セバスチャン・ベッテル 「他と異なるソフトで活路を見い出したい」

2019年12月1日
セバスチャン・ベッテル 「他と異なるソフトで活路を見い出したい」 / フェラーリ F1アブダビGP 予選
セバスチャン・ベッテルは、F1アブダビGPの予選を5番手タイムを記録。3強ドライバーのなかでは唯一のソフトタイヤで4番グリッドからレースをスタートする。

「明日は4番手からスタートすることになるけど、今日のQ3は理想的ではなかった。僕たちは最終セクターでとても苦しんでいて、いくつかのコーナーでスピードが足りなかった。僕たちにとっておそらくここはベストなサーキットではないけど、明日は何ができるか見てみよう」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

セバスチャン・ベッテル 「今週は初めて家にいたいと思った」

2019年11月30日
セバスチャン・ベッテル 「今週は初めて家にいたいと思った」
フェラーリのF1ドライバーであるセバスチャン・ベッテルは、今週末は家にいたかったと認める。

セバスチャン・ベッテルは、F1アブダビGPの直前に第3子となる長男が誕生。木曜日に出席が予定されていたFIA記者会見を欠席している。

「たぶん、今回は僕も家にいたいという気持ちが最も強かった初めての週末だ」とセバスチャン・ベッテルは RTL にコメント。

セバスチャン・ベッテル 「中低速コーナーでライバルに劣っている」

2019年11月30日
セバスチャン・ベッテル 「中低速コーナーでライバルに劣っている」 / フェラーリ F1アブダビGP
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1アブダビGP初日のフリー走行を4番手タイムで終了。改善ポイントとして中低速コーナーを挙げた。

「このサーキットの中低速コーナーでは、ライバルに比べて僕たちはまだスピードが不足している。セクター3が本当に響いている。タイヤの熱入れに苦労しているし、クルマは運転しずらい」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

セバスチャン・ベッテル、第3子誕生で木曜記者会見をキャンセル

2019年11月29日
セバスチャン・ベッテル、第3子誕生で木曜記者会見をキャンセル
セバスチャン・ベッテルに第3子となる男の子が誕生。アブダビGPの木曜日に予定されていたスケジュールをキャンセルした。

セバスチャン・ベッテルは、高校時代からの交際しているハンナ・プラターとの間に、2014年に長女エミリーを、2015年には次女のマチルダと二人の子供がおり、この度、男の子が誕生した。

セバスチャン・ベッテル 「F1を引退する時期は自分で決める」

2019年11月28日
セバスチャン・ベッテル 「F1を引退する時期は自分で決める」
セバスチャン・ベッテルは、まだF1を引退するつもりはないと語る。

4回のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは、これまでフェラーリで明確なナンバー1の座を保ってきたが、今年はシャルル・ルクレールの加入によってチーム内で厳しいシーズンを過ごしている。

セバスチャン・ベッテル 「抜きにくいF1アブダビGPは予選が重要になる」

2019年11月27日
セバスチャン・ベッテル 「抜きにくいF1アブダビGPは予選が重要になる」
フェラーリのセバスチャン・ベッテルが、2019年のF1世界選手権の最終戦となるアブダビGPへの意気込みを語った。

「アブダビGPは、2019年の最終戦であるだけでなく、様々な点で2020年シーズンのスタートを示すものとなる。大部分のチームが金曜フリープラクティスで来年のためのアイデアを試す」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

セバスチャン・ベッテル 「F1の最初のヒーローはアイルトン・セナ」

2019年11月26日
セバスチャン・ベッテル 「F1の最初のヒーローはアイルトン・セナ」
セバスチャン・ベッテルは、F1でミハエル・シューマッハの足跡を辿っていることに注目されがちがが、モータースポーツにのめりこむ重要な役割を果たしたF1で最初のヒーローはアイルトン・セナだったと語る。

セバスチャン・ベッテルとミハエル・シューマッハは、ドイツ国籍のドライバーが獲得した12回のF1ワールドチャンピオンのうち11回を獲得している。そのうちのひとつは2016年のニコ・ロズベルグだ。

「フェラーリの将来はベッテルではなくルクレール」とラルフ・シューマッハ

2019年11月23日
「フェラーリの将来はベッテルではなくルクレール」とラルフ・シューマッハ
元F1ドライバーであるラルフ・シューマッハは、フェラーリは今後数ヶ月以来にチームのドライバー問題を優先させていくことになると考えている。

フェラーリの会長を務めるジョン・エルカンは、F1ブラジルGPのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの同士討ちについて“非常に怒っている”と認めている。

セバスチャン・ベッテル 「ヒュルケンベルグがF1に戻ってくること願う」

2019年11月22日
セバスチャン・ベッテル 「ヒュルケンベルグがF1に戻ってくること願う」
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、同じドイツ出身のニコ・ヒュルケンベルグが2021年にF1に復帰することを望んでおり、ヒュルケンベルグの運命がF1で“何かが正しく機能していない”ことを示していると語る。

ニコ・ヒュルケンベルグは、ルノーとの契約を延長することができず、ハースとアルファロメオのシート獲得を目指したが失敗。2020年にF1グリッドに可能性はほぼなくなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム