ピエール・ガスリー 「レッドブルF1時代に経験豊富なエンジニアを求めた」
ピエール・ガスリーは、昨年中旬にトロロッソ(現アルファタウリ)に降格する前に、レッドブル・ホンダに経験豊富なレースエンジニアをつけてくれるよう求めていたと語る。

ピエール・ガスリーの後継者であるアレクサンダー・アルボンは、マックス・フェルスタッペンに対するシーズン序盤のパフォーマンスに周囲からのプレッシャーが高まり続けている。

先週末のF1イギリスGPに先立ち、レッドブル・ホンダはこれまでアレクサンダー・アルボンのレースエンジニアだったマイク・ラッグをファクトリー勤務に降格させ、過去にマーク・ウェバーやダニエル・リカルドとレースに勝利した経験豊富なサイモン・レニーに後退した。

「レッドブルは、そうすることが正しいと思ったので、そうしたんだと思う」とピエール・ガスリーは Formule 1 に語った。

ピエール・ガスリー自身、昨年トロロッソに降格する前に、レッドブルに経験豊富なエンジニアを求めていたことを明らかにした。

「正直言うとイエスだ」とピエール・ガスリーは語った。

「僕は1年しかF1にいなかったので、ほとんど経験がなかった。自分が速いことはわかっていたけど、もっと経験のある人が望ましかった。僕とは異なり、F1に新しくない人をね」

「僕たちが望んでいたほど競争的でなかった理由はもっとあるけど、それが僕をより難しい状況に置いた」

「僕はそれらの理由を分かっているし、レッドブルもそうだ。僕たちはどちらももっとうまくいった可能性があることをわかっている。でも、今ではそれは過去のことだ」

ピエール・ガスリーは、現在のシートに満足していると主張しており、プレッシャーのかかっているアレクサンダー・アルボンをうらやましく思ってはいないようだ。

「ドライバーとして、自分のベストを尽くすことができているので、今の自分のいる場所の方が満足しているかもしれない。だからといって、僕は違う人間になったわけではない」

アレクサンダー・アルボンに関しては、ピエール・ガスリーは次のように結論付けた。

「アレックスがなぜ苦労しているのかはわからないけど、4戦で僕はより遅い車で2回彼の前にいた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / トロロッソ / ホンダF1 / アルファタウリ