レッドブルF1 ホーナーとマルコでRBの2025年ドライバーで意見の相違?

2024年6月8日
レッドブルF1 ホーナーとマルコでRBの2025年ドライバーで意見の相違?
レッドブルF1のクリスチャン・ホーナーとヘルムート・マルコの間で2025年のRBのドライバーラインナップに関して明確な意見の相違があるとスカイスポーツF1のコメンテーター、デビッド・クロフトは考えている。

RBの両ドライバーは2024年のF1シーズン終了時に契約が切れるため、候補には3名の名前が挙がっている。角田裕毅、ダニエル・リカルド、リアム・ローソンが、そのシートをめぐって競い合っている。

リアム・ローソン レッドブルにF1参戦について最後通告

2024年6月6日
リアム・ローソン レッドブルにF1参戦について最後通告
リアム・ローソンは、レッドブルが2025年に彼にフルタイムのドライブを与えない場合、F1昇格できるならば「どこででもいい」と主張している。

リアム・ローソンは、現在リザーブドライバーを務めるRBチームでのポジション獲得が濃厚視されている。昨年、ローソンは、オランダグランプリの週末に負傷したダニエル・リカルドの代役として5回のグランプリに出場した。

リアム・ローソン RBが角田裕毅とリカルド続投意向で来季F1復帰に黄信号

2024年5月31日
リアム・ローソン RBが角田裕毅とリカルド続投意向で来季F1復帰に黄信号
リアム・ローソンが2025年にF1グリッドに復帰するという希望は、RBのCEOであるピーター・バイエルが現在の角田裕毅とダニエル・リカルドのドライバーラインナップに「非常に満足している」と発言したことで、打撃を受けた。

RBのドライバーははいずれも今年で契約満了となるが、昨年のローソンの印象的なF1デビューを考えると、2025年にはフルタイムのドライバーとして起用される予定だった。

RB首脳 リアム・ローソンの2025年のF1シート昇格の話は「まだ時期尚早」

2024年4月30日
RB首脳 リアム・ローソンの2025年のF1シート昇格の話は「まだ時期尚早」
リアム・ローソンは来季RBフォーミュラ1チームでドライブする「ナンバーワン候補」だが、彼の将来は幅広いドライバー市場の発展にかかっている。RBのCEOであるピーター・バイエウは、ローソンがレッドブルのセカンドチームのドライバーの候補ではあるものの、昇格の確約はないと告白している。

ローソンは現在、RBとレッドブル・レーシングの両方でリザーブドライバーを務めており、昨シーズンはダニエル・リカルドの代わりに5レースに代役出場している。

レッドブルF1首脳 リカルドとローソンの今シーズン中の交代を除外せず

2024年4月18日
レッドブルF1首脳 リカルドとローソンの今シーズン中の交代を除外せず
レッドブルF1のアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ダニエル・リカルドが今季の残念なスタートを覆せない場合にはリザーブドライバーのリアム・ローソンと交代する可能性を排除していない。

2024年シーズンを前に、リカルドは2018年に自ら離脱したレッドブル・レーシングに復帰する意向を示していた。しかし現在に至るまで、リカルドはRBで結果を残すことができず、角田裕毅の2番手に甘んじている。

リアム・ローソン 「コンビニは行くときは絶対にローソンを探す」

2024年4月7日
リアム・ローソン 「コンビニは行くときは絶対にローソンを探す」 / F1日本GP前夜祭
リアム・ローソンが、2024年F1第4戦日本GPの前夜祭に登場。「コンビニに行くときはローソンを探す!」と断言した。

昨年、日本でスーパーフォーミュラに参戦していたリアム・ローソンは、昨年は負傷したダニエル・リカルドの代役でアルファタウリのドライバーとして日本GPに参戦。今年はレッドブル・レーシングとビザ・キャッシュアップRBのリザーブドライバーとして鈴鹿サーキットに帯同している。

ローソンは「角田裕毅とリカルドに下からプレッシャー」とRB F1首脳

2024年4月1日
リアム・ローソンは「角田裕毅とリカルドに下からプレッシャー」とRB F1首脳
ビザ・キャッシュアップRBのピーター・バイエルCEOは、リザーブドライバーのリアム・ローソンがチームの現在のレギュラードライバーである角田裕毅とダニエル・リカルドを熱くさせるのに役立っていることが重要だと語った。

ローソンは昨シーズン、ザントフォールトで行われたオランダGPのプラクティス中にリカルドが手を負傷したことを受けてF1デビューを果たし、5レースを担当した。

リアム・ローソン 2025年にF1シートを逃した場合はレッドブル退団も辞さず

2024年3月29日
リアム・ローソン 2025年にF1シートを逃した場合はレッドブル退団も辞さず
リアム・ローソンは、2025年にフルタイムのF1レースシートを確保できなければ、レッドブルからの退団も視野に入れていることを示唆した。

リアム・ローソンは2023年、負傷したダニエル・リカルドの代役としてオランダとカタールの間で5レースを戦い、シンガポールで2ポイントを獲得する活躍を見せたにもかかわらず、今季のRBシートは見送られた。

ダニエル・リカルドと交代でF1復帰報道をリアム・ローソン陣営が否定

2024年3月27日
ダニエル・リカルドと交代でF1復帰報道をリアム・ローソン陣営が否定
ダニエル・リカルドがすぐに結果を出さなければならないことに変わりはないかもしれないが、リアム・ローソンにすぐにRBのF1シートを失う危険はないようだ。

2024年F1シーズンが開幕してわずか3レースが終わったばかりだが、ダニエル・リカルドのシートが危ういという噂がすでに出始めている。この報道は、ローソンの母国ニュージランドから出たものだった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム