フェルナンド・アロンソのF1継続でミック・シューマッハのシートが危機?

2022年4月30日
フェルナンド・アロンソのF1継続でミック・シューマッハのシートが危機?
フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1チームと新たに2年契約を結ぶと考えられており、それは巡り巡ってミック・シューマッハのF1での居場所を危機に晒す可能性があるとF1ジャーナリストのジョー・サワードは語る。

フェルナンド・アロンソが2023年以降もF1を継続した場合、現在のリザーブドライバーであるオスカー・ピアストリのアルピーヌF1チームでのデビューの道は閉ざされる。その場合、ピアストリはウィリアムズもしくはハースF1チームに居場所を求める可能性がある。

ケビン・マグヌッセンが明かしたミック・シューマッハの意外な最初の言葉

2022年4月28日
F1:ケビン・マグヌッセンが明かしたミック・シューマッハの意外な最初の言葉
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームの新しいチームメイトであるミック・シューマッハが自分に話しかけた言葉の珍しい選択を明らかにした。

バーレーンの開幕戦のわずか数週間前にハースF1チームに呼び戻されたケビン・マグヌッセンの復帰劇は2022年シーズンの物語のひとつ。それ以降。マグヌッセンは最初のレースでの5位入賞をはじめ、4レースのうち3レースでポイントを獲得している。

F1:ミック・シューマッハにラルフおじさんが喝 「ミスが多すぎ」

2022年4月28日
F1:ミック・シューマッハにラルフおじさんが喝 「ミスが多すぎ」
元F1ドライバーのラルフ・シューマッハは、甥であるミック・シューマッハが“ミスが多すぎる”と叱責し、スタートが強化することを課題のひとつに挙げた。

2022年シーズンのこれまで、ミック・シューマッハは、F1を1年離れていたハースF1チームの経験豊富なチームメイトのケビン・マグヌッセンのペースに匹敵することに苦労している。

「ミックがフェラーリ移籍を考えるのは3年早い」とアルファタウリF1代表

2022年4月18日
「ミックがフェラーリ移籍を考えるのは3年早い」とアルファタウリF1代表
ミック・シューマッハがフェラーリF1移籍を考えるのはまだ3年早いとアルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは語る。

今年、フェラーリF1のリザーブドライバーの任務をアントニオ・ジョビナッツィと分担するミック・シューマッハの主な仕事は、もちろん、フェラーリのカスタマーチームであるハースF1チームで結果を出すことだ。

ケビン・マグヌッセン 「ミックとの関係は過去のチームメイトと異なる」

2022年4月16日
ハースF1のケビン・マグヌッセン 「ミックとの関係は過去のチームメイトと異なる」
ケビン・マグヌッセンは、ハースF1チームで新たにチームメイトとなったミック・シューマッハを称賛し、彼との仕事上の関係は過去の他のチームメイトと経験したものとはかなり異なると語った。

今年、追放されたニキータ・マゼピンに代わってハースF1チームでF1に復帰したケビン・マグヌッセンは、チームのドライバーラインナップで長老政治家の立場に置かれた。

F1:角田裕毅とシューマッハのセーフティカー時の一件で注意勧告

2022年4月12日
F1:角田裕毅とシューマッハのセーフティカー時の一件で注意勧告
F1は、オーストラリアGPでのセーフティカー期間中にミック・シューマッハが角田裕毅への追突を回避するために左に曲がらなかければならなかった件を受け、ドライバーブリーフィングで話し合うとした。

通常、セーフティカー期間中にドライバーはリスタートに備えてタイヤに熱を入れるために急ブレーキと急加速を繰り返す。

ミック・シューマッハ 「マグヌッセンの方がチームメイトとして快適」

2022年4月7日
ハースF1のミック・シューマッハ 「マグヌッセンの方がチームメイトとして快適」
ミック・シューマッハは、今シーズンにハースF1チームでチームメイトのなったケビン・マグヌッセンの方が、全のチームメイト - ニキータ・マセピン - よりも“快適”に感じていると語った。

ミック・シューマッハは、ニキータ・マゼピンをパートナーとしてセカンドシーズンに向かうことになっていたが、2022年シーズンの開幕を目前にしてロシアのウクライナ侵攻が起こったことにより、ハースF1チームはマゼピン家とのすべての関係を断ち切った。

「ミック・シューマッハにとって2022年は試用期間」とレッドブルF1首脳

2022年4月5日
「ミック・シューマッハにとって2022年は試用期間」とレッドブルF1首脳
ミック・シューマッハのF1サウジアラビアGPでの予選クラッシュは、F1での彼にとっての“試用期間”に大きな後退をもたらす可能性がある。

2022年は、23歳のミック・シューマッハにとってハースF1チームとの2年目であり、新しいチームメイトにケビン・マグヌッセンを迎え、ガレージで“より快適”に感じていると語る。

ミック・シューマッハ、大クラッシュで損傷したシャシーを修理して使用

2022年4月4日
ミック・シューマッハ、大クラッシュで損傷したシャシーを修理して使用 / ハースF1チーム F1オーストラリアGP
ハースF1チームのミック・シューマッハは、前戦F1サウジアラビアGPで大クラッシュを喫したVF-22のシャシーを今週末のF1オーストラリアGPで使用できるようだ。

ミック・シューマッハは、F1サウジアラビアGPの予選で大クラッシュを喫し、VF-22は2つの分断され、残りの車は完全に壊れた。ハースF1チームは、スペアパーツを温存するために日曜日のレースを欠場することを決断した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム