角田裕毅、PU交換でグリッド降格「レースにフォーカスして取り組んでいく」

2021年11月6日
角田裕毅、PU交換でグリッド降格 「レースにフォーカスして取り組んでいく」 / アルファタウリ・ホンダ F1メキシコGP 金曜フリー走行
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、2021年F1メキシコGPの金曜フリー走行を8番手で終えた。

この日のFP1から、角田裕毅のマシンに新たなパワーユニット(PU)を投入。これによるグリッド降格ペナルティーで、決勝では最後尾スタートとなることから、フリー走行ではレースペースの向上に注力した。

アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅、PU交換で最後尾スタート

2021年11月6日
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅、PU交換で最後尾スタート / F1メキシコGP
角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)とランス・ストロール(アストンマーティン)の2名がF1メキシコGPのフリー走行1回目に先立ってPUを交換。決勝での最後尾スタートが決定した。

角田裕毅とランス・ストロールは、4番目のICE(内燃エンジン)、ターボチャージャー、MGU-Hを投入、ドライバーあたりの年間使用基数制限を3基を超過した。

角田裕毅 「メキシコの標高がどのように影響するか興味深い」

2021年11月4日
角田裕毅 「メキシコの標高がどのように影響するか興味深い」 アルファタウリ・ホンダ F1メキシコGP プレビュー
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が、2021年 第18戦 F1メキシコGPへの意気込みを語った。

前戦F1アメリカGPで6戦ぶりの入賞となる9位フィニッシュを果たした角田裕毅。最近のレースでは、プラクティスでじっくりとビルドアップしていくアプリーチが奏功しており、今後登場するレースをしたことのないサーキットでも堅実な週末を目指していく。

F1特集:角田裕毅のキャリアを支えた重要人物が語る(1)F1への道筋

2021年11月3日
F1特集:角田裕毅のキャリアを支えた重要人物が語る(1)F1への道筋
F1公式サイトが角田裕毅を特集。『The rise of Japanese racing sensation Yuki Tsunoda』と題して、キャリアを支えたキーパーソンが語った。

今年、7年ぶりのF1ドライバーとしてアルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たした角田裕毅。デビュー戦でポイントを獲得して以来、スランプに陥ったが、最近のレースではそれを脱したようであり、F1のデビューシーズンを終えようとしている。

レッドブルF1、角田裕毅のメンター役にアレクサンダー・アルボンを配置

2021年10月31日
レッドブルF1、角田裕毅のメンター役にアレクサンダー・アルボンを配置
レッドブルF1は、リザーブドライバーのアレクサンダー・アルボンに、アルファタウリ・ホンダF1のルーキーである角田裕毅がF1ドライバーとしての生活に落ち着くことを支援する役割を与えている。

角田裕毅はF1バーレーンGPでポイントを獲得してデビュー戦で強い印象を与えたが、それ以来、合計6回の入賞を果たしているが、特にシーズン中盤まではミスが散在し、アップダウンの激しいシーズンとなった。

角田裕毅 「F1アメリカGPは今シーズンのベストレースだったと思う」

2021年10月30日
角田裕毅 「F1アメリカGPは今シーズンのベストレースだったと思う」 アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、F1アメリカGPはこれまでのルーキーシーズンのベストレースだったと考えている。

F1アメリカGPで、角田裕毅は、レッドブル、メルセデス、フェラーリ、マクラーレンの各チームの8台に次ぐ9位でフィニッシュ。予選を10番手で終えた角田裕毅は、カルロス・サインツとともに不利なソフトタイヤでスタートした2人のドライバーのうちの1人だった。

角田裕毅、チームホンダの役割 「メルセデスは僕にうんざりしているはず」

2021年10月28日
角田裕毅、チームホンダの役割 「メルセデスは僕にうんざりしているはず」
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅、過去2戦のグランプリでメルセデスの両方のマシンとレースをした後、彼らは自分に「うんざりしている」に違いないと考えている。

角田裕毅は、F1トルコGPではエンジン交換ペナルティによって11番グリッドからのスタートを余儀なくされたルイス・ハミルトンを見事なディフェンシブドライブで8周目まで抑えた。

角田裕毅のエンジニア 『P9 今年のベストレースだ グッドジョブ』

2021年10月27日
角田裕毅のエンジニア 『P9 今年のベストレースだ グッドジョブ』 アルファタウリ・ホンダ F1アメリカGP 決勝
F1アメリカGPでソフトタイヤはスタートに適したコンパウンドとは見なされなかったが、アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、熱に耐え、9位でフィニッシュしてチームに2ポイントをもたらした。

角田裕毅は、土曜日の予選で今季5度目となるQ3進出を果たす堅実な予選パフォーマンスで10番グリッドを獲得した。しかし、フェラーリのカルロス・サインツとともにソフトタイヤでレースをスタートする2人のドライバーのうちの2人となった。

角田裕毅、6戦ぶりの入賞「チームに貢献できて本当にうれしい」

2021年10月25日
角田裕毅、6戦ぶりの入賞「チームに貢献できて本当にうれしい」 アルファタウリ・ホンダ F1アメリカGP 決勝
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、2021年F1アメリカGPで9位入賞を果たした。

10番グリッドとなった角田裕毅は、好スタートを決めて8番手にポジションアップ。9周目、34周目にピットイン。ポジションを譲らずに9位でレースを終え、2ポイントを獲得した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム