ニキータ・マゼピン、アジアン・ル・マン・シリーズ開幕戦で3位表彰台

2023年2月13日
元F1ドライバーのニキータ・マゼピン、アジアン・ル・マン・シリーズ開幕戦で3位表彰台
元F1ドライバーのニキータ・マゼピンは、先週末のアジアン・ルマン・シリーズ開幕戦ドバイ大会で3位となり、モータースポーツ復帰戦で表彰台を獲得した。

ロシアのウクライナ侵攻により2022年F1シーズンの前夜にハースF1チームのシートを失って以来、傍観者的な立場にあった23歳のニキータ・マゼピンは、今後2週間にわたって開催される4時間レースのうち最初の土曜日にスポーツカー・デビューを果たした。

ニキータ・マゼピン、アジアン・ル・マン・シリーズに参戦決定

2023年1月28日
元F1ドライバーのニキータ・マゼピン、アジアン・ル・マン・シリーズに参戦決定
元F1ドライバーのニキータ・マゼピンが、来月開催されるアジアン・ル・マン・シリーズでモータースポーツに復帰することになった。

ニキータ・マゼピンは、フォース・インディアに所属し、メルセデスF1のテストに参加した後、2021年からハースF1チームと複数年契約を結んでいた。

元F1ドライバーのニキータ・マゼピン、レースへの復帰を示唆

2023年1月24日
元F1ドライバーのニキータ・マゼピン、レースへの復帰を示唆
元ハースF1チームのF1ドライバーであるニキータ・マゼピンは、レースへの復帰を示唆した。

ニキータ・マゼピンは、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、2022年F1シーズンをハースF1チームを解雇された。当時、ハースF1チームはマゼピンの父ドミトリーが所有するロシアの会社ウラルカリとタイトルスポンサー契約を結んでいた。

ハースF1チーム代表 「マゼピン家と関係を断ち切ったのは正しかった」

2023年1月16日
ハースF1チーム代表 「マゼピン家と関係を断ち切ったのは正しかった」
ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2022年シーズンの開始に先立ってマゼピン家との関係を断ち切ったのは正しいことだったが、それはチームにとって困難な時期につながったと認める。

昨年のロシアのウクライナ侵攻を受けて、ハースF1チームはウラルカリとのスポンサー契約を一方的に終了し、ペイドライバーのニキータ・マゼピンを解雇した。

ドミトリー・マゼピンがハイテックと進めていたF1チーム設立計画

2022年12月28日
ドミトリー・マゼピンがハイテックと進めていたF1チーム設立計画
ドミトリー・マゼピンは、ハイテックとともにF1チーム設立を計画していた。ハイテックF1チームの計画はロシアのウクライナ侵攻によって姿を消したが、再び復活する可能性も否定はできない。

今年の初め、ドミトリー・マゼインのウラルカリとオリバー・オークスのハイテックは、英国政府の企業登録機関とかなりの量の活動を行っていた。1月にウラルカリ・レーシング(Uralkali Racing Limited)がHitech Grand Prix と同じ住所で法人化された。

元F1ドライバー ニキータ・マゼピン、イベント会社を設立

2022年11月7日
元F1ドライバー ニキータ・マゼピン、イベント会社を設立
元F1ドライバーのニキータ・マゼピンは、今年初めにハースF1チームを離れた後、モータースポーツ以外の新しいキャリアをスタートさせた。

ニキータ・マゼピンは、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、2022年F1シーズンが始まる前にハースF1チームから追放された。

最近Instagramに投稿したニキータ・マゼピンは「The Ninety Nine Events」と呼ばれる彼自身のイベント会社を立ち上げたことを発表した.

ニキータ・マゼピン 「ハースF1チームのことは許さない」

2022年9月26日
ニキータ・マゼピン 「ハースF1チームのことは許さない」
ニキータ・マゼピンは、ハースF1チームからオファーがあっても戻るつもりはないと語る。

モンツァで、ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーは、解雇されたロシア人のニキータ・マゼピンの法的措置の通知を受け取ったことを認めた。

元ハースF1のニキータ・マゼピン、シルクウェイラリーで優勝

2022年7月19日
元ハースF1のニキータ・マゼピン、シルクウェイラリーで優勝
元ハースF1チームのドライバーであるニキータ・マゼピンがモータースポーツに復帰。シルクウェイラリーのT3クラスで優勝した。

ニキータ・マゼピンは、ダカールラリーフィールドに含まれるクラスの1つであるSSV(side-by-side)車両での10日間のラリーレイドイベントに出場し、モータースポーツへの復帰戦で勝利を挙げた。

ニキータ・マゼピン 「F1からインディカーへの転向に興味はない」

2022年6月26日
ニキータ・マゼピン 「F1からインディカーへの転向に興味はない」
ニキータ・マゼピンは、彼の焦点をF1からインディカーに切り替えることに「興味がない」と主張する。

ロシアのウクライナ侵攻と、その結果としての西側の制裁によってハースF1チームに解雇された23歳のニキータ・マゼピンだが、F1復帰の可能性について「楽観主義者」であると主張している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

 
F1-Gate.com ホーム