ホンダ、ガスリーに感謝「長い間、一緒に戦ってくれて本当にありがとう」

2022年10月8日
F1:ホンダ、ガスリーに感謝「長い間、一緒に戦ってくれて本当にありがとう」
ホンダ(本田技研工業)は、公式TwitterでアルピーヌF1チームへの移籍が決定したピエール・ガスリーへの感謝の気持ちを投稿した。

アルピーヌF1チームは10月8日(土)、2023年のドライバーとして現在アルファタウリF1で戦うピエール・ガスリーを獲得したことを発表。来季からルノーエンジンを搭載するマシンで戦うことになった。

レッドブルF1代表、鈴鹿初日の天候で「中途半端なジレンマに直面」

2022年10月8日
レッドブルF1代表、鈴鹿初日の天候で「中途半端なジレンマに直面」 / F1日本グランプリ
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1日本GPの天候の不安定さによって、残りの週末にむけて「中途半端なジレンマ」に直面していると主張する。

3年ぶりに鈴鹿サーキットに帰ってきたF1日本GPの初日は雨に支配され、2回のプラクティスセッションでマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスは3番手と4番手でフィニッシュ。ジョージ・ラッセルがトップタイムをマークし、メルセデスが1-2で終えた。

角田裕毅、F1日本GPで母国ファンに雄姿を披露 「グッとくるものがあった」

2022年10月7日
角田裕毅、F1日本GPで母国ファンに雄姿を披露 「グッとくるものがあった」
角田裕毅は、2022年F1日本GPのフリー走行で14番手タイムを記録。母国のファンの前でトラックに出たときは「グッとくるものがあった」と語った。

昨年、スクーデリア・アルファタウリでF1デビューを果たした角田裕毅だが、残念ながら、新型コロナウイルスのパンデミックが継続していたことで、凱旋レースは実現しなかった。

【画像】 HONDAロゴがレッドブルのF1マシンに復活 / F1日本GP

2022年10月7日
【画像】 HONDAロゴがレッドブルのF1マシンに復活 / F1日本GP
2022年のF1日本GPからHONDAのロゴがレッドブルとアルファタウリのF1マシンに復活した。

ホンダとレッドブル・グループはモータースポーツのさらなる発展を目指してパートナーシップをより強化していくことを発表。残りの2022年シーズンにおいてオラクル・レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリのマシンに、HRCのロゴに加えてあらたにHondaのロゴを掲載することが発表された。

セルジオ・ペレス、F1日本GPでHONDAカラーのスペシャルヘルメット

2022年10月7日
セルジオ・ペレス、F1日本GPでHONDAカラーのスペシャルヘルメット
レッドブルF1のセルジオ・ペレスは、2022年F1日本GPにむけてスペシャルヘルメットを用意した。

「チームにとってスペシャルな週末だし、僕自身もホンダのために走る初めてのグランプリなので、日本のファンのためにスペシャルなヘルメットを用意した」とセルジオ・ペレスはコメント。

角田裕毅 2022年 F1日本グランプリ 木曜記者会見

2022年10月7日
角田裕毅 2022年 F1日本グランプリ 木曜記者会見
角田裕毅が2022年F1日本グランプリの木曜記者会見に出席。初めての母国GPについて質問に答えた。

地元のヒーロー。初めての日本グランプリにどれくらい興奮していますか?
物凄いです。空港に降り立った途端、たくさんの人がいました。ホテルの周辺にもいましたね。今朝、Netflixの人たちとグランドスタンドに行って少し撮影したのですが、木曜日のチケットは限られていたにも関わらず、たくさんの人がいました。

角田裕毅、ヘルメットに感激「めちゃめちゃかっこよくて早くも走りたい」

2022年10月7日
角田裕毅、ヘルメットに感激「めちゃめちゃかっこよくて早くも走りたい」 / F1日本GP
角田裕毅は、2022年のF1日本GPにファンがデザインしたスペシャルヘルメットで挑む。

レッドブル・ジャパンは、『#待ってたぞ鈴鹿』企画として、F1日本グランプリで角田裕毅が使用するヘルメットのデザインコンテストを実施。応募されたなかから長岡宏美さんの作品が日本GP 2022年 記念ヘルメットのデザインに選ばれた。

マックス・フェルスタッペン 「ホンダがF1にワークス復帰したら歓迎する」

2022年10月7日
マックス・フェルスタッペン 「ホンダがF1にワークス復帰したら歓迎する」
マックス・フェルスタッペンは、ホンダがレッドブルを「本当に離れたと感じたことはなかった」とし、日本グランプリで関係を強化しているホンダがF1ワークス復帰すれば歓迎すると語る。

ホンダは、2021年末に正式にF1から撤退したにもかかわらず、レッドブルはホンダのモータースポーツ部門の支援を受けて、2025年末までメーカーのパワートレインを使用する予定となっている。

角田裕毅、自らの運転で鈴鹿入り 「海老名でメロンパンを食べました」

2022年10月6日
角田裕毅、自らの運転で鈴鹿入り 「海老名でメロンパンを食べました」 / F1日本GP
角田裕毅は、F1日本GPが開催される鈴鹿サーキットでメディア対応に挑み、久しぶりの日本滞在について語った。

前日は伊勢丹新宿店でのアルファタウリのポップアップイベントやレッドブル・ジャパンの記者会見での記者会見と忙しい一日を過ごしていた角田裕毅。当初は、昨晩に新幹線で鈴鹿入りする予定だったが、トレーナーとともに車で移動することに変更したことを明かした。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム