フレデリック・バスール 「トト・ヴォルフと地獄のように戦う覚悟」

2023年1月31日
フェラーリF1代表フレデリック・バスール 「トト・ヴォルフと地獄のように戦う覚悟」
フェラーリF1の新チーム代表フレデリック・バスールは、チームとの最初のシーズンで、友人であるメルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフに対して「地獄のように戦う」覚悟があると語った。

現在はアルファロメオとして活動するザウバーF1チームを複数年率いてきたフレデリック・バスールは、昨年末、マッティア・ビノットの後任としてスクーデリア・フェラーリに移籍した。

メルセデスF1、FTXの債権者リストに名を連ねる

2023年1月30日
メルセデスF1、FTXの債権者リストに名を連ねる
メルセデスF1チームは、経営破綻した暗号資産(仮想通貨)交換業者FTXの何千もの債権者のリストに名を連ねている。債権者には世界で最も有名な企業もいくつか含まれている。

複数年のスポンサー契約を結んでいたFTXが11月11日に破産を申請したことを受け、メルセデスF1は唯一の勝利を収めたF1ブラジルGPの前に車からすべてのFTXのロゴを削除した。

ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1との2022年はルーキー感覚を味わった」

2023年1月29日
ジョージ・ラッセル 「メルセデスF1との2022年はルーキー感覚を味わった」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、2022年にチームに加入した最初のシーズンでまるで自分がルーキーであるかのような感覚を味わったと語った。

24歳のッジョージ・ラッセルは、2019年のF1オーストラリアGPでウィリアムズからF1デビューを果たし、昨年メルセデスのワークスチームへと卒業するまでに60回のグランプリ出走を積み重ねていた。

メルセデスF1代表 「ライバルのデザインを複製することに躊躇はない」

2023年1月29日
メルセデスF1代表 「ライバルのデザインを複製することに躊躇はない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ライバルF1チームのデザインから「間違いなく」インスピレーションを受けるだろうが、「革命は必要ない」と語る。

今月初め、トト・ヴォルフは、昨年の苦難のシーズンから運命を好転させようとしているメルセデスF1の2023マシンであるW14は「驚きに満ちたもの」になるだろうと語っていた。

ストフェル・バンドーン 「ミック・シューマッハは優先順位を考え始めるべき」

2023年1月28日
元F1ドライバーのストフェル・バンドーン 「ミック・シューマッハは優先順位を考え始めるべき」
元メルセデスF1のリザーブドライバーで、現役フォーミュラEチャンピオンのストフェル・ヴァンドーンンが、ミック・シューマッハが直面している状況について見解を示し、レースキャリアが長く停滞するのを避けるために、自分が何を望んでいるかを決めなければならないと助言した。

わずか2シーズンでハースF1チームから解雇されたミック・シューマッハ(23歳)は、現在メルセデスF1のリザーブドライバーとしてF1における自分の将来について心配していることだろう。

ルイス・ハミルトンが吐露する「F1引退後の不安」

2023年1月27日
ルイス・ハミルトンが吐露する「F1引退後の不安」
ルイス・ハミルトンは、いずれF1からの引退の時期が来たときに、どのように折り合いをつけるかについて不安を抱いていることを認める。

ルイス・ハミルトンは今後数カ月のうちにメルセデスF1との契約を更新し、記録的な8度目のドライバーズチャンピオンを目指してこのF1での活動を延長することになりそうだ。

トト・ヴォルフ 「当初はメルセデスF1に3年以上在籍するつもりはなかった」

2023年1月26日
トト・ヴォルフ 「当初はメルセデスF1に3年以上在籍するつもりはなかった」
トト・ヴォルフは、10年間もメルセデスF1のチーム代表を務めることになるとは思っていなかったとThe Timesのインタビューで語り、実際には2013年にメルセデスF1に加入した当初は3シーズン以上在籍するつもりはなかったと明かした。

トト・ヴォルフは、2009年にウィリアムズF1チームの一部を買収し、3年後にエグゼクティブディレクターに就任した。そして、2013年、メルセデスF1への移籍を決意し、新チームで同じ役割を担うことになった。

レッドブルF1首脳 「メルセデスF1はボウルズの退団で緊張をはらんでいる」

2023年1月25日
レッドブルF1首脳 「メルセデスF1はボウルズの退団で緊張をはらんでいる」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーと務めるヘルムート・マルコは、ジェームス・ボウルズが去ったことでF1のライバルであるメルセデスF1の雰囲気は「かなり緊張をはらんでいる」と主張した。

メルセデスF1で戦略ディレクターを務めていたジェームス・ボウルズは、2022年末に辞任したヨースト・カピートに後任としてウィリアムズF1にチーム代表として加入した。

ルイス・ハミルトン、幼少期のいじめ体験を告白「バナナを投げつけられ…」

2023年1月25日
F1:ルイス・ハミルトン、幼少期のいじめ体験を告白「バナナを投げつけられ…」
ルイス・ハミルトンは、幼少期に学校に通っていた頃に受けた人種的虐待の深刻さを打つ明け、「人生で最もトラウマになった」と述べた。

近年、ルイス・ハミルトンは、F1における自身のプラットフォームと発言力を利用して、黒人の権利を擁護している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム