
角田裕毅 4月のF1月間最優秀オーバーテイク賞を受賞
角田裕毅が、F1の4月の『Crypto.com Overtake of the Month』賞を受賞した。

角田裕毅は、4月7日に開催されたF1日本GPで鈴鹿サーキットのターン6のアウト側からニコ・ヒュルケンベルグ(ハース)を豪快に抜き去る見せ場を作り、母国レースで10に入賞を果たした。

角田裕毅 F1マイアミGP決勝「全体的には自分の走りに満足しています」

2024年5月6日
角田裕毅 F1マイアミGP決勝「全体的には自分の走りに満足しています」
角田裕毅は、2024年F1第6戦マイアミGPの決勝で7位入賞を果たした。

前日のスプリントで8位入賞を果たしていた角田裕毅は、決勝を10番グリッドからスタート。セーフティカー導入時にタイミングよくピットインした角田裕毅は、メルセデス勢の前の7番手でコースに復帰。ルイス・ハミルトンには抜かれたものの、ジョージ・ラッセルを抑える走りを見せて7位でチェッカー。

角田裕毅 F1マイアミGP予選10番手「もっとうまくやれたはず」

2024年5月5日
角田裕毅 F1マイアミGP予選10番手「もっとうまくやれたはず」
角田裕毅が、2024年F1第6戦マイアミGPのスプリントと予選を振り返った。

現地時間12時から行われたスプリントでは、角田裕毅は15番グリッドからソフトタイヤでスタート。オープニングラップで10番手までポジションを上げると、バトルをしていたケビン・マグヌッセンとルイス・ハミルトンの隙をついて2台をオーバーテイクして8番手にポジションアップ。

角田裕毅 F1マイアミGP初日「今にして思えば2アタックの方がよかった」

2024年5月4日
角田裕毅 F1マイアミGP初日「今にして思えば2アタックの方がよかった」
角田裕毅は、2024年F1第6戦マイアミGPのスプリント予選を15番手で終えた。

フリー走行を8番手で終えていた角田裕毅は、SQ1を1アタックのみで通過してミディアムタイヤを温存することに成功。SQ2でも同じ戦略で臨んだが、ターン5でミスをしてトラックリミットを超過し、タイムを記録することができなかった。

角田裕毅 F1マイアミGP展望「マシンにポテンシャルはある」

2024年5月3日
角田裕毅 F1マイアミGP展望「マシンにポテンシャルはある」
角田裕毅が、2024年F1第6戦マイアミGPへの展望を語った。

前戦中国では、初日からバランスとグリップに苦しんだ角田裕毅。1回だけのフリープラクティスでハードタイヤのみで走行したことが影響した可能性があり、スプリント予選と本予選でチームメイトのダニエル・リカルドに敗れた。

ホンダF1 「角田裕毅が2026年にレッドブル所属でもサポートを続けたい」

2024年5月3日
ホンダF1 「角田裕毅が2026年にレッドブル所属でもサポートを続けたい」
ホンダは、アストンマーティンF1との提携を開始する2026年にレッドブル所属のままでもサポートを続ける用意があると主張した。

ホンダは、正式にはF1から撤退したが、その決定を覆し、2026年のレギュレーション変更と同時にアストンマーティンのサプライヤーとなる。

レッドブルF首脳 「角田裕毅は経験が物を言う上海でリカルドと同等の速さ」

2024年5月1日
レッドブルF首脳 「角田裕毅は経験が物を言う上海でリカルドと同等の速さ」
レッドブルF1のアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、経験が物を言う上海インターナショナル・サーキットで初走行の角田裕毅が、レースペースではダニエル・リカルドと同等だったと評価した。

F1中国GPでは、角田裕毅は、スプリント予選と本予選の両方でダニエル・リカルドの後塵を拝した。一発のペースで角田がリカルドに敗れたのはこれが初めてだった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム