トロロッソ・ホンダ 「タイヤを自由に選択できることはアドバンテージ」

2019年12月1日
トロロッソ・ホンダ 「タイヤを自由に選択できることはアドバンテージ」
トロロッソ・ホンダのテクニカルディレクターを務めるジョディ・エギントンが、F1アブダビGPの予選を振り返った。

トロロッソ・ホンダはの2台はQ2で敗退となった。ピエール・ガスリーは先行するセルジオ・ぺレスからわずか0.034秒差の12番手、ハンドリングに苦しんだダニール・クビアトは14番手だった。

ダニール・クビアト 「マシンのベストな状態をつかむことができなかった」

2019年12月1日
ダニール・クビアト 「マシンのベストな状態をつかむことができなかった」 / トロロッソ・ホンダ F1アブダビGP 予選
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1アブダビGPの予選を13番手で終了。バルテリ・ボッタスのグリッド降格により、決勝は13番グリッドからスタートする。

「予選ではマシンがスライドしてしまい、あまりいい状態での走行ではなかった。なかなかいいグリップが得られず、いまいちマシンのベストな状態をつかむことができなかった」とダニール・クビアトはコメント。

ピエール・ガスリー 「11番手からのスタートは悪くはない」

2019年12月1日
ピエール・ガスリー 「11番手からのスタートは悪くはない」 / トロロッソ・ホンダ F1アブダビGP 予選
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1アブダビGPの予選を12番手で終了。決勝は11番グリッドからのスタートとなる。

ピエール・ガスリーは先行するセルジオ・ぺレス(レーシングポイント)からわずか0.034秒差の12番手。バルテリ・ボッタス(メルセデス)がパワーユニット交換のペナルティーを受けるため、両選手は予選順位よりも1グリッド繰り上がっての決勝スタートになる。タイヤ選択の自由を得て、決勝をアドバンテージのある形でスタートする。

トロロッソ・ホンダ、アンセーフリリースで60万円の罰金 / F1アブダビGP

2019年12月1日
トロロッソ・ホンダ、アンセーフリリースで60万円の罰金 / F1アブダビGP
トロロッソ・ホンダは、F1アブダビGPの予選Q1でダニール・クビアトを危険なかたちでリリースしたとして5,000ユーロ(約60万円)の罰金を科せられた。

予選Q1でトロロッソ・ホンダは、ダニール・クビアトを送り出す際にピットレーンでの安全確認を怠り、ロマン・グロージャン(ハースF1)とニアミス。両者が接触することはなかったが、ロマン・グロージャンは回避行動を余儀なくされた。

トロロッソ・ホンダ、2台揃ってトップ10入り 「彼らがいるべき場所」

2019年11月30日
トロロッソ・ホンダ、2台揃ってトップ10入り 「彼らがいるべき場所」
トロロッソ・ホンダのチーフレースエンジニアを務めるジョナサン・エドルズが、F1アブダビGP初日のフリー走行を振り返った。

トロロッソ・ホンダは、F1アブダビGPのフリー走行2回目にダニール・クビアトが9番手、ピエール・ガスリーが10番手と2台ともトップ10入りを果たしており、ルノーとのコンストラクターズ選手権5位をかけた戦いにむけて良いスタートを切った。

ダニール・クビアト 「マシンの手ごたえはいいので改善を続けていく」

2019年11月30日
ダニール・クビアト 「マシンの手ごたえはいいので改善を続けていく」 / トロロッソ・ホンダ F1アブダビGP 初日
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1アブダビGP初日のフリー走行を10番手タイムで終えた。

「今日は生産的な一日になった。FP1は(気温や路面温度など)決勝レースとのコンディションが違うのでそこまで大切ではないが、それでもいくつかの部分は参考になったし、マシンの挙動も確認することができた」とダニール・クビアトはコメント。

ピエール・ガスリー 「トップ10圏内で終えられたのはポジティブ」

2019年11月30日
ピエール・ガスリー 「トップ10圏内で終えられたのはポジティブ」 / トロロッソ・ホンダ F1アブダビGP 初日
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1アブダビGP初日のフリー走行を9番手タイムで終えた。

ピエール・ガスリーは、ドライバーズランキングでカルロス・サインツと6位を争っており、トロロッソ・ホンダとしてもコンストラクターズ選手権5位のルノーを8ポイント差で追いかけている。

今年で見納め? トロロッソ・ホンダ 2019年 F1チーム集合写真

2019年11月29日
今年で見納め? トロロッソ・ホンダ 2019年 F1チーム集合写真
トロロッソ・ホンダが、2019年のF1世界選手権の最終戦となるアブダビGPに先駆けて恒例のチーム集合写真を撮影した。

ホンダF1とのパートナーシップ2年目を迎えた今年、トロロッソ・ホンダはダニール・クビアトがF1ドイツGPで3位表彰台、夏休み後にチームに復帰したピエール・ガスリーがF1ブラジルGPで2位表彰台と2回の表彰台を獲得。チームにとって2009年のセバスチャン・ベッテル以来となる表彰台となった。

ピエール・ガスリー 「ルノーF1との8点差を覆すのは簡単な仕事ではない」

2019年11月29日
ピエール・ガスリー 「ルノーF1との8点差を覆すのは簡単な仕事ではない」
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、2019年のF1コンストラクターズ選手権でルノーF1チームを上回ることができれば、チームにとって大きな意味があると語る。

今年、トロロッソ・ホンダは2回の表彰台を獲得し、これまでで最高のシーズンを迎えている。最終戦を控えて、トロロッソ・ホンダはコンストラクターズ選手権5位のルノーF1チームに8ポイント差に迫っている。
«Prev || ... 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム