ダニール・クビアト、マシンから白煙を上げてリタイア / F1イタリアGP

2019年9月9日
ダニール・クビアト、マシンから白煙を上げてリタイア / F1イタリアGP
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが、F1イタリアGPの決勝レースででエンジンから白煙を上げてリタイアした。

12番手からミディアムタイヤでスタートしたダニール・クビアトは、順調に順位を上げて6番手まで浮上。29周目にピットインしてタイヤを交換する。

ピエール・ガスリー「F3の事故を見てヘイローへの考え方が変わった」

2019年9月9日
F1 ピエール・ガスリー「F3の事故を見てヘイローへの考え方が変わった」
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、土曜日にモンツァで開催されたF3での衝撃的な事故を見てヘイロー(Halo)に対する考え方が変わったと語った。

F3のレース1で、アレックス・ペローニ(カンポス)はパラボリカのソーセージ縁石にとってマシンが宙を舞い、約100メートル先のタイヤバリアに着地。裏返ったマシンが最初にタイヤバリアに接触したのはヘイローであり、ペローニの頭部を衝撃から守った。

ダニール・クビアト、時間切れ予選に苦言「F3のように見えた」

2019年9月8日
F1 ダニール・クビアト、時間切れ予選に苦言「F3のように見えた」
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、大部分のドライバーが時間切れによってアタックできずに終えたF1イタリアGPの予選を快く思っておらず、“F3のように見えた”と苦言を呈した。

ダニール・クビアトはQ2敗退を喫してQ3を映像で見ることになったが、スリップストリームを得ようとしてスロー走行を繰り返すF1ドライバーがアマチュアのように見えたと語った。

トロロッソ・ホンダ、計画を変更してQ3進出を目指すも失敗 / F1イタリアGP

2019年9月8日
トロロッソ・ホンダ、計画を変更してQ3進出を目指すも失敗 / F1イタリアGP
トロロッソ・ホンダのチーフレースエンジニアを務めジョナサン・エドルズが、F1イタリアGPの予選を振り返った。

ピエール・ガスリーがエンジン交換によってグリッド降格ペナルティが決定していため、トロロッソ・ホンダはダニール・クビアトのQ3進出を目指して、Q2の最後のアタックでガスリーのトウをクビアトに使わせる戦略を進めた。

ピエール・ガスリー、後方スタートも「いい結果を出せると思っている」

2019年9月8日
F1イタリアGP
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1イタリアGPの決勝レースをエンジン交換によるペナルティで後方スタートとなるが、“いい結果を出せると思っている”と自信をみせた。

ホンダF1のスペック4投入によって金曜日の段階からグリッド降格ペナルティが決定していたピエール・ガスリーは、予選よりも決勝を重視してマシンを仕上げていく。それでも予選Q1で9番手タイムを記録するなど、マシンに手応えを感じていると語る。

ダニール・クビアト、予選13番手「自分たちのペースで走れなかった」

2019年9月8日
F1イタリアGP
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1イタリアGPの予選を13番手で終了。“自分たちのペースで走れなかった”と振り返った。

Q2に進出したダニール・クビアトは、ピエール・ガスリーの後方に入ってスリップストリームを使ったが、トラフィックがクビアトの行く手を阻み13番手に終わった。

ピエール・ガスリー、アントワーヌ・ユベール追悼ヘルメット

2019年9月7日
F1 ピエール・ガスリー、アントワーヌ・ユベール追悼ヘルメット
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1イタリアGPを亡き親友のアントワーヌ・ユベールを追悼する特別ヘルメットで戦う。

先週末スパ・フランコルシャンのF2レースで、22歳のアントワーヌ・ユベールが事故死。ピエール・ガスリーと同じフランス出身で一緒にカートを始め、同じアパートに住み、F1ドライバーを目指して切磋琢磨してきた親友だった。

ピエール・ガスリー 「トロロッソのマシンは望み通りに仕上げられる」

2019年9月7日
F1 ピエール・ガスリー 「トロロッソのマシンは望み通りに仕上げられる」
ピエール・ガスリーは、トロロッソ・ホンダへの復帰を喜んでいるようだ。F1イタリアGPのフリー走行を終えてSTR14は“まさに望み通り”にクルマを仕上げていけると語る。

今年の夏休みにレッドブルからトロロッソの降格を告げられたピエール・ガスリーは、レッドブル RB15への適応に苦しんでおり、「トロロッソの方が僕のドライビングに合っていた」と語っていた。

トロロッソF1代表 「ピエール・ガスリーは期待通りの進歩を遂げている」

2019年9月7日
トロロッソF1代表 「ピエール・ガスリーは期待通りの進歩を遂げている」
トロロッソ・ホンダのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、前戦F1ベルギーGPからチームに復帰したピエール・ガスリーは“期待通りの進歩を遂げている”と評価している。

今シーズンの前半戦はレッドブル・ホンダのドライバーを務めていたピエール・ガスリーだが、夏休み中にトロロッソ・ホンダへの降格を告げられた。復帰戦となったF1ベルギーGPでは9位入賞を果たしている。
«Prev || ... 8 · 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム