ガスプロム、ルノーF1かアルファタウリのタイトルスポンサーに就任?

2019年12月10日
ガスプロム、ルノーF1かルファタウリのタイトルスポンサーに就任?
ロシアのエネルギー大手ガスプロムが、アルファタウリ(現トロロッソ)およびルノーF1チームについてタイトルスポンサー契約について交渉を行っているとGPToday.net が報じた。

ガスプロムはロシア最大の石油会社であり、世界最大の天然ガス会社。2002年と2003年にミナルディのスポンサーを務めていた。現在、F1では持続可能性と燃料の分野で進歩を踏み出そうとしており、同社はF1に関与することに関心を持っているという。

ピエール・ガスリー 「トロロッソ・ホンダ降格は公平ではなかった」

2019年12月10日
ピエール・ガスリー 「トロロッソ・ホンダ降格は公平ではなかった」
ピエール・ガスリーは、2019年シーズン途中にトロロッソ・ホンダに降格したことはフェアではなかったと感じたと語り、ニュースを受け取ったときは怒りがこみ上げてきたと語る。

ピエール・ガスリーは、ルノーに移籍したダニエル・リカルドの後任としてレッドブルに加入したが、シーズン前半を通してパフォーマンスと結果を出せず、シーズン中盤にトロロッソに降格した。

レッドブルF1 「2021年以降の新コンコルド協定にはサインしていない」

2019年12月9日
レッドブルF1 「2021年以降の新コンコルド協定にはサインしていない」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年以降の新しいコンコルド協定にはまだサインしていないと認める。

現在、2021年の新しいF1レギュレーションが発表され、リバティメディアは次のコンコルド協定の交渉を開始。しかし、2021年の参戦チーム、エンジンサプライヤーについては大きな不確実性が残っている。

ピエール・ガスリー 「2019年はキャリアで最も厳しい一年だった」

2019年12月8日
ピエール・ガスリー 「2019年はキャリアで最も厳しい一年だった」
ピエール・ガスリーは、レッドブルでスタートし、トロロッソに戻り、親友を失ったあと、力強い挽回をみせた2019年は彼のキャリアの‟最も厳しい一年”だったと断言した。

ピエール・ガスリーは、ルノーに移籍したダニエル・リカルドの後任としてレッドブルに加入したが、シーズン前半を通してパフォーマンスと結果を出せず、シーズン中盤にトロロッソに降格した。

ピエール・ガスリー、146周を走行「STR14での最後の1日はクールだった」

2019年12月5日
ピエール・ガスリー、146周を走行「STR14での最後の1日はクールだった」
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1アブダビテスト2日目の走行を担当し、2日目の最多周回数となる146周を走破。4番手タイムとなる1分38秒166を記録して2019年の作業を終えた。

「STR14での最後の1日を過ごすことができて良かった。僕たちは2020年シーズンに向けて丸1日作業を行った。非常に生産的だったし、今日、僕たちは誰よりも多くの周回数を走った」とピエール・ガスリーはコメント。

レッドブル&トロロッソ、ホンダF1の2019年の仕事ぶりを称賛

2019年12月3日
レッドブル&トロロッソ、ホンダF1の2019年の仕事ぶりを称賛
レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーとトロロッソのF1チーム代表を務めるフランツ・トストが、それぞれホンダF1の2019年の仕事ぶりを称賛した。

レッドブルは、2019年にマックス・フェルスタッペンが3勝を挙げて自己ベストとなるドライバーズランキング3位を獲得。9回の表彰台、2回のポールポジション、3回のファステストラップを記録。コンストラクターズ選手権でも昨年に2ポイント及ばなかったものの3位を獲得。

トロロッソF1代表 「最も成功を収めたシーズン。ホンダF1に心から感謝」

2019年12月2日
トロロッソF1代表 「最も成功を収めたシーズン。ホンダF1に心から感謝」 / F1アブダビGP
トロロッソのF1チーム代表を務めるフランツ・トストが、F1アブダビGPの決勝レースと2019年のF1世界選手権を振り返った。

ピエール・ガスリーは、スタート直後に接触を受けてフロントウイングを破損し、交換のためにピットストップを強いられたことで最後尾まで後退。レースではセーフティカーの出動もなく、18位でフィニッシュとなった。

ピエール・ガスリー 「“ファッキン”ストロールに全てを台無しにされた」

2019年12月2日
ピエール・ガスリー 「“ファッキン”ストロールに全てを台無しにされた」
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1アブダビGPのオープニングラップでのランス・ストロール(レーシングポイント)との接触によって、カルロス・サインツとのチャンピオンシップ6位争いが台無しになったと語った。

ピエール・ガスリーは、カルロス・サインツと同ポイントで最終戦を迎えたが、オープニングラップでランス・ストロールと接触してフロントウイングを破損。ノーズ交換とタイヤ交換の遅れにとって1秒以上遅れてコースに復帰することになり、トップ10を争うことができずにレースを終えた。

ピエール・ガスリー 「もっといい展開を期待していただけにとても残念」

2019年12月2日
ピエール・ガスリー 「もっといい展開を期待していただけにとても残念」 / トロロッソ・ホンダ F1アブダビGP
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1アブダビGPの決勝レースを18位でフィニッシュ。ドライバーズランキング7位でシーズンを終えた。

ピエール・ガスリーは、スタート直後に接触を受けてフロントウイングを破損し、交換のためにピットストップを強いられたことで最後尾まで後退。レースではセーフティカーの出動もなく、18位でフィニッシュとなった。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム