レッドブル・ホンダF1、セバスチャン・ベッテル再加入の噂を鎮静化

2020年7月11日
レッドブル・ホンダF1、セバスチャン・ベッテル再加入の噂を鎮静化
レッドブル・ホンダのF1チーム代表クリスチャン・ホーナーは、今週末過熱している2021年にセバスチャン・ベッテルがチームに復帰するとの噂の鎮静化に動いた。

フェルナンド・アロンソが2021年にルノーF1で復帰したことが決定し、今シーズン限りでフェラーリF1を離脱するセバスチャン・ベッテル加入の可能性は潰えた。ベッテルにとって2021年の選択肢は限られてきている。

マックス・フェルスタッペン、安全策としてギアボックスを交換

2020年7月11日
マックス・フェルスタッペン、安全策としてギアボックスを交換 / レッドブル・ホンダ F1シュタイアーマルクGP
レッドブル・ホンダF1は、今週末のF1シュタイアーマルクGPにむけてマックス・フェルスタッペンのマシンに安全策として新品のギアボックスを搭載している。

先週末のF1オーストリアGPで、マックス・フェルスタッペンはミディアムタイヤでスタートする戦略で2番手を走り、勝利のチャンスもあったが、11周目に技術的なトラブルによってリタイアを強いられた。

アレクサンダー・アルボン 「出口でプッシュをしすぎてリアを失った」

2020年7月11日
アレクサンダー・アルボン 「コーナー出口でプッシュをしすぎてリアを失った」 / レッドブル・ホンダF1 シュタイアーマルクGP 初日
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、F1シュタイアーマルクGP初日にフリー走行を7番手タイムで終了。セッション中のスピンは「コーナー出口でプッシュをしすぎてリアを失った」と説明した。

FP1で6番手タイムを記録したアレクサンダー・アルボンは、FP2は何度かスピンをしてしまいながらも7番手をマークした。マシンで異なることをいくつか試したが、好転したものも効果がないもあったと語る。

マックス・フェルスタッペン 「先週と比べるとマシンの感触は格段にいい」

2020年7月11日
マックス・フェルスタッペン 「先週と比べるとマシンの感触は格段にいい」 / レッドブル・ホンダF1 シュタイアーマルクGP
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1シュタイアーマルクGPの初日のフリー走行でトップタイムをマーク。「先週と比べるとマシンの感触は格段にいい」と語った。

FP1はロングランにフォーカスし、FP2は予選シミュレーションを主に行われた。マックス・フェルスタッペンはFP1を2番手、FP2ではバルテリ・ボッタス(メルセデス)を抑え1分03秒660でトップに立った。

ホンダF1 「4台ともPUに問題はなくポジティブなセッション」

2020年7月11日
ホンダF1 「4台ともPUに問題はなくポジティブなセッション」 田辺豊治談 / F1シュタイアーマルクGP 初日
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、F1シュタイアーマルクGPの金曜フリー走行を振り返り、「4台ともPUに問題はなくポジティブなセッション」だったと語った。

先週末のF1オーストリアGPではレッドブル・ホンダF1の2台にPUトラブルが発生した。ホンダF1は2週連続開催となる今週末のF1シュタイアーマルクGPにむけて短い時間で問題解析と可能な限りの対策を施してセッションに挑んだ。

ホンダF1 「PUに関連するすべての電気パーツを交換して対策」

2020年7月11日
ホンダF1 「PUに関連するすべての電気パーツを交換して対策」 / F1シュタイアーマルクGP
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治は、開幕戦F1オーストリアGPにおけるレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンのトラブルについて説明した。

先週末のF1オーストリアGPで、マックス・フェルスタッペンは11周目に電気系のトラブルによってリタイア。アレクサンダー・アルボンはルイス・ハミルトンとの接触で最後尾に落ちた後、同じく電気系のトラブルでリタイアした。

ホンダF1 特集:2020年シーズン開幕戦オーストリアの舞台裏

2020年7月10日
ホンダF1 特集:2020年シーズン開幕戦オーストリアの舞台裏
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史が、2020年のF1世界選手権の再開にむけてホンダF1としてどのようなことに取り組んできたかを語った。

先週、F1オーストリアGPで2020年のF1世界選手権は見応えのあるレースで戻ってきた。レッドブル・ホンダF1にとってはダブルリタイアという望んでいた結果にはならなかったが、反撃するためのレースは翌週に控えている。

レッドブルF1首脳、ホンダF1の2020年型エンジンの予選モードを絶賛

2020年7月10日
レッドブルF1首脳、ホンダF1の2020年型エンジンの予選モードを絶賛
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダF1の2020年型エンジンの予選モードを“ハンマー(素晴らしい)”と絶賛した。

オーストリアでの2020年のF1世界選手権の初戦はレッドブル・ホンダF1にとって期待外れなものとなった。マックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンは二人とも完走することはできず、ライバルのメルセデスF1のマシンの方が強いことが明らかになった。

ホンダF1 山本雅史 「メルセデスのF1エンジンの進歩には驚かされた」

2020年7月10日
ホンダF1 山本雅史 「メルセデスのF1エンジンの進歩には驚かされた」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、メルセデスF1が2020年に成し遂げたF1エンジンの進歩に“驚いた”と認める。

新型コロナウイルスによる長い活動休止期間を経て、先週末のF1オーストリアGPで2020年のF1世界選手権は開幕。ホンダとメルセデスは開幕戦のためにアップグレード版F1エンジンを投入した。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム