ハースF1代表 「ウラルカリとのスポンサー契約は来週に解決させる」

2022年2月25日
ハースF1代表 「ウラルカリとのスポンサー契約は来週に解決させる」 ニキータ・マゼピンのシートも不透明と認める
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、タイトルスポンサーであるウラルカリとパートナーシップの将来は、来週に解決される予定だと語った。

ロシア軍がウクライナ侵攻を受け、ハースF1チーミは木曜日の夕方、残りテスト期間はロシアをテーマにしたウラルカリのカラーリングを外すことを発表し、金曜日には真っ白なカラーリングでテストに参加した。

ニキータ・マゼピンに誹謗中傷 「スポーツと政治を混同しないで」

2022年2月24日
F1:ニキータ・マゼピンに誹謗中傷 「スポーツと政治を混同しないで」 ロシアのウクライナ侵攻でロシアGP中止報道
ロシアのウクライナ侵攻によってF1ロシアGPが中止される可能性があるという推測のなかで、ニキータ・マゼピンは状況についてコメントした。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ウクライナ東部の親ロ派勢力が支配する「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の独立を承認し、ドンバス地域への軍事作戦を命じて侵略を開始。戦争の危機に陥っている。

ニキータ・マゼピン 「ミッドフィールドで戦う準備は100%できている」

2022年1月26日
ハースF1のニキータ・マゼピン 「ミッドフィールドで戦う準備は100%できている」
ハースF1のニキータ・マゼピンは、2022年にパフォーマンスを次のレベルに引き上げ、機会があればF1のミッドフィールドのドライバーたちとレースをする準備はできていると語る。

同じルーキーであるミック・シューマッハとのニキータ・マゼピンの初シーズンは、F1のコツを学び、最後尾を走るためのものとなった。二人は開発を見送ったハースF1のマシンに制約されたが、マゼピンはシーズンを通して一貫してシューマッハに先を行かれた。

ニキータ・マゼピン 「ミック・シューマッハとの関係はニュートラル」

2022年1月15日
ハースF1のニキータ・マゼピン 「ミック・シューマッハとの関係はニュートラル」
ニキータ・マゼピンは、ハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハとの関係が、チームの利益に役立つ“ニュートラル”な関係に発展したと語る。

ハースF1の2021年F1マシンの競争力不足と相まって、ルーキーのニキータ・マゼピンとミック・シューマッハは、昨シーズン前半にフィールド後方で孤立したバトルを余儀なくされ、何度かコース上で対立した。

ニキータ・マゼピン 「マシンの問題を信じてもらうまで5レースかかった」

2022年1月3日
ハースF1のニキータ・マゼピン 「マシンの問題を信じてもらうまで5レースかかった」
ハースF1のニキータ・マゼピンは、自分がルーキーであるため、チームに自分ではなくマシンに問題があると信じてもらうまで5レースかかったと語った。

ハースF1は、2022年に焦点を置き、2021年マシンであるVF-21をほとんど開発しなかったため、苦戦することは想定されていた。ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンの新人コンビは、F1のコツを学びながら、それらを最大限に生かそうと奮闘した。

ニキータ・マゼピン、新型コロナウイルス感染でF1アブダビGPを欠場

2021年12月12日
ニキータ・マゼピン、新型コロナウイルス感染でF1アブダビGPを欠場
ハースF1のニキータ・マゼピンは、日曜日のF1アブダビGPの決勝に先立ってヤス・マリーナ・サーキットで実施した新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したため、レースを欠場することになった。

ハースF1チームは「ニキータは無症候性で身体的に健康だが、彼は今、自己隔離し、関連する公衆衛生当局のガイドラインを順守し、すべての関係者にとって安全を最優先している」とコメント。

ニキータ・マゼピン 「200キロから0まで止まるには行き場がなかった」

2021年12月7日
ニキータ・マゼピン 「200キロから0まで止まるには行き場がなかった」 F1サウジアラビアGP 決勝
ハースF1のニキータ・マゼピンは、F1サウジアラビアGPの決勝をリタイアで終えた。

「残念だけど、相当の衝撃だった。ストップしなかったアドバンテージがあって、ターン2を出たところでストロールと競争していた。その先はいつも簡単な全開区間だから、どちらのマシンもそうなるはずだったけど、突然、前にいたラッセルがブレーキをかけた」とニキータ・マゼピン。

ニキータ・マゼピンの父、息子のハースF1の新シャシーの代金を個人負担

2021年12月1日
ニキータ・マゼピンの父、息子のハースF1の新シャシーの代金を個人負担
ニキータ・マゼピンの父親であるドミトリー・マゼピンは、今シーズンにハースF1が導入した新しいシャシーの代金を支払ったのはチームではなく自分だと明かした。

ニキータ・マゼピンは、ハースF1でのキャリアの初期段階で、チームメイトのミック・シューマッハのパフォーマンスレベルに匹敵するのに苦労し、彼が使用しているシャシーがそれに大きく貢献していると不満を漏らしていた。

ニキータ・マゼピンの父親 「F1チームの買収は諦めていない」

2021年11月28日
ニキータ・マゼピンの父親 「F1チームの買収は諦めていない」
ニキータ・マゼピンの父親であるドミトリー・マゼピンは、彼の会社であるウラルカリがハースF1の支援を強化する準備はできていると述べ、F1チームを完全に買収する可能性もまだ除外していない。

ロシアで最も裕福なビジネスマンのトップ100にランクインしているドミトリー・マゼピンは、世界最大級の化学肥料企業であるウラルカリを介してハースF1を支援している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム