ホンダ | 2019年 F1イタリアGP 金曜フリー走行レポート

2019年9月7日
ホンダ
雨の中行われたF1イタリアGPの初日、レッドブルとトロロッソはともに力強いパフォーマンスをみせ、ホンダF1エンジンの4台すべてがトップ10圏内で走行を終えた。

FP1は、セッションのほとんどがウエットコンディションという状況で行われ、ドライタイヤで走行できたのは終盤の10分だけだった。レッドブルのアレクサンダー・アルボンが5番手につけ、マックス・フェルスタッペンはわずか11周の走行で7番手に入った。

ダニール・クビアト、F1イタリアGPに特別ヘルメットで挑む

2019年9月7日
ダニール・クビアト、F1イタリアGPに特別ヘルメットで挑む
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、今週末のF1イタリアGPに特別カラーリングを施したヘルメットを持ち込んでいる。

イタリアを拠点とするトロロッソ・ホンダにとって今週末のF1イタリアGPはホームレース。また、レーシングドライバーを志してイタリアに渡ったダニール・クビアトにとっても母国ロシアに次いで第2のホームレースとなる。

トロロッソ・ホンダ 「気温の低いコンディションはマシンに合っている」

2019年9月7日
F1 トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのジョナサン・エドルズが、F1イタリアGP初日のフリー走行を振り返った。

「今朝トラックに到着したとき、天気予報は両方のセッションで雨が降るとのことだったので、ドライ走行ができたことは嬉しい驚きだった」とジョナサン・アドルズはコメント。

ダニール・クビアト「セッティングをもう少し煮詰められるか確認したい」

2019年9月7日
F1 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは、F1イタリアGP初日のフリー走行を10番手タイムで終えた。

FP1は、セッションのほとんどがウエットコンディションという状況で行われ、ドライタイヤで走行できたのは終盤の10分だけだった。その中でダニール・クビアトはレッドブル勢に割って入る6番手タイムをマーク。午後のFP2は10番手でセッションを終えた。

ピエール・ガスリー 「ドライで7番手はポジティブな結果」 / F1イタリアGP

2019年9月7日
ピエール・ガスリー 「ドライで7番手はポジティブな結果」 / F1イタリアGP
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1イタリアGP初日のフリー走行を7番手で終えた。

ピエール・ガスリーは今回のレースでスペック4PUを投入し、日曜日のレースを後方グリッドからスタートする。そのため、ロングランにフォーカスして走行を重ねた。FP1は、セッションのほとんどがウエットコンディションという状況で10番手、FP2では7番手タイムを記録した。

ピエール・ガスリー 「レッドブルでもトロロッソでもプレッシャーは同じ」

2019年9月6日
F1 ピエール・ガスリー 「レッドブルでもトロロッソでもプレッシャーは同じ」
ピエール・ガスリーは、トロロッソ・ホンダに復帰した後のパフォーマンスには満足しているが、レッドブルでもトロロッソでも結果を出さなければならないという多くのプレッシャーがあると語る。

前半戦に成績を残せなかったピエール・ガスリーは、F1ベルギーGPから昨年まで所属したトロロッソ・ホンダに降格。復帰戦となったレースでは9位で2ポイントを獲得するまずまずの成績を収めた。

元F1ドライバーのミカ・サロ、レッドブルのドライバー交代を支持

2019年9月5日
元F1ドライバーのミカ・サロ、レッドブルのドライバー交代を支持
元F1ドライバーのミカ・サロは、レッドブルの悪名高いドライバー育成プログラムを擁護している。

パドックの多くは、ヘルムート・マルコの政権を批判しており、“ジュニアチーム”はピエール・ガスリーのような若いドライバーに不当に落とす前にあまりにも多くの期待をかけてすぎていると非難している。

ホンダ | 2019年 第14戦 F1イタリアGP プレビュー

2019年9月5日
ホンダ
ホンダF1は、レッドブル・レーシングとスクデーリア・トロ・ロッソとともに2019年のF1世界選手権 第14戦 イタリアGPに挑む。

F1ベルギーGPとの連戦で開催されるF1イタリアGP。舞台となるモンツァ・サーキットは、フェラーリの聖地としても知られて、ティフォシがスタンドを赤に染め、独特な雰囲気を作り出す。超高速サーキットであるモンツァは、スロットル全開率75%を誇るエンジンパフォーマンスが物を言うパワートラックだ。

ダニール・クビアト 「スペック4がモンツァでの上位争いの手助けになる」

2019年9月5日
F1 ダニール・クビアト 「スペック4がモンツァでの上位争いの手助けになる」
トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが、F1イタリアGPへの意気込みを語った。

「スパでの週末は、レースに関わるすべての人にとって辛いものだった。一方で、僕自身については日曜の決勝で、後方スタートから7位でフィニッシュできた。モンツァはスパと同じパワーサーキットなので、期待を持っている」とダニール・クビアトはコメント。
«Prev || ... 9 · 10 · 11 · 12 · 13 · 14 · 15 · 16 · 17 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム