ハースF1 「チーム存続には2人のルーキー起用以外に選択肢はなかった」

2021年9月21日
ハースF1 「チーム存続には2人のルーキー起用以外に選択肢はなかった」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、チームを存続させるためには2022年末でそれまでのドライバーを放出し、2021年にルーキーのミック・シューマッハとニキータ・マゼピンに後退させる以外に選択肢はなかったと語った。

今年、苦戦しているハースF1チームは、3つの主な理由でヘッドラインに登場している。際立ったペースの欠如、物議を醸すニキータ・マゼピン、マセピンとチームメイトのシューマッハの間の激化するコース内外の論争だ。

ハースF1代表 「シューマッハとマゼピンの緊張関係は話し合いで緩和」

2021年9月17日
ハースF1代表 「シューマッハとマゼピンの緊張関係は話し合いで緩和」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1イタリアGPでの接触の後、わだかまりを解くために話し合いの場を持ったとし、チームは二人のドライバーの緊張関係を和らげるために進歩していると語る。

ニキータ・マゼピンは、F1イタリアGPでハミルトンとフェルスタッペンの事故によって導入されたセーフティカー後のリスタートでミック・シューマッハを抜こうとして接触。ミック・シューマッハはスピンを喫したが、両者はレースを続行した。

ニキータ・マゼピン 「シューマッハとの交戦協定に何も変更はない」

2021年9月10日
ハースF1のニキータ・マゼピン 「シューマッハとの交戦協定に何も変更はない」
ハースF1のニキータ・マゼピンは、F1オランダGPでのチームメイトのミック・シューマッハとの接触事故の後も、コース上の交戦協定は何も分かっていないと語る。

レース序盤、ミック・シューマッハはニキータ・マゼピンを追い抜こうとしたが、インサイドのラインを守ろうとしたマゼピンと接触してフロントウイングを破損した。

ラルフ・シューマッハ、マゼピンの危険運転に憤慨「F1に彼の居場所はない」

2021年9月8日
ラルフ・シューマッハ、マゼピンの危険運転に憤慨「F1に彼の居場所はない」
ラルフ・シューマッハは、ニキータ・マゼピンの危険なドライビングに憤慨しており、F1にはマゼピンの“居場所はない”と語気を強めた。

ルーキーのニキータ・マゼピンは、様々な理由で見出しを飾っており、特にコース上での攻撃的な運転は多くのドライバーの怒りを買っている。

ミック・シューマッハ 「ニキータ・マゼピンとの状況はすぐには修復不能」

2021年9月7日
ミック・シューマッハ 「ニキータ・マゼピンとの状況はすぐには修復不能」 / ハースF1チーム
ハースF1チームでのミック・シューマッハとニキータ・マゼピンの関係は崩壊し、すぐに修復する見込みはほとんどないようだ。

今シーズン、グリッドで最も遅いマシンで後方を戦う二人のルーキーの間には幾度となくコース上で絡むシーンがあったが、F1オランダGPでもいくつかの引火点があり、ハースF1チームに頭痛の種をもたらした。

セバスチャン・ベッテルの温情でハースF1勢の降格ペナルティは回避

2021年9月5日
セバスチャン・ベッテルの温情でハースF1勢の降格ペナルティは回避 / F1オランダGP予選
セバスチャン・ベッテルのスチュワードの発言によって、ハースF1のミック・シューマッハとニキータ・マゼピンは、F1オランダGPの予選Q1でベッテルをブロックしたことへのペナルティを免れることになった。

ハースF1の両ドライバーは、Q1の最終アタックを良いポジションで進めるためにやり合っていた。そこにフライングラップのセバスチャン・ベッテルが最終コーナーで二人に近づき、マゼピンが急に向きを変えたことで、ベッテルは回避行動を強いられた。

ニキータ・マゼピン、シューマッハに激怒「故意に決まり事を破った」

2021年9月5日
ニキータ・マゼピン、シューマッハに激怒「故意に決まり事を破った」 / F1オランダGP 予選
ニキータ・マゼピンは、F1オランダGPの予選でハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハが故意に決まり事を破って自分の予選を台無しにしたと怒りを露わにした。

ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハは、Q1の終盤に最後のコーナーでトラックポジションを得るために押し合いへし合いを繰り広げ、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)のQ1アタックを妨害した。

ミック・シューマッハ、30年前の父ミハエルのF1ヘルメットをリメイク

2021年8月27日
ミック・シューマッハ、30年前の父ミハエルのF1ヘルメットをリメイク
ハースF1のミック・シューマッハは、今週末のF1ベルギーGPに30年前に父親であるミハエル・シューマッハがF1デビューを果たした際のヘルメットデザインをリメイクにしたスペシャルヘルメットを持ち込んだ。

ミハエル・シューマッハは、1991年のF1ベルギーGPで、ジョーダンからF1デビュー。スパ・フランコルシャンでジョーダン191でチームの予選ベストタイとなる7番手に入る鮮烈デビューを果たした。

ハースF1 「シューマッハが去った場合もフェラーリ系ドライバーを起用」

2021年8月21日
ハースF1 「シューマッハが去った場合もフェラーリ系ドライバーを起用」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハがチームが去ることになった場合、2022年にフェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーをF1シートの1つに配置すると語る。

ミック・シューマッハのF1における将来はまだ発表されておらず、ハースF1チームを離れる場合、フェラーリとの契約でチームはF1にステップアップするためにフェラーリのジュニアドライバーを選択する必要がある。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム