ミック・シューマッハ、実力でQ2進出に「Q3到達のチャンスも夢見た」

2021年10月10日
ミック・シューマッハ、実力でQ2進出に「Q3到達のチャンスも夢見た」 F1トルコGP 予選
ハースF1のミック・シューマッハは、F1トルコGPでのF1キャリアで初めてQ3に到達する「とてつもない」チャンスを夢見ていたと語る。

ミック・シューマッハは、F1トルコGPの予選Q1で14番タイムをマークし、自身2度目のQ2進出を果たした。Q2でシューマッハのベストタイムは、10番手のランド・ノリス(マクラーレン)よりも0.5秒強遅かった。

ミック・シューマッハ 「経験豊富なリザーブドライバーなど必要ない」

2021年10月5日
ハースF1のミック・シューマッハ 「経験豊富なリザーブドライバーなど必要ない」
ミック・シューマッハは、ハースF1が2022年にマシン開発を推し進めるために経験豊富なリザーブドライバーを雇う必要があるとは考えていない。

ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、F1ロシアGPの週末に、新人のミック・シューマッハとニキータ・マゼピンにベテランが情報を提供することでチームが恩恵を受ける可能性があると語った。

フェラーリ 「シューマッハに優れたF1マシンを与えるためにハースを支援」

2021年10月1日
フェラーリ 「シューマッハに優れたF1マシンを与えるためにハースを支援」
フェラーリの副社長を務めるピエロ・フェラーリは、偉大なドライバーであるミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハがF1でより競争力のあるマシンを得られるようにするためにハースF1を支援している認める。

フェラーリF1の育成ドライバーとして今年ハースF1チームからデビューを果たしたミック・シューマッハだが、今季は競争力に欠けるマシンで下位争いを展開している。

ミック・シューマッハ 「F1にフェラーリ/シューマッハを復活させたい」

2021年9月29日
ミック・シューマッハ 「F1にフェラーリ/シューマッハを復活させたい」
ミック・シューマッハは、将来、シューマッハの名前とフェラーリの“特別”な組み合わせをF1に“復活”させたいと語る。

現在、ミック・シューマッハは、ハースF1チームでルーキーシーズンを戦っており、2022年もチームに残留することが決定している。

ハースF1のニキータ・マゼピン、ミック・シューマッハをモスクワに招待

2021年9月24日
ハースF1のニキータ・マゼピン、ミック・シューマッハをモスクワに招待
ニキータ・マゼピンは、不仲が噂されているチームメイトのミック・シューマッハを数日間モスクワに招待した。

2021年に苦戦が続いているハースF1チームだが、新しいレギュレーションが導入される2022年には高い期待を寄せており、ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハの二人の残留が発表され、絶え間ない二人の小競り合いは和らいでいるようだ。

ハースF1代表 「発表が遅れたのはシューマッハとフェラーリの契約問題」

2021年9月24日
ハースF1代表 「発表が遅れたのはシューマッハとフェラーリの契約問題」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、2022年のドライバーラインナップの発表が遅れた背景にはミック・シューマッハとフェラーリとの契約の問題があったと語る。

ハースF1チームは、F1ロシアGPに先立って9月23日(木)にミック・シューマッハとニキータ・マゼピンが2022年もチームに残留することを発表。同じラインアップで2シーズン目を迎えることが決定した。

ハースF1、2022年のニキータ・マゼピンとミック・シューマッハの残留を発表

2021年9月23日
ハースF1、2022年のニキータ・マゼピンとミックシューマッハの残留を発表
ハースF1チームは、2022年もニキータ・マゼピンとミック・シューマッハがチームに残留することを発表した。

今年、ハースF1チームは、ドライバーラインナップを一新し、昨年のF2チャンピオンのミック・シューマッハと同5位のニキータ・マゼピンという2人のルーキーを起用。

ハースF1代表 「マゼピンとシューマッハの問題は個人的ものでない」

2021年9月23日
ハースF1代表 「マゼピンとシューマッハの問題は個人的ものでない」
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハの緊張関係は“個人的”なことが原因ではないと考えている。

今年、ハースF1は、ニキータ・マゼピンとミック・シューマッハという2人のルーキーを起用。チームは2022年に焦点を当てており、二人に経験を積ませようとしているが、当然ながら二人ともグリッドでの地位に相応しいことを証明したがっている。

ミック・シューマッハ 「父と話せるならF1キャリアを捨てたっていい」

2021年9月21日
ミック・シューマッハ 「父と話せるならF1キャリアを捨てたっていい」
ミック・シューマッハは、自分のF1キャリアと引き換えに7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハと会話をする機会を得られるのであれば、喜んで捨てると語る。

ミハエル・シューマッハは、1990年代にベネトンで2回、2000年代にフェラーリでさらに5回のF1ワールドチャンピオンを獲得した後、2006年末に1度目のF1を引退をした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム