セルジオ・ペレス、ニキータ・マゼピンに同情 「アスリートに責任はない」

2022年3月5日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス、ニキータ・マゼピンに同情 「アスリートに責任はない」
レッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスは、スポーツ連盟がロシアのアスリートたちを大会から除外するのは公正ではないと考えている。

ロシアのウクライナ侵攻を受け、FIA(国際自動車連盟)は、F1ロシアGPの開催契約を解除。モータースポーツUKは、ロシアとウクライナイの選手の大会出場を禁止するなど、他のスポーツ界でもアスリートたちへのプレッシャーは高まっている。

ハースF1チーム、ニキータ・マゼピンとの契約打ち切りを決断との報道

2022年3月4日
ハースF1チーム、ニキータ・マゼピンとの契約打ち切りを決断との報道
ハースF1チームが、ニキータ・マゼピンとの契約を打ち切り、2022年にリザーブドライバーのピエトロ・フィッティパルディを起用することを決断したとSky Germanyが報じている。

ロシアのウクライナ侵攻を受け、スポーツ界ではロシア人アスリートを除外する動きが進素でいるが、FIA(国際自動車連盟)は中立的なFIA旗でF1レースに出場することを許可することを決定していた。

ニキータ・マゼピン、F1オーストラリアGPも出場禁止の可能性

2022年3月3日
ニキータ・マゼピン、F1オーストラリアGPも出場禁止の可能性…豪連盟が検討
オーストラリア当局とオーストラリア・グランプリコーポレーションは、ウクライナの状況の変化を調査し、英国に続いてすべてのロシア人ドライバーが同国で競争するのを禁止するかどうかを検討している。

3月2日(火)、モータースポーツUKは、すべてのロシア人ドライバーが英国で競争するのを禁止することを発表した。その発表は、FIA(国際自動車連盟)が中立的な立場であれば出場を許可するという決定をしたわずか数時間後に行われた。

レッドブルF1首脳 「ロシア国籍を理由にマゼピンを除外する必要はない」

2022年3月3日
レッドブルF1首脳 「ロシア国籍を理由にマゼピンを除外する必要はない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ニキータ・マゼピンがF1でレースを継続することを許可したFIA(国際自動車連盟)の決定を支持した。

ロシアのウクライナ侵攻について話し合うために招集されたFIA 世界モータースポーツ評議会の臨時会議で、FIAはロシア人ドライバーがレースを続けることを許可することを決定することによって現在の国際的な傾向に逆らった。

ニキータ・マゼピンのF1イギリスGPの参戦は不可…英国連盟が発表

2022年3月2日
ニキータ・マゼピンのF1イギリスGPの参戦は不可…英国連盟が発表「ロシアのライセンサーの大会出場を禁止」
英国の四輪モータースポーツの運営組織であるモータースポーツUKは、ロシアからライセンスを発行されたドライバーとチームの英国でのモータースポーツイベントへの参加を禁止すると発表した。

FIA(国際自動車連盟)が、国際オリンピック委員会(IOC)からの勧告に従わずにロシアのアスリートの国際的なイベントに中立旗での参加を許可した翌日、英国のモータースポーツUKはより厳格な措置を発表した。

アントニオ・ジョビナッツィ、ニキータ・マゼピンの後任候補に浮上

2022年3月1日
アントニオ・ジョビナッツィ、ニキータ・マゼピンの後任候補に浮上 / ハースF1チーム
スクーデリア・フェラーリのリザーブドライバーであるアントニオ・ジョビナッツィが、今シーズン、ハースF1チームのニキータ・マゼピンの後任候補としてF1復帰する可能性が噂されている。

ロシアがウクライナに侵攻した後、2022年のニキータ・マゼピンのシートは疑わしいものとなっている。ハースF1チームは、F1バルセロナテストの最終日にロシアのスポンサーであるウラルカリのブランドをマシンから削除した。

ウクライナ連盟、マゼピンを含むロシアライセンサーの出場禁止をFIAに要求

2022年3月1日
F1:ウクライナ連盟、マゼピンを含むロシアライセンサーの出場禁止をFIAに要求
ウクライナ自動車連盟は、ロシアの侵功を受け、F1に参戦しているニキータ・マゼピンを含むロシアのライセンス保有者の出場禁止するようFIA(国際自動車連盟)に要求した。

ロシア軍は2月24日(木)にウクライナに対する大規模な軍事行動を開始し、世界的な非難と西側諸国による一連の制裁を促した。

ハースF1代表 「マゼピンが走れない場合、フィッティパルディが第一候補」

2022年2月26日
ハースF1代表 「マゼピンが走れない場合、フィッティパルディが第一候補」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュイターナーは、ニキータ・マゼピンがチームで走れなくなった場合、代役のファーストチョイスはピエトロ・フィッティパルディだと語る。

ハースF1チームがウラルカリのスポンサーシップを破棄せざるを得ない場合、もしくはビザの制限によってニキータ・マゼピンが特定の国に入ることができない場合、それが一時的か永続的かを問わず、代わりのドライバーを見つける必要がある。

ハースF1、ニキータ・マゼピン解雇の可能性を認める

2022年2月25日
ハースF1、ニキータ・マゼピン解雇の可能性を認める
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、所属するロシア人ドライバーのニキータ・マゼピンの継続起用について「解決する必要がある」とし、解雇の可能性を認めた。

ハースF1は、ロシアのウラジーミルプチン大統領がウクライナに侵攻したことを受け、木曜日の夜にF1マシシンとパドックの施設からタイトルスポンサーのウラルカリのブランドを削除し、金曜日のF1バルセロナテスト最終日は無地のカラーリングで走っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム