メルセデスF1 『W15』:“合法ワイヤー”フロントウイングの狙い

2024年2月20日
メルセデスF1 『W15』:“合法ワイヤー”フロントウイングの狙い
メルセデスF1は、2024年F1マシンのフロントウイングに“合法ワイヤー”ソリューションを投入し、ライバルチームを出し抜こうとしている。

メルセデスF1が独創的かつ革新的なソリューションを使用して、他社とは異なる方法で自社のマシンにさらなるパフォーマンスをもたらすことはすでにお馴染みのことであり、過去にも大胆な動きで小さな革命を起こし、ライバルとは異なる道を歩んできた。

メルセデスF1 ドリアーヌ・ピンのF1アカデミー車両のカラーリングを発表

2024年2月20日
メルセデスF1 ドリアーヌ・ピンのF1アカデミー車両のカラーリングを発表
メルセデスF1チームは、F1アカデミーを代表するドリアーヌ・ピンが女性ドライバーのみのシングルシーター・シリーズで使用するカラーリングを発表した。

カラーリングはメルセデスの2024年F1マシン『W15』に見られるものを反映したもので、ブラックを基調にグリーンのストライプとシルバーのノーズがあしらわれている。

ジョージ・ラッセルはメルセデスF1のリードドライバーの器にあらず?

2024年2月19日
ジョージ・ラッセルはメルセデスF1のリードドライバーの器にあらず?
元F1チームオーナーのエディ・ジョーダンは、ルイス・ハミルトンが2024年末にフェラーリに移籍した後、ジョージ・ラッセルがメルセデスを率いるのに適しているかどうかについて疑問を投げかけている。

メルセデスは、ハミルトンが来年の開幕からフェラーリへの移籍を交渉できる契約破棄条項を発動させたことで揺れている。

メルセデスF1 注目されなかったW15ローンチ画像の悪ふざけ

2024年2月19日
メルセデスF1 注目されなかったW15ローンチ画像の悪ふざけ
F1のローンチシーズンは、各チームがマシンを世界に公開する時期であると同時に、最高のアイデアを秘匿するためにできる限りの努力をする時期でもある。

マクラーレンの画像で異なるフロアを見かけたり、レッドブルが新車RB20のサイドポッドのインレットを隠そうとしたのは、ライバルたちの詮索好きな目を少しでも遠ざけるためだ。

ピエール・ガスリー メルセデスF1と2025年のハミルトン後任を交渉?

2024年2月19日
ピエール・ガスリー メルセデスF1と2025年のハミルトン後任を交渉?
ピエール・ガスリーのマネジメント陣が、2025年の空席についてメルセデスF1と連絡を取ると報じられている。

来年フェラーリに移籍する前にメルセデスで最後のシーズンを過ごすというルイス・ハミルトンの決断は、ドライバー市場の大混乱を引き起こすことは確実だ。来年、メルセデスがハミルトンの後任に誰を選ぶかはメリーゴーラウンドの中心にある。

ルイス・ハミルトンのフェラーリF1移籍は「Nexflixよりも影響力がある」

2024年2月18日
ルイス・ハミルトンのフェラーリF1移籍は「Nexflixよりも影響力がある」とヘルムート・マルコ
ルイス・ハミルトンが2024年のF1世界選手権を終えた後にメルセデスからフェラーリへ移籍することは、F1界で大きな波紋を呼んでいる。レッドブルのモータースポーツアドバイザー、ヘルムート・マルコがこの件について意見を述べた。

ルイス・ハミルトンの2025年に向けたフェラーリ移籍が発表されてから2週間が経過。それ以来F1史上最大のドライバー移籍と言われている。2024年はハミルトンにとってメルセデスでの12回目で最後のキャンペーンとなり、103回のレースウィナーは、この期間に6つのワールドタイトルを獲得した。

メルセデスF1 ライバルも注目のW15のトップフラップの巧妙なマウント

2024年2月18日
メルセデスF1 ライバルも注目のW15のトップフラップの巧妙なマウント
メルセデスF1の2024年F1マシン『W15』で登場した「フロントウイングのトリック」が大きな注目を集めている。レッドブルF1のヘルムート・マルコは、2024年のF1世界選手権で最も近いライバルであるメルセデスが「特別なトリック」で圧倒的な強さを誇るF1チームを打ち負かす可能性があることを認めている。

メルセデスは水曜日、ルイス・ハミルトンが2025年にフェラーリに移籍する前にレースする最後のF1マシンとなる『W15』をシルバーストーンで公開し、初披露した。

メルセデスF1 ニコ・ロズベルグやセバスチャン・ベッテルの復帰は構想外

2024年2月17日
メルセデスF1 ニコ・ロズベルグやセバスチャン・ベッテルの復帰は構想外
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフが、ルイス・ハミルトンの後任として来年は「大胆」な 人選をすると語ったとき、多くの人はそれが若手のアンドレア・キミ・アントネッリのことだと考えた。

メルセデスのジュニアドライバーはこれまで参戦してきたすべてのカテゴリーで傑出した成績を残しており、今年のF2でのルーキーシーズンで、2025年にメルセデスのF1ドライバーにステップアップする準備ができていることをヴォルフに証明できるかもしれない。

メルセデスF1代表 「かなり多くの電話やWhatsappsが届いている」

2024年2月16日
メルセデスF1代表 「かなり多くの電話やWhatsappsが届いている」
メルセデスF1のチーム代表であるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンのシートを狙う多くのスターたちからすでに声がかかっていることを認めている。

ルイス・ハミルトンが2025年に向けてメルセデスからフェラーリに移籍するという衝撃的なニュースを受け、フェルナンド・アロンソがアストンマーティンとの契約交渉を保留していると報じられている。42歳のアロンソの現在の契約は今年までで、2024年のF1グリッドの大半と同様だ。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム