メルセデスF1、ルイス・ハミルトンに年俸97億円の2年契約を提示との報道

2023年1月18日
メルセデスF1、ルイス・ハミルトンに年俸97億円の2年契約を提示との報道
ルイス・ハミルトンは、メルセデスF1から年俸7000万ユーロ(約96億7800万円)の2年契約の延長を提示されたと報じられている。

現在のルイス・ハミルトンのメルセデスF1との契約は2023年シーズン終了後に満了となるが、7回のF1ワールドチャンピオンは今後数年にわたってチームに留まりたいと何度も表明している。

メルセデスF1代表 「W14はレッドブルとの差を縮めていないかもしれない」

2023年1月17日
メルセデスF1代表 「W14はレッドブルとの差を縮めていないかもしれない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2023年F1マシン『W14』への希望について慎重なままであると主張。まだレッドブルとのギャップは縮められていないかもしれないとさえ語る。

メルセデスF1は、2022年にW13に内在する過度なポーパシングに苦戦し、チャレンジングなシーズンを過ごした。しかし、問題の根底に通達するためにシーズン中に集中的に取り組み、F1ブラジルGPでは1-2フィニッシュを達成することができた。

メルセデスF1、2023年F1マシン『W14』の製造過程をチラ見せ

2023年1月17日
メルセデスF1、2023年F1マシン『W14』の製造過程をチラ見せ
メルセデスF1は、2023年F1マシン『W14』がファクトリーで製造させていることを示すいくつかの画像をチラ見せした。

新世代F1マシンが導入された2022年は、メルセデスF1にとって最も競争力のないシーズンとなり、ジョージ・ラッセルがなんとか1勝を挙げた。したがって、メルセデスF1は、W14と名付けられたマシンでより多くの成功をもたらすことを望んでいる。

メルセデスF1、ジェームス・ボウルズの後任は置かずに継続

2023年1月16日
メルセデスF1、ジェームス・ボウルズの後任は置かずに継続
メルセデスF1は、ウィリアムズF1のチーム代表を務めるために離脱したチーフストラテジストのジェームス・ボウルズの後任を指名する予定はなく、彼の役割の一部はすでに引き継がれていると説明した。

ジェームス・ボウルズは、金曜日にウィリアムズ・レーシングの新しいチームプリンシパルとして発表され、メルセデスF1チームでの長く成功したキャリアに終止符を打った。

メルセデスF1代表、シューマッハに“デ・フリース ルート”のF1復帰を構想

2023年1月15日
メルセデスF1代表、シューマッハに“デ・フリース ルート”のF1復帰を構想
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2023年にリザーブドライバーとしてチームに加わったミック・シューマッハについて、ニック・デ・フリースのルートと同じようにF1復帰をサポートできると考えている。

ハースF1チームは、2023年にニコ・ヒュルケンベルグを起用することを決定。F1レースシートを失ったミック・シューマッハは、メルセデスF1のリザーブドライバーを務めることになった。

ハミルトン「ジェームス・ボウルズはウィリアムズF1に競争力をもたらす」

2023年1月15日
ルイス・ハミルトン「ジェームス・ボウルズはウィリアムズF1に競争力をもたらす」
ルイス・ハミルトンは、ジェームス・ボウルズが新しいF1チーム代表としてウィリアムズF1チームを競争力のある状況に戻すと確信していると語った。

ジェームス・ボウルズは過去数年間、メルセデスF1でチームストラテジーの役割を担い、ターボハイブリッド時代を通じてチームの支配に貢献した人物だった。

メルセデスF1は、2014年から2021年までコンストラクターズチャンピオンシップを8回連続で獲得し、ドライバーズタイトルを7年連続で獲得した。

メルセデスF1代表 「キャデラックとの提携はアンドレッティからの声明」

2023年1月14日
メルセデスF1代表 「キャデラックとの提携はアンドレッティからの声明」
メルセデスのF1チーム代表であるトト・ヴォルフは、アンドレッティがF1に参加する可能性について、チームのキャデラック/ゼネラルモーターズとの提携を彼らの「ステートメント」であると受け止めていると語り、これまでの否定的な立場を和らげた。

米国のレーシング界の重鎮、マイケル・アンドレッティは、パドックで何ヶ月にもわたるロビー活動を含め、F1エントリーへの支持を集めようと積極的に取り組んできた。

ミカ・ハッキネン 「ジョージ・ラッセルは今後もハミルトンを倒せる」

2023年1月14日
元F1王者ミカ・ハッキネン 「ジョージ・ラッセルは今後もハミルトンを倒せる」
2回のF1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンは、ジョージ・ラッセルにはメルセデスF1でルイス・ハミルトンを抑え込む能力があると考えている。

ジョージ・ラッセルは、2022年にフルタイムのドライバーとしてF1チームに加わる前に、数年間メルセデスのジュニアプログラムに参加し、ウィリアムズで3シーズンを過ごした。

ウィリアムズF1、ジェームス・ボウルズをF1チーム代表に任命

2023年1月13日
ウィリアムズF1、ジェームス・ボウルズをF1チーム代表に任命…メルセデスF1のチーフストラテジストを引き抜き
ウィリアムズ・レーシングは、メルセデスF1のチーフストラテジストであるジェームス・ボウルズが新しいF1チーム代表に任命されたことを発表した。

ブラックリーからグローヴへのジェームス・ボウルズの移籍は、昨シーズンの終わりにヨースト・カピートが去り、チーム代表がいなかったウィリアムズF1による大きなクーデターだ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム