ミック・シューマッハ 「ハースF1にVF-22のシミュレーターはない」

2022年2月7日
ミック・シューマッハ 「ハースF1にVF-22のシミュレーターはない」
ミック・シューマッハは、バルセロナでのプレシーズンテストでコースに出るまでハースF1の2022年F1マシン『VF-22』を味わうことはないと語る。

ハースF1は2月4日(金)に全チームに先駆けて2022年F1マシン『VF-22』を発表。昨年はどのチームよりも早くに新車の作業を開始したと考えられているが、チームにはVF-22を試すためのシミュレーターがない。したがって、ミック・シューマッハとニキータ・マゼピンにはプレシーズンテスト前にたとえバーチャルであってもVF-22を走らせる機会はない。

ミック・シューマッハ 「2年目に大きく進歩する傾向をF1でも実現したい」

2022年1月25日
ミック・シューマッハ 「2年目に大きく進歩する傾向をF1でも実現したい」
ハースF1との初年度からの学びと経験とともに2022年に臨むミック・シューマッハは、カテゴリーでの2シーズン目に大きな進歩を遂げるという過去のトレンドを繰り返すことを望んでいる。

ミック・シューマッハは、F1デビューイヤーにポイントを獲得することはできず、教科書を汚すいくつかのクラッシュにも苦しんだ。

ミック・シューマッハ 「今は父のように周りにチームを構築しても差は出ない」

2022年1月17日
F1:ミック・シューマッハ 「今は父のように周りにチームを構築しても差は出ない」
ミック・シューマッハは、現代のF1はフィールドが全体的に接近しているため、父親のミハエル・シューマッハのようなスタイルで自分の周りにチームを構築しても“大きな違いを生む”のは難しいと考えている。

7回のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、フェラーリF1を勝利の道に戻すという期待とともにベネトンから1996年に移籍。だが、そこからチームとの初タイトルを獲得するまで5シーズンかかった。

ニキータ・マゼピン 「ミック・シューマッハとの関係はニュートラル」

2022年1月15日
ハースF1のニキータ・マゼピン 「ミック・シューマッハとの関係はニュートラル」
ニキータ・マゼピンは、ハースF1のチームメイトであるミック・シューマッハとの関係が、チームの利益に役立つ“ニュートラル”な関係に発展したと語る。

ハースF1の2021年F1マシンの競争力不足と相まって、ルーキーのニキータ・マゼピンとミック・シューマッハは、昨シーズン前半にフィールド後方で孤立したバトルを余儀なくされ、何度かコース上で対立した。

ハースF1のミック・シューマッハ 「2022年マシンの進捗はポジティブ」

2022年1月10日
ハースF1のミック・シューマッハ 「2022年マシンの進捗はポジティブ」
ハースF1のミック・シューマッハは、自分のためにF1マシンを開発する機会を楽しんでいると語り、これまでのところ、2022年F1マシンの兆候は“非常にポジティブ”だと考えている。

ルーキーシーズンを終えたミック・シューマッハは、現在、2022年のF1マシンの開発を支援するために舞台裏で作業を進めている。

セバスチャン・ベッテル 「ミックとの関係はメンターというよりも友人」

2022年1月5日
F1:セバスチャン・ベッテル 「ミックとの関係はメンターというよりも友人」
セバスチャン・ベッテルは、ミック・シューマッハとの緊密な関係は、メンターというよりも友情に基づいていると語る。

同じドイツ出身のセバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハは、レース週末に意見交換する様子がよく見られている。

ミック・シューマッハ、53歳の誕生日を迎えた父ミハエルにメッセージ

2022年1月4日
F1:ミック・シューマッハ、53歳の誕生日を迎えた父ミハエルにメッセージ
ミック・シューマッハは、1月3日(日)に53歳の誕生日を迎えた父ミハエル・シューマッハにメッセージを送った。

7度のF1ワールドチャンピオンであるミハエル・シューマッハは、2013年12月29日にフランス・グルノーブルのメリベル・リゾートでスキーを楽しんでいる最中に転倒して頭を岩に強打して頭部に重傷を負い、現在もスイスの自宅で療養を続けている。

ミック・シューマッハ、2021年F1シーズンの“クラッシュ・チャンピオン”

2021年12月22日
ミック・シューマッハ、2021年F1シーズンの“クラッシュ・チャンピオン” / 修理代ランキング
ハースF1のミック・シューマッハは、2021年のF1世界選手権で他のドライバーよりもチームの修理費用が高額なドライバーとして算出された。

Sky GermanyやBildを含めたメディアは、2021年のクラッシュによるチームの損害額を詳細に分析。今年ハースF1でデビューを果たしたミック・シューマッハは、4,212,500ユーロ(約5億4000万円)でシャルル・ルクレール(フェラーリ) - をわずかに上回って1位にランクされた。

ミック・シューマッハ、2022年はフェラーリF1のリザーブドライバーも兼務

2021年12月22日
ミック・シューマッハ、2022年はフェラーリF1のリザーブドライバーも兼務
ミック・シューマッハは、2022年のF1世界選手権でアントニオ・ジョビナッツィがその役割を果たすことが特定のレースでフェラーリF1のリザーブドライバーを務め、必要に応じてはハースを離れてフェラーリF1からレースに出場することになる。

2020年のFIA-F2チャンピオンであるミック・シューマッハは、ルーキーシーズンでチームメイトのニキータ・マゼピンを快適に上回り、競争力のないハースのF1マシンで2度のQ2進出を果たして感銘を与えた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム