ピエール・ガスリー 「最高の結果でトロロッソに恩返ししたい」

2019年11月13日
ピエール・ガスリー 「最高の結果でトロロッソに恩返ししたい」 / トロロッソ・ホンダ残留決定
2020年もトロロッソ・ホンダに残留することが決定したピエール・ガスリーが、来季にむけての意気込みを語った。

今年、レッドブル・ホンダに昇格したピエール・ガスリーだが、成績不振を理由にF1ベルギーGPからトロロッソ・ホンダに出戻ることになった。それでも、慣れ親しんだチームで調子を取り戻しているガスリーは、最高の結果で恩返ししたいと語る。

ダニール・クビアト 「2020年もチームのために強力なシーズンを届けたい」

2019年11月13日
ダニール・クビアト 「2020年もチームのために強力なシーズンを届けたい」
2020年もトロロッソ・ホンダに残留することが決定したダニール・クビアトが、来季にむけての意気込みを語った。

2014年にトロロッソでF1デビューを果たしたダニール・クビアトは、レッドブル昇格とトロロッソ降格、そして、レッドブルからの解雇を乗り越えて、今年F1に復帰。2020年はトロロッソでの6シーズン目となるクビアトはチームを快適に感じていると語る。

レッドブルF1 「財政規則の導入はトロロッソがいるので大差はない」

2019年11月12日
レッドブルF1 「財政規則の導入はトロロッソがいるので大差はない」
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年にF1に財政規則が導入されてもトロロッソと2チーム体制を敷いているおかげで収益面で全体的には大差はないと語る。

F1は2021年に1億7500万ドルの予算制限とより公平な収益分配を含めた財政規則を新たに導入する。

トロロッソ・ホンダ、2020年のガスリー&クビアトの続投を発表

2019年11月12日
トロロッソ・ホンダ、2020年のガスリー&クビアトの続投を発表
トロロッソ・ホンダは、2020年もピエール・ガスリーとダニール・クビアトを継続して起用すること発表した。

アレクサンダー・アルボンのレッドブル・ホンダ残留に続き、姉妹チームのトロロッソは2020年もピエール・ガスリーとダニール・クビアトのラインナップを継続することを発表。ガスリーは夏休み後にレッドブルから出戻り、パフォーマンスを取り戻していた。

ダニール・クビアト 「妻の母国のブラジルはもうひとつのホームレース」

2019年11月12日
ダニール・クビアト 「妻の母国のブラジルはもうひとつのホームレース」 / トロロッソ・ホンダ F1ブラジルGP プレビュー
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが、F1ブラジルGPへの意気込みを語った。

ダニール・クビアトは、3位表彰台を獲得したF1ドイツGPの前夜にガールフレンドでネルソン・ピケの娘ケリーとの間に第一子となる娘が誕生しており、一児の父となった。ブラジルはケリーの母国となる。

ピエール・ガスリー 「F1ブラジルGPでの初ポイント獲得が今週の目標」

2019年11月12日
ピエール・ガスリー 「F1ブラジルGPでの初ポイント獲得が今週の目標」 / トロロッソ・ホンダ F1ブラジルGP プレビュー
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが、F1ブラジルGPへの意気込みを語った。

「今回はインテルラゴスでの3回目のレースになるけど、これまでのところポイントでフィニッシュできていないので、それが週末の最初の目標になる。ブラジルはF1で象徴的な役割を果たしているし、自分が小さな頃から今日に至るまで僕のアイドルはアイルトン・セナだ」とピエール・ガスリーはコメント。

トロロッソF1代表 「2023年までは勢力図は変わらない」

2019年11月8日
トロロッソF1代表 「2023年までは勢力図は変わらない」
トロロッソのF1チーム代表を務めるフランツ・トストは、2023年までチームが表彰台を争えるようになることはないと考えている。

トロロッソは、F1アメリカGPではダニール・クビアトが12位、ピエール・ガスリーリタイアとがノーポイントに終わり、コンストラクターズ選手権でレーシングポイントに1ポイント上回られて7位に転落した。

【動画】 トロロッソ・ホンダのガスリー&クビアトがNASAを訪問

2019年11月6日
【動画】 トロロッソ・ホンダのガスリー&クビアトがNASAを訪問
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーとダニール・クビアトは、F1アメリカGPに先駆けてNASAのジョンソン宇宙センターを訪問した。

ピエール・ガスリーとダニール・クビアトは、ヒューストンにあるNASAジョンソン宇宙センターを訪問。ミッションコントロールセンターや宇宙飛行士の訓練施設を見学。またムーンランダー(月着陸船)の操縦も体験している。

ダニール・クビアト、2戦連続ペナルティに不満爆発「本当に馬鹿げてる」

2019年11月5日
ダニール・クビアト、2戦連続ペナルティに不満爆発「本当に馬鹿げてる」
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1アメリカGPの最終ラップでのセルジオ・ペレスとの接触に科せられたペナルティは“馬鹿げた”ものであり、“受け入れられない”と語る。

ダニール・クビアトは、ターン15でセルジオ・ペレスのインサイドを突き、右フロントタイヤでペレスのフロントウイングの左側のエンドプレートに接触。ペレスはコースオフを強いられた。
«Prev || ... 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム