フェラーリF1代表 「ミック・シューマッハにとって2年目が重要になる」

2021年8月19日
フェラーリF1代表 「ミック・シューマッハにとって2年目が重要になる」
フェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは、ミック・シューマッハはハースF1でのデビューシーズンで順調に進歩を遂げており、重要なのは2年目の2022年だと期待を込めている。

フェラーリは、カスタマーチームであるアルファロメオF1でキミ・ライコネンとアントニオ・ジョビナッツィを継続することが良いと判断したことで、F2チャンピオンのミック・シューマッハの唯一の選択肢、もうひとつのカスタマーチームであるハースF1に乗せることだった。

ミック・シューマッハ 「父の最初のF1マシンを運転するのは特別な経験」

2021年8月17日
ミック・シューマッハ 「父の最初のF1マシンを運転するのは特別な経験」
2世ドライバーであるミック・シューマッハが、父親であるミハエル・シューマッハのF1マシンのステアリングを握った経験について語った。

F1イギリスGPの翌日、ミック・シューマッハは、1991年に父親がスパ・フランコルシャンでF1デビューを果たしたジョーダン191のハンドルを握った。それはミックにとってユニークな経験だったが、彼の父親のF1マシンの初体験ではなかった。

フェラーリF1、ミック・シューマッハの2022年のハースF1残留を議論

2021年8月11日
フェラーリF1、ミック・シューマッハの2022年のハースF1残留を議論
フェラーリF1は、アカデミードライバーであるミック・シューマッハを2022年もハースF1に残留させることについてチームと話し合っていることを認めた。

F1のレジェンドであるミハエル・シューマッハの息子であるミック・シューマッハは、2022年にフェラーリのF1エンジンを搭載する別のチームであるアルファロメオF1に移籍する可能性が噂されている。

ミック・シューマッハ 「夏休みに来季のチームをフェラーリF1と話し合う」

2021年8月10日
ミック・シューマッハ 「夏休みに来季のチームをフェラーリF1と話し合う」
ミック・シューマッハは、2022年にどのチームに所属するかについて夏休み中にフェラーリと話し合うことを明らかにした。

現在、ミック・シューマッハは、ハースF1チームでルーキーイヤーを迎えており、チームメイトのニキータ・マゼピンよりも優位に立っている。

ハースF1代表、ミックを擁護するラルフ・シューマッハの批判に反論

2021年8月4日
ハースF1代表、ミックを擁護するラルフ・シューマッハの批判に反論
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、元F1ドライバーのラルフ・シューマッハの批判に反論した。

F1ハンガリーGPでは、ラルフ・シューマッハの甥であるミック・シューマッハがFP2で大クラッシュ。予選に出場することができなかった。

ハースF1代表、ドライバーのクラッシュ多発に忍耐の限界?

2021年8月1日
ハースF1代表、ドライバーのクラッシュ多発に忍耐の限界?
ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、チームのルーキードライバーたちのコストのかかるクラッシュを多発させていることで、許容範囲の限界に近付いている。

最新の事故は、ミック・シューマッハ。F1ハンガリーGPのフリー走行3回目にターン11でウオールにヒットし、予選までにマシンを修復することができなかった。

ミック・シューマッハ 「あと5~10分あれば予選に出走できた」

2021年8月1日
ミック・シューマッハ 「あと5~10分あれば予選に出走できた」 / ハース F1ハンガリーGP 予選
ハースF1は、F1ハンガリーの予選でニキータ・マゼピンが19番手、ミック・シューマッハはFP3でのクラッシュからマシンの修復が間に合わず、予選に出走することができなかった。

ミック・シューマッハ
「特にFP2とFP3でのマシンの感触は素晴らしかった。ウオールにヒットしてしまったのはとても残念だ。側面全体が壊れてしまい、修理して交換する必要があり、より多くの時間がかかってしまった」

ニキータ・マゼピン、ミック・シューマッハとの“不仲”報道にうんざり

2021年7月31日
ハースF1のニキータ・マゼピン、ミック・シューマッハとの“不仲”報道にうんざり
ハースF1のニキータ・マゼピンは、チームメイトのミック・シューマッハとの“不仲”が強まっていることで2022年に二人を引き離す必要があるとの報道にうんざりしている。

トラック内外での振る舞いに対する広範な批判、さらにはチームメイトとの衝突もあり、これまでのところニキータ・マゼピンに激動の2021シーズンとなっている。

ミック・シューマッハ、父がF1デビューしたジョーダン191でデモ走行

2021年7月21日
ミック・シューマッハ、父がF1デビューしたジョーダン191でデモ走行
ミック・シューマッハは7月20(火)にシルバーストンで父親であるミハエル・シューマッハが1991年にスパ・フランコルシャンで鮮烈なF1デビューを果たしたジョーダン 191でデモ走行を行った。

ハースのF1ドライバーは、アストンマーティンのセバスチャン・ベッテルとレッドブルのアレクサンダー・アルボンとともにシルバーストン・サーキットに残り、チームとピレリの2022年の18インチタイヤのテストを実施した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム