リアム・ローソン F1デビューで準備ができていなかったこと

2023年12月15日
リアム・ローソン F1デビューで準備ができていなかったこと
リアム・ローソンは、スクーデリア・アルファタウリのコックピットに乗り込んだ瞬間から印象的だったにもかかわらず、2024年のF1シートを逃した悔しさを明かした。

21歳のローソンは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが22戦中19勝という記録を打ち立てた2023年のF1シーズンにおいて、最も驚くべきストーリー展開となった。

アルファタウリF1代表 「リアム・ローソンは2025年のシートに値する」

2023年11月2日
アルファタウリF1代表 「リアム・ローソンは2025年のシートに値する」
スクーデリア・アルファタウリのチーム代表フランツ・トストは、2024年にフルタイムシートを逃したリアム・ローソンが2025年にF1グリッドに立つことを支持した。

負傷したダニエル・リカルドの代役としてレッドブルのジュニアチームに帯同したローソンは、ザントフォールトでリカルドが手を骨折した後、急きょ2023年シーズンの5戦に出場。

リアム・ローソン 「スーパーフォーミュラでの成長がF1にもつながった」

2023年10月29日
リアム・ローソン 「スーパーフォーミュラでの成長がF1にもつながった」
リアム・ローソンが、2023年シーズンのスーパーフォーミュラを振り返った。

レッドブルF1の育成ドライバーであるリアム・ローソンは、レッドブル/アルファタウリのリザーブドライバーを務めながら、レッドブルのパートナーであるホンダ系のチームであるTEAM MUGENから日本のスーパーフォーミュラへ参戦した。

リアム・ローソン 「無限Hondaとの日本でのレースは楽しかった」

2023年10月29日
リアム・ローソン 「無限Hondaとの日本でのレースは楽しかった」
リアム・ローソンは、2023年のスーパーフォーミュラをランキング2位で終了。日本のファンにコメントを留めた。

レッドブルF1の育成ドライバーであるリアム・ローソンは、レッドブル/アルファタウリのリザーブドライバーを務めながら、日本のスーパーフォーミュラへ参戦した。

リアム・ローソン スーパーフォーミュラ最終戦で初ポールポジション獲得

2023年10月29日
リアム・ローソン スーパーフォーミュラ最終戦で初ポールポジション獲得
リアム・ローソンは、鈴鹿サーキットで開催されたスーパーフォーミュラ最終戦の予選で初ポールポジションを獲得した。

前日の第8戦では、笹原右京と大津弘樹のクラッシュによってレースは3周時点の結果で終了となり、6位に分類されたリアム・ローソン(TEAM MUGEN)は、ポイントリーダーの宮田莉朋に15ポイント差で迎えた日曜日。

リアム・ローソン スーパーフォーミュラのタイトルの望み遠のく

2023年10月28日
リアム・ローソン スーパーフォーミュラのタイトルの望み遠のく
リアム・ローソンは、鈴鹿サーキットで開催されたスーパーフォーミュラの決勝が中断され、スタートポジションが大きく影響した後、予選での赤旗のタイミングを嘆いた。

レースは130Rで大津弘樹と笹原右京がクラッシュにより、わずか3周で結果が確定。レッドブルF1ジュニアドライバーであるローソンは土曜日のシーズン最後から2番目のラウンドで6位にランクされた。

リアム・ローソン F1の決定は「スーパーフォーミュラに影響しない」

2023年10月27日
リアム・ローソン F1の決定は「スーパーフォーミュラに影響しない」
リアム・ローソンは、F1での当面の将来がレッドブルによって決定されたとしても、今週末に鈴鹿で行われるスーパーフォーミュラのタイトル決定戦に臨む気持ちに変わりはないと語った。

2カ月前のスーパーフォーミュラ参戦を最後に、チーム無限のドライバーであるローソンはアルファタウリの代役ドライバーとして5回のグランプリに参戦してきたが、2024年にはアルファタウリのレギュラードライバーになれないこともわかった。

リアム・ローソン 2024年のアルファタウリF1のシートを逃した心境を語る

2023年10月26日
リアム・ローソン 2024年のアルファタウリF1のシートを逃した心境を語る
リアム・ローソンは、ダニエル・リカルドに代わってスクーデリア・アルファタウリのフルタイムのレースシートを見送られ、2024年はレッドブルのリザーブドライバーを務める。

ザントフォールトでのクラッシュで中手骨を骨折したダニエル・リカルドの代役として5レースを戦う機会を得たローソンは、アルファタウリで2024年のフルタイムシートの候補に挙がっていた。

リアム・ローソン 代役として招集されるまで「F1の夢は消えつつあった」

2023年10月18日
リアム・ローソン 代役として招集されるまで「F1の夢は消えつつあった」
リアム・ローソンは、F1オランダGPでダニエル・リカルドの代役として招集される前、F1の夢が消えつつあると感じていたと告白した。

ニュージーランド出身のローソンはスーパーフォーミュラのシーズンに加え、年間を通してレッドブルとスクーデリア・アルファタウリのリザーブドライバーを務めていたが、リカルドがニック・デ・フリースに代わってローソンの後任に指名されたことで、ローソンの将来はF1の外にあるように思われた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム