レッドブルF1首脳「2023年はフェラーリよりもメルセデスを警戒すべき」

2023年1月9日
レッドブルF1首脳「2023年はフェラーリよりもメルセデスを警戒すべき」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、2023年のチャンピオンシップ防衛に向けて準備を進めているレッドブル・レーシングはフェラーリよりもメルセデスを警戒するべきだと考えている。

レッドブル・レーシングは、マックス・フェルスタッペンが2年連続でドライバーズチャンピオンシップを獲得して2022年を支配的に締めくくった。チームとしても2013年以来となるコンストラクターズタイトルを獲得し、22レース中17勝を挙げた。

ミハエル・シューマッハがフェラーリのF1チーム代表を断った日

2023年1月7日
ミハエル・シューマッハがフェラーリのF1チーム代表を断った日
ミハエル・シューマッハは、過去にフェラーリのF1チーム代表のオファーを断っていた。もし、表舞台から姿を消すことになったスキー事故がなければ、偉大なF1ドライバーは苦戦が続くスクーデリア・フェラーリを救うことはできただろうか?

91回勝と7回のF1ワールドチャンピオンを獲得したミハエル・シューマッハは、2006年末に1度目のF1撤退をした。当時のフェラーリ社長ルカ・ディ・モンテゼモーロによっって強制されたと広く報じられている引退は、キミ・ライコネンにドアを開いた。

エクレストン 「ハミルトンのメルセデスF1移籍で給与の負担を申し出た」

2023年1月5日
バーニー・エクレストン 「ハミルトンのメルセデスF1移籍で給与の負担を申し出た」
元F1最高責任者のバーニー・エクレストンは、2012年にメルセデスF1にルイス・ハミルトンと契約するよう促した方法を明らかにした。

6年前にルイス・ハミルトンがマクラーレンからメルセデスに移籍すると発表されたとき、それは物議をかもした。

F1:ルイス・ハミルトン 「親愛なる友人」ケン・ブロックに哀悼の意

2023年1月4日
F1:ルイス・ハミルトン 「親愛なる友人」ケン・ブロックに哀悼の意
7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、ソーシャルメディアで、55歳で亡くなったケン・ブロックに哀悼の意を表した。

ケン・ブロックの死は月曜日の夜に確認された。彼はスノーモービルの事故で負った怪我に屈した。ブロックは、ソーシャルメディア・チャンネルを通じて華麗なジムカーナの動画、さまざまなモータースポーツ カテゴリーへのエントリーでよく知られていた。

メルセデスF1代表 「フォーミュラE撤退の理由はテレビ視聴率の低さ」

2023年1月4日
メルセデスF1代表 「フォーミュラE撤退の理由はテレビ視聴率の低さ」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、メルセデスがフォーミュラEから撤退した理由として、テレビ視聴率と投資収益率の低さを挙げた。

メルセデスは、フォーミュラEに3年間参戦し、そのうち2年間はニック・デ・フリースとストフェル・バンドーンがタイトルを獲得した。

メルセデスF1技術者 「シャシーとPUはもはや別々には開発できない」

2023年1月2日
メルセデスF1技術者 「シャシーとPUはもはや別々には開発できない」
メルセデスF1は、2022年の新しいF1レギュレーションでW13の車体側の問題が非常に顕著だったため、序盤にエンジン側で抱えていた問題はあまり注目されていなかった。

バーレーンのシーズン開幕戦でのメルセデスF1エンジン勢のパフォーマンスの低さは、V6ターボハイブリッド時代のベンチマークであったハイマフォーマンスパワートレイン部門がライバルメーカーにオーバーホールされたという初期の理論を引き起こした。

ルイス・ハミルトン 「2022年シーズンの経験はメルセデスF1を強くする」

2023年1月1日
ルイス・ハミルトン 「2022年シーズンの経験はメルセデスF1を強くする」
2022年のF1世界選手権は、ルイス・ハミルトンにとって初めてともいえるネガティヴなシーズンとなった。1勝も挙げることができず、1回もポール ポジションも獲得できず、トップ5内でチャンピオンシップを終えられなかった初めてのF1シーズンだった。

メルセデスF1が、2021年のアブダビGPの亡霊を振り払うことを決意したシーズンで、チームとルイス・ハミルトンにとって事態はこれ以上悪化することはなかっただろう。そして、それは2023年のチャンピオンシップに向けて、自分自身とメルセデスをより強くするとルイス・ハミルトンは考えている。

メルセデスF1代表 「ニック・デ・フリースはレッドブルF1に乗ってほしい」

2022年12月30日
メルセデスF1代表 「ニック・デ・フリースはレッドブルF1に乗ってほしい」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは通常、レッドブルのドライバーラインナップに注目することはないだろうが、ニック・デ・フリースがいつかチャンスを得ることを望んでいると認める。

ニック・デ・フリースは、メルセデスF1チームのリザーブドライバーを務めた後、2023年にスクーデリア・アルファタウリでF1グリッドに加わる機会を与えられた。2022年のF1イタリアGPの週末に体調不良のアレックス・アルボンの代役としてウィリアムズで出場した後、多くの人に感銘を与えた。

メルセデスF1代表 「W13のバウンシングでエンジンが損傷していた」

2022年12月30日
メルセデスF1代表 「W13のバウンシングでエンジンが損傷していた」
メルセデスF1は、2022年のF1マシンがバウンシングした際のF1パワーユニットへの影響を明らかにし、エンジンに損傷を与えたと述べた。

2022年F1シーズンの初期段階で、メルセデスF1は、W13がストレートで大きくバンシングする過剰なポーパシング問題を抱えていた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム