角田裕毅 「ブレーキが遅すぎて壁にクラッシュしてしまった」

2021年6月6日
角田裕毅 「ブレーキが遅すぎて壁にクラッシュしてしまった」 / アルファタウリ・ホンダ F1アゼルバイジャンGP 予選
角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)とカルロス・サインツ(フェラーリ)が、F1アゼルバイジャンGPの予選が早期に終了する原因となった別々のクラッシュにどのように関与いたかを説明した。

Q3初進出を果たした角田裕毅だったが、最後のラックでターン3にバリアにぶつかった。

「ブレーキングが遅すぎて、壁にクラッシュしてしまいました」と角田裕毅は Sky Sports に語った。

アルファタウリ・ホンダF1代表、角田裕毅のイタリア転居を説明

2021年6月5日
アルファタウリ・ホンダF1代表、角田裕毅のイタリア転居を説明 「彼はまだ多くのことを学ぶ必要がある」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストが、角田裕毅のイタリア転居について説明した。

開幕戦9位入賞と上々のデビューを飾った角田裕毅だが、その後は低迷。クラッシュやミスが多発し、チーム無線やF1スペインGPでのメディアでの言動も問題視された。

角田裕毅、10番手に手応え「ペース自体は間違いなくいい」

2021年6月5日
角田裕毅、10番手に手応え「ペース自体は間違いなくいい」 / アルファタウリ・ホンダ F1アゼルバイジャンGP 金曜フリー走行
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、2021年のF1世界選手権 F1アゼルバイジャンGPの金曜フリー走行を10番手タイムで終えた。

バクーでのキャリア初走行となった角田裕毅は、コースの習熟に努め、FP1ではコースオフする場面はあったものの、14番手でセッションを終了。FP2でもタイム向上を果たし、ルイス・ハミルトン(メルセデス)を上回る10番手でセッションを終えた。

角田裕毅 「特にフリー走行ではもっと慎重になる必要がある」

2021年6月4日
角田裕毅 「特にフリー走行ではもっと慎重になる必要がある」/ アルファタウリ・ホンダF1
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、今後のグランプリ週末のアプローチとして、特にフリー走行をもっと慎重に進めていく必要があると考えている。

F1モナコGPではフリー走行2回目にガードレールに接触してマシンを破損。1時間×3回しかない貴重なプラクティスセッションを30分近く失うことになった。

「モナコで得た経験は本当に役に立ちます」と角田裕毅はF1アゼルバイジャンGPを前にバクーで記者団に語った。

角田裕毅 「イタリアへの転居命令はポジティブに捉えている」

2021年6月4日
角田裕毅 「イタリアへの転居命令はポジティブに捉えている」 / アルファタウリ・ホンダ F1アゼルバイジャンGP 木曜記者会見
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅が、レッドブルによって計画された英国からイタリアへの転居について語った。

開幕戦で9位入賞という上々のF1デビューを飾った角田裕毅だが、その後の4戦では勢いを維持することができていない。プラクティス、予選でのクラッシュや決勝でのミスなどドライビングに関することだけでなく、チーム無線やメディアでの言動がネガティブな印象を与えることになった。

角田裕毅 「モナコで学んだ経験をアゼルバイジャンで生かしたい」

2021年6月2日
角田裕毅 「モナコで学んだ経験をアゼルバイジャンで生かしたい」 / アルファタウリ・ホンダ F1アゼルバイジャンGP プレビュー
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅が、2021年のF1世界選手権 第6戦 F1アゼルバイジャンGPへの意気込みを語った。

開幕戦F1バーレーンでの9位入賞以来、ノーポイントが続いている角田裕毅。プラクティスや予選が課題となっており、特にモナコではFP2でクラッシュして多くの走行時間を失った。それらの教訓を今週末のアゼルバイジャンでは生かしていきたいと語る。

角田裕毅のアルファタウリのF1シートを狙う3人のレッドブルジュニア

2021年6月2日
角田裕毅のアルファタウリのF1シートを狙う3人のレッドブルジュニア
角田裕毅は、2022年に向けて早くもレッドブルのジュニアドライバー特有のプレッシャーに晒されている。

アルファタウリは、常にドライバーの出入りがあり、2022年に誰がマシンに乗るかを予測することは困難だ。角田裕毅は素晴らしい才能と見なされ、開幕戦バーレーンでそれを示したが、その後は平凡な週末が続いており、再びプレッシャーに晒されている。

角田裕毅、イタリア移住で仕切り直し 「プロとしてのアプローチが必要」

2021年6月1日
角田裕毅、イタリア移住で仕切り直し 「プロとしてのアプローチが必要」とレッドブルF1幹部
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、角田裕毅はF1にプロフェッショナルな方法でアプローチする必要があると語る。

7年ぶりの日本人F1ドライバーとなった角田裕毅は、開幕戦で9位入賞を果たし、ヘルムート・マルコが“将来の新しいF1ワールドチャンピオン”、ロス・ブラウンが“過去数年で最高のルーキー”と称し、新しいワンダーボーイとして歓迎された。

アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅 「怒りを抑えることが優先事項」

2021年5月31日
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅 「怒りを抑えることが優先事項」
アルファタウリ・ホンダF1の角田裕毅は、F1でのルーキーシーズンで自分の怒りを抑えることが主な優先事項のひとつだと認める。

今シーズン、ルーキーの角田裕毅の熱くしばしば汚い言葉が混じる無線でのメッセージは、良くも悪くもファンとオブザーバーから多くの注目を集めており、反応も様々だ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム