フェラーリ、セバスチャン・ベッテルへのペナルティを正式に控訴の意向

2019年6月13日
F1 フェラーリ
フェラーリは、F1カナダGPでセバスチャン・ベッテルの勝利を犠牲にして物議を醸しているスチュワードの裁定に対する控訴を進めている。

新たな証拠が現れない限り、FIAに対する控訴が審理されるかどうかは不確実となっている。控訴の締め切りは木曜日となっているが、フェラーリの広報担当は「我々は控訴を進めています」と DPA に語った。

ニコ・ロズベルグ 「セバスチャン・ベッテルへのペナルティは妥当」

2019年6月11日
F1 ニコ・ロズベルグ セバスチャン・ベッテル
元F1ドライバーのニコ・ロズベルグは、F1カナダGPで物議を醸しているセバスチャン・ベッテルへの5秒加算ペナルティは“妥当”だとの考えを示した。

セバスチャン・ベッテルは、ターン4でコースアウトを喫した後、ルイス・ハミルトンの前でコースに復帰。スチュワードはその行為が安全ではなかったとして5秒加算ペナルティを下し、ベッテルは勝利を失った。

セバスチャン・ベッテル 「表彰式に戻ったのは他の2人へのリスペクト」

2019年6月11日
F1 セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、本音ではF1カナダGPの表彰式に参加したくはなかったが、ルイス・ハミルトンとシャルル・ルクレールへの“リスペクト”として表彰式に戻ったと明かす。

5秒加算ペナルティによって勝利を奪われたセバスチャン・ベッテルは、トップ3フィニッシャーのための位置にマシンを停めずにレースコントロールの近くに駐車し、トップ3インタビューを受けずにホスピタリティエリアへと直行した。

ルイス・ハミルトン 「立場が逆だったらベッテルと同じことをした」

2019年6月10日
F1 ルイス・ハミルトン
ルイス・ハミルトンは、F1カナダGPで逆の立場だったら自分もセバスチャン・ベッテルと同じことをしただろうと語る。

セバスチャン・ベッテルは、ターン4でコースオフして復帰した際にルイス・ハミルトンをウォールに追いやったとして5秒加算ペナルティを科せられた。それによってトップでチェッカーを受けたものの待望の今季初勝利を逃すことになった。

元F1ドライバー、セバスチャン・ベッテルへのペナルティに否定的な意見

2019年6月10日
F1 セバスチャン・ベッテル
多くの元F1ドライバーが、F1カナダGPでセバスチャン・ベッテルに科せられた5秒加算ペナルティに否定的な意見を述べている。

ポールポジションからレースをリードしていたセバスチャン・ベッテルだったが、48周目にターン4でコースオフ。芝生を横切ってルイス・ハミルトンの前をキープした。

【動画】 ルイス・ハミルトン、ベッテルを表彰台の頂点に立たせる

2019年6月10日
F1 ルイス・ハミルトン セバスチャン・ベッテル
F1カナダGPで勝利したルイス・ハミルトンは、表彰台セレモニーで2位に降格したセバスチャン・ベッテルを表彰台の頂点に立たせた。

レースはポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテルが終始リードを守ってトップでチェッカーを受けたが、5秒加算ペナルティによって2位に降格。ルイス・ハミルトンが今季5勝目を挙げて表彰台の頂点に立った。

メルセデス 「セバスチャン・ベッテルのペナルティは“6対4”の裁定」

2019年6月10日
F1 セバスチャン・ベッテル メルセデス
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1カナダGPでセバスチャン・ベッテルに科せられた5秒加算ペナルティは“6対4”の裁定だと考えている。

セバスチャン・ベッテルは48周目にコースオフから復帰した際にルイス・ハミルトンをウォールに追いやったとして5秒加算ペナルティを科せられ、トップでチェッカーを受けたものの最終リザルトは2位となった。

セバスチャン・ベッテル 「子供の頃に恋に落ちたF1ではなくなっている」

2019年6月10日
F1 セバスチャン・ベッテル
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1カナダGPでの勝利をスチュワードに奪われたと感じており、今日のF1は“僕が恋に落ちたスポーツではない”と語った。

ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテルは、待望の自身とフェラーリの今季初勝利に向けて順調にレースを進めていた。しかし、ターン3とターン4でミスを犯してコースオフ。ハミルトンの前で戻ったが、スチュワードはハミルトンをウォールに追いやったとみなし、5秒加算ペナルティを科した。

【動画】 ペナルティの対象となったベッテルのコースオフ / F1カナダGP

2019年6月10日
F1 ベッテル カナダGP 動画
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1カナダGPの決勝で5秒加算ペナルティを科せられたことで2位に降格した。

ポールポジションからレースをリードしていたセバスチャン・ベッテルだったが、48周目にターン4でコースオフ。芝生を横切ってルイス・ハミルトンの前をキープした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム