【動画】 セバスチャン・ベッテル、単独スピンと危険なコース復帰

2019年9月9日
【動画】 セバスチャン・ベッテル、単独スピンと危険なコース復帰
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1イタリアGPで単独スピン。コース復帰の際に危険な方法で戻ったとして10秒のストップ&ゴーペナルティを科せられ、ポイント圏外の13位でレースを終えた。

4番グリッドからスタートしたセバスチャン・ベッテルはオープニングラップでニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)に抜かれるが、翌周のターン1で抜き返して4番手でレースを進める。

セバスチャン・ベッテル、チーム戦略を守らなかったルクレールに不満

2019年9月8日
F1 セバスチャン・ベッテル、トウ戦略を守らなかったルクレールに不満
セバスチャン・ベッテルは、F1イタリアGPの予選でチームメイトのスリップストリームを使うというチーム戦略がうまくいかなかったことにフラストレーションを感じている。

F1イタリアGPの予選は、最終アタックに入る前に時間切れとなってしまうという珍しいカタチで幕を閉じ、1回目のアタックのタイムでフェラーリのシャルル・ルクレールがポールポジションを獲得している。

セバスチャン・ベッテル、トラックリミット違反のタイム抹消を免れる

2019年9月8日
F1 セバスチャン・ベッテル、トラックリミット違反のタイム抹消を免れる
フェラーリのセバスチャン・ベッテルや、F1イタリアGPの予選でトラックリミット違反の疑いで調査を受けたが、ペナルティは免れ、4番グリッドが確定した。

セバスチャン・ベッテルは、予選Q3の1回目のアタックでパラボリカで4輪がライン外に出たように見えたことでスチュワードに召喚された。それが確認されれば、4番手タイムは抹消される可能性があった。

セバスチャン・ベッテル 「自分たちの弱点や集中すべき部分はわかってる」

2019年9月7日
F1 セバスチャン・ベッテル 「自分たちの弱点や集中すべき部分はわかっている」
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1イタリアGPのフリー走行1回目を3番手で終えた。

「まずまずな一日だったけど、クルマからはもっと引き出せるはずだ。FP1はちょっと断片的なセッションだった。赤旗後、信号が青になるたびに全チームがコースに向かっていった。いつもの金曜日のリズムはなかったけど、最も重要なのはしっかりと周回を重ねることができて、自分たちの弱点や集中すべき部分がわかっていることだ」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

セバスチャン・ベッテル 「フェラーリにいることを幸せに感じている」

2019年9月5日
F1 セバスチャン・ベッテル 「フェラーリにいることに幸せを感じている」
セバスチャン・ベッテルは、2020年の契約終了後もフェラーリにとどまる可能性があると語った。

4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルだが、最も影響力のあるイタリアのメディアの信頼を失い、フェラーリで“ナンバー1”ステータスを維持することに苦労するなど、困難な時期を過ごしている。

元フェラーリF1チーム代表 「ベッテルはモンツァで反撃に転じる」

2019年9月5日
F1 元フェラーリF1チーム代表 「ベッテルはモンツァで反撃に転じる」
元フェラーリでF1チーム代表を務めたステファノ・ドメニカリは、今週末のF1イタリアGPでセバスチャン・ベッテルが反撃に転じると考えている。

強力なエンジンとドラッグの少ないシャシーを持つフェラーリ SF90は、ストレートが多い高速サーキットで優位性を発揮しており、先週のスパ・フランコルシャンに続き、今週末のモンツァでも再び優勝候補に挙げられている。フェラーリは、今週末のモンツァでアップグレード版の“スペック3”エンジンを投入して連勝に挑む。

ニコ・ロズベルグ、ベルギーGPでのベッテルは「バリチェロのようだった」

2019年9月4日
F1 セバスチャン・ベッテル
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、F1ベルギーGPでのセバスチャン・ベッテルは、フェラーリで最も有名な“ナンバー2”ドライバーだったルーベンス・バリチェロを見ているようだったと語る。

F1ベルギーGPでは、フェラーリがフロントローを独占。だが、勝利をもたらしたのはシャルル・ルクレールだった。セバスチャン・ベッテルは一時的にトップに立ったものの、フェラーリはドライバー間に異なる戦略を採用することを決定。レース中盤にチームオーダーを発令してルクレールを前に出している。

フェラーリF1代表、セバスチャン・ベッテルの“ナンバー2”降格を否定

2019年9月3日
F1 フェラーリ セバスチャン・ベッテル
フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、セバスチャン・ベッテルがチームの“ナンバー2”に降格したとの見方を否定した。

F1ベルギーGPでのシャルル・ルクレールのF1初勝利を受け、イタリアメディアはフェラーリがチーム内のヒエラルキーの転換期を迎えたと一斉に報じた。

「ベッテルはルクレールに道を開けなければならない」と La Repubblica は報道。

セバスチャン・ベッテル 「ルクレールの勝利の役に立てて満足」

2019年9月2日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1ベルギーGPでチームメイトのシャルル・ルクレールの初勝利を支援する上で重要な役割を果たせたことに満足していると語る。

F1初勝利を挙げ、フェラーリに今季初勝利をもたらしたシャルル・ルクレールだが、レース終盤にはルイス・ハミルトンの猛追を受けた。なんとか0.981秒差でトップをチェッカーを受けた勝利の背景には、数周前にセバスチャン・ベッテルがハミルトンを抑え、4秒以上を犠牲にさせた貢献があった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム