フェラーリ会長 「セバスチャン・ベッテルの2018年以降の残留は彼次第」

2017年5月27日
セバスチャン・ベッテル フェラーリ 残留
フェラーリのセルジオ・マルキオンネ会長は、セバスチャン・ベッテルが2018年以降もチームに残留するかどうかはベッテル次第だと語る。

現在、ドライバーズ選手権をリードしているセバスチャン・ベッテルだが、契約が切れる今シーズン以降もフェラーリで戦うかどうかはまだコミットしていない。

「彼がクルマに満足し、クルマを気に入っているのであれば、彼が望むかぎり長くとどまることができる」とセルジオ・マルキオンネはコメント。

セバスチャン・ベッテル 「5勝していてもおかくしくなかった」

2017年5月25日
セバスチャン・ベッテル F1 フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、フェラーリには今シーズンここまで5戦全勝するだけのペースがあったと考えている。

セバスチャン・ベッテルは開幕5戦で2勝を挙げ、ドライバーズ選手権でルイス・ハミルトンに6ポイントのリードを築いてモナコへ乗り込んだ。

勝てなかったレースを全て2位で終えているセバスチャン・ベッテルは、フェラーリのパッケージには毎回メルセデスを倒せるだけの力があったと考えている。

セバスチャン・ベッテル、メルセデスと移籍について“事前合意”との報道

2017年5月10日
セバスチャン・ベッテル メルセデス 移籍
セバスチャン・ベッテルは、2018年にメルセデスに移籍することに“事前合意”しているとフェラーリ専門ジャーナリストとして知られるレオ・トゥッリーニが主張している。

今年、ドライバーズ選手権をリードしているセバスチャン・ベッテルだが、フェラーリとの契約が今シーズン末で期限を迎えることもあり、メルセデスと交渉しているとの憶測が広まっている。

セバスチャン・ベッテルの弟、アウディスポーツTTカップでプロデビュー

2017年5月9日
ファビアン・ベッテル セバスチャン・ベッテル 弟
4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルの弟ファビアンが、プロモーターレースの世界で第一歩を踏み出した。

ファビアン・ベッテル(18歳)は5月6~7日にホッケンハイムで行われたアウディスポーツTTカップに参戦。レース1で13位、レース2では8位入賞を果たした。

「セバスチャン・ベッテルとメルセデスは交渉している」とジョーダン

2017年5月5日
セバスチャン・ベッテル メルセデス F1
元F1チーム代表のエディ・ジョーダンは、セバスチャン・ベッテルが2018年のメルセデス移籍にむけて交渉していると断言している。

メルセデスは、セバスチャン・ベッテルの獲得について否定。メルセデスのモータースポーツ責任者トト・ヴォルフは「スイスの隣人と話していただけだ。何もない」と述べていた。

メルセデス、2018年のセバスチャン・ベッテル加入を否定

2017年5月1日
メルセデス F1 セバスチャン・ベッテル
メルセデスは、セバスチャン・ベッテルが2018年にフェラーリからメルセデスに移籍する準備ができているとの報道を否定した。

セバスチャン・ベッテルとフェラーリとの契約は今シーズン末で期限を迎える。

しかし、メルセデスの非常勤取締役を務めるニキ・ラウダは、セバスチャン・ベッテルの移籍話を“ナンセンス”だと斬り捨てた。

フェリペ・マッサ 「セバスチャン・ベッテルをブロックなどしていない」

2017年5月1日
フェリペ・マッサ セバスチャン・ベッテル F1ロシアGP
フェリペ・マッサは、F1ロシアGPの最終ラップでセバスチャン・ベッテルのことをブロックなどしていないと主張する。ベッテルは“不満を言うのが好き”だと述べ、その件を軽視した。

最終ラップ、バルテリ・ボッタスはターン2で周回遅れのフェリペ・マッサを抜いたが、セバスチャン・ベッテルはターン3でマッサの後ろに引っかかった。

セバスチャン・ベッテル、プーマ製“レーシングソックス”を着用

2017年4月26日
セバスチャン・ベッテル レーシングソックス
セバスチャン・ベッテルは、F1ロシアGPからプーマ製“レーシングソックス”を着用する。

実は、セバスチャン・ベッテルは、開幕戦からシューレースのないプーマの新製品を着用するつもりだったが、FIAから承認が下りなかった。

Auto Bild は「ベッテルはロシアからようやくレーシングソックスを使えるようになった」と報道。

セバスチャン・ベッテルのDTM参戦を望むゲルハルト・ベルガー

2017年4月21日
セバスチャン・ベッテル DTM
元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、インディ500に参戦するというフェルナンド・アロンソの決断が、新しい傾向の始まりになることを期待している。

「昔の日々のようだ」とゲルハルト・ベルガーは、F1ドライバーが他のカテゴリーにも参戦していた時代に言及。

「我々はこのような堅苦しさをそろそろ打ち破らなければならない」
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム