セバスチャン・ベッテル 「前会長の死とフェラーリの失速は無関係」

2018年11月8日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、今年7月のセルジオ・マルキオンネの急死が、フェラーリがメルセデスにタイトル争いで勝てなあった一番の理由だとの見方を否定した。

シーズン序盤、フェラーリはメルセデスと同レベル、もしくはそれを上回る強さを見せていた。しかし、夏休み後のアップグレードで期待した結果を届けることができず、チームとドライバーのミスも響いて一気に失速することになった。

セバスチャン・ベッテル、レース・オブ・チャンピオンズ参戦が決定

2018年11月5日
F1 セバスチャン・ベッテル レース・オブ・チャンピオンズ
4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルと、今年のROCウィナーであるデビッド・クルサードが、2019年にメキシコで開催されるレース・オブ・チャンピオンズに参戦することが発表された。

2019年のレース・オブ・チャンピオンズは、2019年の1月19日から20日までの2日間、F1メキシコGPが開催されたメキシコシティのアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスのスタジアムセクションに設置される専用トラックで行われる。

セバスチャン・ベッテル 「ルクレールと協力関係を築いていくことが重要」

2018年11月5日
F1 セバスチャン・ベッテル シャルル・ルクレール フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、2019年にフェラーリで新しいチームメイトとなるシャルル・ルクレールと協力関係を築いていくことが重要だと考えている。

フェラーリは、2019年にキミ・ライコネンに代えて育成ドライバーのシャルル・ルクレールを昇格させることを決定。セバスチャン・ベッテルにとっては2015年のフェラーリ加入し来、初めて新しいチームメイトを迎えることになる。

ペドロ・デ・ラ・ロサ 「フェラーリはベッテルを守ってあげなかった」

2018年11月4日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
元F1ドライバーのペドロ・デ・ラ・ロサは、2018年のタイトル争いにおいてフェラーリはセバスチャン・ベッテルをプレッシャーから守ってあげなかったと考えている。

多くのオブザーバーは、フェラーリには今シーズンでしばしば最速のクルマがあったが、フェラーリ特有のプレッシャーとマネジメントがベッテルを敗北に追いやったと考えている。

セバスチャン・ベッテル 「フェラーリが最速マシンという認識は間違い」

2018年11月4日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
セバスチャン・ベッテルは、今年のフェラーリがF1最速のマシンだったという認識は間違っており、頻繁にメルセデスに対してアドバンテージを築けていたわけではないと語る。

先週末のF1メキシコGPではメルセデスのルイス・ハミルトンがチャンピオンシップ争いに決着をつけた。シーズン前半はタイトル獲得の可能性もあったセバスチャン・ベッテルだったが、後半戦はミスやアップグレードの失敗によって失速している。

デビッド・クルサード 「フェラーリはベッテルへのサポートが不十分」

2018年11月2日
F1 セバスチャン・ベッテル デビッド・クルサード
元F1ドライバーのデビッド・クルサードは、フェラーリが今年のF1世界選手権でルイス・ハミルトンを倒すにはセバスチャン・ベッテルへのサポートが不十分だったと考えている。

ルイス・ハミルトンは、先週末のF1メキシコGPで自身5度目となるF1ワールドチャンピオンを獲得。セバスチャン・ベッテルは前半戦はハミルトンを追い詰めていたものの、後半から急激に失速した。

セバスチャン・ベッテル 「シンガポールGPがターニングポイントだった」

2018年11月1日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、9月のF1シンガポールGPが2018年のタイトル争いを左右するターニングポイントだったと考えている。

多くの人は、ホッケンハイムでの単独クラッシュやモンツァでのルイス・ハミルトンとの事故が、セバスチャン・ベッテルの成績が下降していった一因だったと考えている。

セバスチャン・ベッテル 「ドライバーズ選手権の結果には失望している」

2018年10月29日
F1 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1メキシコGPの決勝レースで2位表彰台を獲得。しかし、2018年のF1ワールドチャンピオンの称号はライバルであるルイス・ハミルトンの手に渡った。

「今日、キミと僕が表彰台に上がれたことを嬉しく思う。それにここの雰囲気はいつも素晴らしい。でも、当然ながら、ドライバーズ選手権の結果には失望している」とセバスチャン・ベッテルはコメント。

セバスチャン・ベッテル 「戦略とタイヤマネージメントが成功の鍵を握る」

2018年10月28日
F1 セバスチャン・ベッテル メキシコグランプリ
フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、F1メキシコGPの予選を4番手で終えた。

「Q3の1回目の自分の走りにはかなり満足していたけど、レッドブルを倒すにはおそらくあとコンマ数秒は必要なのはわかっていた。だから、最後のアタックでは懸命にプッシュしたけど、うまくいかなかった」とセバスチャン・ベッテルはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム