アストンマーティンF1、ミック・シューマッハ起用の噂を否定

2022年6月3日
アストンマーティンF1、ミック・シューマッハ起用の噂を否定
アストンマーティンF1のチーム代表を務めるマイク・クラックは、セバスチャン・ベッテルの後任としてミック・シューマッハが加入するとの噂を否定。ベッテルが2023年もチームに残留することに「非常に自信を持っている」と語る。

アストンマーティンF1の進歩の欠如とセバスチャン・ベッテルの潜在的なモチベーションの低下を考慮して、フェルナンド・アロンソやオスカー・ピアストリなどのドライバーがベッテルとリンクしている。

F1技術解析:ミック・シューマッハの真っ二つになった車の安全性

2022年6月1日
F1技術解析:ミック・シューマッハの真っ二つになった車の安全性
ミック・シューマッハのクラッシュはF1モナコグランプリの最もスペクタクルな瞬間だった。マシンは真っ二つに割れ、F1マシンからギアボックスは完全に外れていた。元F1デザイナーのゲイリー・アンダーソンが解析する。

国際映像がそれを映し出したとき、そして、他のF1ドライバーが通過したとき、ミック・シューマッハの事故現場は衝撃を与えた。

F1ドライバー、真っ二つになったミック・シューマッハの車は“衝撃的”

2022年5月31日
F1ドライバー、真っ二つになったミック・シューマッハの車は“衝撃的”
F1ドライバーは、モナコグランプリの決勝でのクラッシュで赤旗中断になった後、ミック・シューマッハの車が2つに分断されているのを見るのは“衝撃的”だと感じていた。

ミック・シューマッハは、モナコグランプリでドライタイヤに交換した後、スイミングプールのシケインでハースのF1カーのコントロールを失い、スピンを喫した。

ハースF1代表、シューマッハに不満「2度目のマシン大破はいただけない」

2022年5月30日
ハースF1代表、シューマッハに不満「2度目のマシン大破はいただけない」 / モナコグランプリ 決勝
ミック・シューマッハが、2022年F1モナコグランプリでの大クラッシュから無傷で済んだことにレースファンは安堵。シューマッハは事故を「とても腹立たしい」と語ったが、チーム代表のギュンター・シュタイナーは、今季2回の大クラッシュを喫したこおtに批判的だ。

ポイント圏外を走行していたミック・シューマッハは、周冠宇を追いかけていた28周目にスイミングプールでVF-22のリアのリアのコントロールを失ってバリアにクラッシュ。FP2でダニエル・リカルドがクラッシュしたのと同じ場所だ。

ミック・シューマッハ、ベッテルの後任としてアストンマーティンF1に移籍?

2022年5月28日
ミック・シューマッハ、ベッテルの後任としてアストンマーティンF1に移籍?
ハースF1チームのミック・シューマッハは、現在、2023年にセバスチャン・ベッテルに代わってアストンマーティンF1に移籍するドライバー候補のトップにいると報じられている。

アストンマーティンF1は、2022年シーズンと新しいレギュレーション時代で最高のスタートを享受できていない。現在、チームは6ポイントの獲得でコンストラクターズチャンピオンシップに位置している。

ミック・シューマッハ、Q3初出走「アップデートがなくても戦える位置にいる」

2022年5月22日
ミック・シューマッハ、Q3初出走「アップデートがなくても戦える位置にいる」 / ハースF1チーム スペインGP 予選
ミック・シューマッハ(ハースF1チーム)は、2022年F1第6戦スペイングランプリの予選を10番手で終えた。

今週末、他チームがアップデートを入れているなかで、ハースF1チームだけがアップデートなしで臨んでいる。それでも、その選択は正しかったようで、ミック・シューマッハはQ3進出を達成。前回はQ2でクラッシュしていたため、最終セッションで走行するのは今回が初めてとなる。

ラルフおじさん 「ミック・シューマッハのペースはポイントより重要」

2022年5月16日
F1:ラルフおじさん 「ミック・シューマッハのペースはポイントより重要」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、甥であるミック・シューマッハのマイアミGPでの全体的な力強いペースは、F1での初ポイントを犠牲にしたミスよりも重要だったと語る。

マイアミでは、今シーズン初めて、ミック・シューマッハはレースウィークエンド全体でハースF1チームのチームメイトであるケビン・マグヌッセンを総合的に上回った。

【接触事故】 セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハ 両者の見解

2022年5月10日
【接触事故】 セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハ 両者の見解  / 2022年 F1マイアミGP 決勝
F1マイアミGPの53周目に師弟関係にあるミック・シューマッハ(ハースF1チーム)とセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が9位を争っている際に接触。F1初ポイントを目指していたシューマッハのチャンスは潰えた。両者ともトップ10内でフィニッシュできなかったことに不満を感じつつも、お互いを非難することはしなかった。

F1での初ポイントフィニッシュを目指していたミック・シューマッハは、エステバン・オコン(アルピーヌ)と9位を争っていた際にターン17で膨らみ、セバスチャン・ベッテルに抜かれた。

ハースF1代表 「シューマッハはオーバーテイクのコツを学ぶ必要がある」

2022年5月3日
ハースF1代表 「シューマッハはオーバーテイクのコツを学ぶ必要がある」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハは、2021年にそのチャンスがなかったF1のオーバーテイクのコツを学ばなければならないと認める。

昨年、ハースF1チームはシーズンを通してバックマーカーであり、他のフィールドに大きく後れを取っていた。そのため、ルーキーシーズンのミック・シューマッハは、チームメイトのニキータ・マゼピンとのバトルしか経験できなかったと言っても過言ではない。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム