ハミルトン、F1初優勝のガスリーを称賛「レッドブルで不当に扱われた」
メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、F1イタリアGPで優勝したピエール・ガスリーは、レッドブル・ホンダで2度目のチャンスを与えられるに値することを証明したと語る。

レース中盤にルイス・ハミルトンに10秒加算ペナルティが科せられたことにより、F1イタリアGPは大きく動いた。ピエール・ガスリーは赤旗後のリスタートでランス・ストロール(レーシング・ポイント)をオーバーテイクし、ハミルトンがペナルティを消化する間にトップに立った。

最後はカルロス・サインツ(マクラーレン)からのプレッシャーを抑えきったピエール・ガスリーは、0.415秒差でトップでチェッカー。F1初勝利を挙げた。

意外かもしれないが、ピエール・ガスリーとオンラインでコール・オブ・ディーティを楽しむ仲であるルイス・ハミルトンは、昨年ガスリーを降格させたレッドブルは間違った決定をしたと語る。

「本当におめでとう」とルイス・ハミルトンはピエール・ガスリーの優勝を祝福した。

「正直、ピエールと一緒に過ごす時間が少しあるんだ。僕たちは時々オンラインでゲームをしている」

「彼の成長を見てほしい・・・レッドブルにいた彼は降格させられた。不当だと思うし、彼は成長する時間を与えられなかった。彼は今Bチームで走っていて、そのBチームでAチームを倒した。本当に笑顔になる。彼は本当にそれに値するドライバーだと思うからね。彼にはトップチームに戻る価値がある」

「あのチーム(アルファタウリ・ホンダ)にとっても素晴らしい結果だと思う。若いトップ3だね。僕にとってはベストの日ではかったけど、それでも楽しかった」

レース後のオンライン会見でもルイス・ハミルトンは改めてピエール・ガスリーを称賛した。

「まず、ピエールは本当にいい奴だ。彼にはたくさんの才能があると思う」とルイス・ハミルトンはコメント。

「彼が降格したとき、必ずしもレッドブルで公平に扱われていたとは思わない。そういうことが起こったとき、ドライバーにとって簡単ではないし、同情している」

「そして、必ずしもそれほど速くないチームで自信をつけ、今年、彼がその車ですでに持っていた本当に素晴らしいパフォーマンスを発揮し、そして勝利を得た・・・そんなこと簡単にできることではない」

「本当に感銘を受けた。彼は素晴らしい仕事を成し遂げたし、成功に値すると思う。彼にとって今後の機会を生み出すことを願っている」

「また、彼は降格させられたチームを倒したわけだし、彼らにとっては間違いなく痛手だろうね」

レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンがパワーユニットのトラブルによってリタイア。昨年、ピエール・ガスリーに代わって昇格したアレクサンダー・アルボンは15位でフィニッシュ。レッドブルはアルボンを擁護し続けているが、ドライバーは2チーム間で移動できる契約を結んでいる。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ルイス・ハミルトン / レッドブル / トロロッソ / ホンダF1 / ピエール・ガスリー / アルファタウリ