メルセデス 「2019年に最も改善を果たしたのはホンダのF1エンジン」

2019年12月29日
メルセデス 「2019年に最も改善を果たしたのホンダのF1エンジン」
メルセデスのF1エンジン責任者を務めるアンディ・コーウェルは、2019年に最も改善を果たしたのはホンダのF1エンジンであり、開発率で言えばホンダはフェラーリを上回っていると主張する。

2015年にF1に復帰したホンダは、F1のハイブリッドテクノロジーを理解することに4年間の大半を費やした後、2019年にレッドブルとともにその努力が実を結ぶことになった。

F1 | ルイス・ハミルトン 「19歳の頃の自分はかなり未熟だった」

2019年12月29日
ルイス・ハミルトン 「19歳の頃の自分はかなり未熟だった」
F1ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは、自分の若い頃を自己批判とともに振り返り、若い世代が台頭してきていることを恐れてはいないと語る。

34歳のルイス・ハミルトンは、現役ドライバーのなかでキミ・ライコネンについて最年長のドライバーの一人となった。マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とシャルル・ルクレール(フェラーリ)は、ルイス・ハミルトンよりも12歳若い。ルーキーのランド・ノリスはまだ20歳になったばかりだ。

メルセデス 「ホンダF1の開発スピードはフェラーリをはるかに上回った」

2019年12月27日
メルセデス 「ホンダF1の開発スピードはフェラーリをはるかに上回った」
メルセデスのF1エンジン責任者を務めるアンディ・コーウェイルは、今年のホンダF1の改善を称賛。開発スピードと言う点ではホンダのF1エンジンはフェラーリをはるかに上回ったと考えている。

今年、メルセデスは前人未到のダブルタイトル6連覇を達成したが、後半戦はフェラーリとレッドブル・ホンダとの激しい戦いに直面することになった。

メルセデス 「2019年のF1エンジンではフェラーリが優位だった」

2019年12月27日
メルセデス 「2019年のF1エンジンではフェラーリが優位だった」
メルセデスのF1エンジン責任者を務め宇アンディ・コーウェルは、フェラーリの2019年のF1エンジンが他のメーカーよりも優位に立っていたと認める。

今年、フェラーリ SF90は、パッケージ全体的ではメルセデスやレッドブル・ホンダと比較してダウンフォースが不足しており、最終的にシャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルはF1ワールドチャンピオンを争うことができなかった。

メルセデスF1、2020年のタイトル争いでレッドブル・ホンダを警戒

2019年12月27日
メルセデスF1、2020年のタイトル争いでレッドブル・ホンダを警戒
メルセデスF1チームのテクニカルディレクターを務めるジェームス・アリソンは、2020年のF1世界選手権におけるレッドブル・ホンダを警戒。F1マシンを“はるかに速くする”必要があると語る。

メルセデスは前人未到のダブルタイトル6連覇を達成したが、F1エンジンに関してはフェラーリが最速となり、ホンダのF1エンジンを搭載したレッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンが3勝を挙げ、予選でも3回のポールポジションを獲得するなど競争力を向上させた。

F1 | ルイス・ハミルトン、“過去10年で最も稼いだアスリート”で10位

2019年12月26日
F1
6回のF1ワールドチャンピオンであるメルセデスのルイス・ハミルトンが、経済紙フォーブスが発表した『過去10年で最も稼いだアスリート』で10位にランクインした。

2012年にマクラーレンを離れたメルセデスに移籍するというルイス・ハミルトンの決断は、当時、多くの人々がリスクが高い移籍だと見なしていた。

メルセデスF1 「控えめなエンジンサウンドはファミリーを来場に導いた」

2019年12月25日
メルセデスF1 「控えめなエンジンサウンドはファミリーを来場に導いた」
メルセデスF1チームのエンジン責任者を務めるアンディ・コーウェルは、F1ハイブリッドエンジンの攻撃的ではない静かなサウンドがファミリーをグランプリ週末への来場に導いたと考えている。

F1エンジンは、2014年のハイブリッド時代の到来移行、エネルギー効率に関して驚くべき進歩を遂げてきた。しかし、エンジニアによって達成されたあらゆるテクノロジーは、ファンから魅力的なエンジンサウンドを奪ってしまった。

【動画】 ルイス・ハミルトン、F1タイトルを獲得した6台のマシンと再会

2019年12月25日
【動画】 ルイス・ハミルトン、F1タイトルを獲得した6台のマシンと再会
メルセデスのF1ドライバーであるルイス・ハミルトンが、過去にF1ワールドチャンピオンを獲得した6台のF1マシンと再会した。

今年、ルイス・ハミルトンは昨年に匹敵する11勝を挙げ、全ラップを完走して全戦で入賞を果。413ポイントというF1史上最多となるポイントを獲得し、自身6回目となるF1ワールドチャンピオンを獲得。ミハエルシューマッハの7回のワールドチャンピオン記録まであと一つに迫った。

メルセデスF1 「我々の最大の武器はタイヤの知識と理解力」

2019年12月25日
メルセデスF1 「我々の最大の武器はタイヤの知識と理解力」
メルセデスF1チームのテクニカルディレクターを務めるジェームス・アリソンは、過去数年間の開発面でチームが進歩した主な要因はF1タイヤの理解と知識だったとし、そこがメルセデスの“武器”だと語る。

長年にわたり、ピレリのF1タイヤ、決勝でのドライバーの結果を非常に重視していたタイヤの複雑なマネジメントは、チームの一貫したパフォーマンス能力に大きな混乱をもたらした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム