リアム・ローソン 角田裕毅の2024年のF1シートは「僕であるべきだった」

2024年2月27日
リアム・ローソン 角田裕毅の2024年のF1シートは「僕であるべきだった」
リアム・ローソンは、2024年のF1シートを逃した際の率直な反応がNetflixの『Drive to Survive』の新シリーズで明らかになった。

ローソンは昨シーズン、レッドブルのジュニアチームであるアルファタウリ(2024年からはRBに改名)の一員として5レースに出場し、予想外の状況でF1デビューを果たした。ダニエル・リカルドがザントフォールトで行われたオランダGPのプラクティスでクラッシュして手を骨折したためだ。

リアム・ローソン RBチームとのF1の将来は「有望でエキサイティング」

2024年2月10日
リアム・ローソン RBチームとのF1の将来は「有望でエキサイティング」
リアム・ローソンは、遅かれ早かれF1に参戦することになるであろうRBフォーミュラF1チームの将来は「有望」だと認めている。

昨年、レッドブルは負傷したアルファタウリのレギュラードライバー、ダニエル・リカルドの代役としてトップジュニアを起用。21歳のローソンは印象的なパフォーマンスを示した。

レッドブルF1のリアム・ローソン スバル・フォレスターを改造する動画企画

2024年1月28日
レッドブルF1のリアム・ローソン スバル・フォレスターを改造する動画企画
レッドブルF1チームのリザーブドライバーであるリアム・ローソンが、F1冬休みのための新たなプロジェクトとして2000年型スバル・フォレスターを改造することを明らかにした。

21歳のローソンは昨年、以前アルファタウリとして知られていたチームで負傷したダニエル・リカルドの代役として活躍し、シンガポールGPで初ポイントを獲得した。

アルファタウリF1 CEO 「フランツ・トストはリアム・ローソンに懐疑的だった」

2024年1月12日
アルファタウリF1 CEO 「フランツ・トストはリアム・ローソンに懐疑的だった」
スクーデリア・アルファタウリのCEOを務めるピーター・バイエルは、DTMのボスだったゲルハルト・ベルガーが将来のF1候補としてリアム・ローソンに注目するようレッドブルを説得するのに役立ったが、チーム代表のフランツ・トストは懐疑的だったと明かした。

ローソンは早くからカートとF4で実績を積み、2019年のトヨタ・レーシング・シリーズで完勝したことで、その年にレッドブルの若手ドライバープログラムに参加することになった。

レッドブルF1首脳 リアム・ローソンの2024年のF1出場の可能性を示唆

2024年1月6日
レッドブルF1首脳 リアム・ローソンの2024年のF1出場の可能性を示唆
レッドブルのアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、リアム・ローソンが2025年の正ドライブ獲得に向けて、2024年にさらなるF1出場のチャンスが与えられる可能性があることを示唆した。

リアム・ローソンは、2023年の開幕時と中盤の両方で、それぞれニック・デ・フリースとダニエル・リカルドにアルファタウリのF1シート獲得のチャンスを見送られていた。

「角田裕毅ではなくローソンを選択するべきだった」と元F1ドライバー

2023年12月27日
「角田裕毅ではなくローソンを選択するべきだった」と元F1ドライバー
スクーデリア・アルファタウリは、2024年F1シーズンにダニエル・リカルドとともに角田裕毅を残すことを選択したが、この決定は一部の専門家の間で意見の相違を引き起こしているようだ。そのうちの1人は、元F1ドライバーで現在はSky Sportsの解説者であるカルン・チャンドックで、リアム・ローソンの方がチームにとってより良い選択であると主張している。

リアム・ローソン F1デビューで準備ができていなかったこと

2023年12月15日
リアム・ローソン F1デビューで準備ができていなかったこと
リアム・ローソンは、スクーデリア・アルファタウリのコックピットに乗り込んだ瞬間から印象的だったにもかかわらず、2024年のF1シートを逃した悔しさを明かした。

21歳のローソンは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが22戦中19勝という記録を打ち立てた2023年のF1シーズンにおいて、最も驚くべきストーリー展開となった。

アルファタウリF1代表 「リアム・ローソンは2025年のシートに値する」

2023年11月2日
アルファタウリF1代表 「リアム・ローソンは2025年のシートに値する」
スクーデリア・アルファタウリのチーム代表フランツ・トストは、2024年にフルタイムシートを逃したリアム・ローソンが2025年にF1グリッドに立つことを支持した。

負傷したダニエル・リカルドの代役としてレッドブルのジュニアチームに帯同したローソンは、ザントフォールトでリカルドが手を骨折した後、急きょ2023年シーズンの5戦に出場。

リアム・ローソン 「スーパーフォーミュラでの成長がF1にもつながった」

2023年10月29日
リアム・ローソン 「スーパーフォーミュラでの成長がF1にもつながった」
リアム・ローソンが、2023年シーズンのスーパーフォーミュラを振り返った。

レッドブルF1の育成ドライバーであるリアム・ローソンは、レッドブル/アルファタウリのリザーブドライバーを務めながら、レッドブルのパートナーであるホンダ系のチームであるTEAM MUGENから日本のスーパーフォーミュラへ参戦した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム