ピエール・ガスリー 「2020年の目標はレッドブル・ホンダへの再昇格」
ピエール・ガスリーは、2020年のF1世界選手権の目標を“レッドブル・ホンダへの再昇格”だと明確に設定した。

ピエール・ガスリーは、2019年シーズン途中に成績不振を理由にアレクサンダー・アルボンと交代するかたちでトロロッソ・ホンダに降格。古巣で復調したガスリーは、F1ブラジルGPでF1ブラジルGPで初表彰台となる2位フィニッシュを果たしている。

ピエール・ガスリーは、2020年もアルファタウリにチーム名を変更するレッドブルのジュニアチームに残留することが決定している。

「レッドブルに戻りたい」とピエール・ガスリーは Corriere dello Sport にコメント。

「来年は困難なシーズンに直面することになるけど、一貫したパフォーマンスを発揮できることを示さなければならない」

「過去のシーズンの経験はそのために役立つはずだ。レッドブルで自分の実力をまだ示していないのは確かだ」

歯に衣着せぬ発言で有名な元F1ワールドチャンピンのジャック・ヴィルヌーヴもピエール・ガスリーのシーズン後半の挽回を評価している。

「シーズン後半に彼ははるかに進歩した」とジャック・ヴィルヌーヴは Sky Italia に語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ピエール・ガスリー / レッドブル / トロロッソ / ホンダF1 / アルファタウリ