レッドブルF1首脳 「ホンダと交渉するために日本に飛ぶ」

2022年11月24日
レッドブルF1首脳 「ホンダと交渉するために日本に飛ぶ」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ホンダと交渉するために日本に飛ぶと語った。

2026年の新世代F1パワーユニットに向けて、レッドブルはポルシェとパートナーシップについて交渉していたが、今年9月に交渉は決裂したことが発表された。

ホンダ、2026年のF1パワーユニットサプライヤー枠を仮押さえ?

2022年11月24日
ホンダ、2026年のF1パワーユニットサプライヤー枠を仮押さえ?
ホンダが、2026年のF1パワーユニットサプライヤーに暫定的にエントリーする可能性があるとRacingNews365が伝えている。

2026年のF1パワーユニットレギュレーションでは、約1000bhpを生成するハイブリッドV6ユニットが、電化システムと持続可能な燃料駆動の内燃エンジンの間で約50/50に分割されることが要求されている。

【動画】 キンプリ、F1日本GPを徹底取材 はじめてのF1(1) Hondaハート

2022年11月10日
【動画】 キンプリ、F1日本GPを徹底取材 はじめてのF1(1) Hondaハート
人気アイドルグループ『King & Prince(キンプリ)』の5人が、3年ぶりのF1日本グランプリを徹底取材!レースの舞台は、世界中から愛される鈴鹿サーキット。オラクル・レッドブル・レーシング と スクーデリア・アルファタウリのガレージに潜入する。

現在公開中のHondaハートのスペシャルムービー「ホンダ・レーシング」を取材した際に「生でF1のレースを見てみたい」とメンバーから声があがったことから、鈴鹿サーキットで開催された「 F1日本グランプリ」への取材が実現。

エイドリアン・ニューウェイ 「ホンダF1との出会いがすべてを変えた」

2022年11月7日
エイドリアン・ニューウェイ 「ホンダF1との出会いがすべてを変えた」
2019年のホンダのF1エンジンへの切り替えは、レッドブル・レーシングに新しい時代をもたらしただけでなく、デザイナーのエイドリアン・ニューウェイのモチベーションを再燃させた。

2010 年から 2013 年にかけてセバスチャン・ベッテルが F1 ドライバーズ チャンピオンシップとコンストラクターズ チャンピオンシップの両方を獲得した後、レッドブルが同じ偉業を繰り返すまでにはさらに9年かかった。

レッドブルF1首脳 「2026年の選択肢はホンダだけではない」

2022年11月7日
レッドブルF1首脳 「2026年の選択肢はホンダだけではない」
レッドブル・レーシングとポルシェのパートナーシップに関する交渉は、今年初めに決裂した。レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、チームが現在ホンダと交渉中であることを認めているが、レッドブルには他の選択肢もある。

2021年シーズンの終わりにホンダが去った後、レッドブルは独自のエンジンを開発するためにパワートレイン会社を設立た。しかし、Red Bull Powertrains は費用だけで収益がないため、チームに多額の費用がかかっている。

アロンソ 「アルピーヌF1の信頼性はマクラーレン時代のホンダと同等」

2022年11月2日
フェルナンド・フェルナンド・アロンソ 「アルピーヌF1の信頼性はマクラーレン時代のホンダと同等」
フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1チームでの苦境をホンダのF1エンジンを搭載していたマクラーレンをドライブしていたときに耐えた惨めさになぞらえた。

F1メキシコGPでフェルナンド・アロンソは再びルノーのF1パワーユニットが故障してシーズン5回目のリタイアを喫したことで激怒。シンガポールでの前回の故障からわずか3レースしか経っていない。

ホンダF1の広告『ラストデー』『挑戦って、いいもんだ。』が日経広告賞

2022年10月26日
ホンダF1の広告『ラストデー』『挑戦って、いいもんだ。』が日経広告賞
ホンダ、2021年シーズン限りでF1から撤退した後、2021年12月31日の日経新聞に出した広告『ラストデー』『挑戦って、いいもんだ。』が、日経広告賞の自動車・運輸・輸送部門の最優秀賞を獲得した。

ホンダは、2021年シーズン限りでF1から撤退。最後のレースに向けてSNSに投稿した『じゃ、最後、行ってきます。』で締めくくられるメッセ―ジには同じ日本の自動車メーカーであるトヨタが『ラストレース、ご安全に、行ってらっしゃい!』と送り出して話題を呼んだ。

ホンダF1エンジンでレッドブルが2022年F1ダブルタイトルを達成

2022年10月24日
ホンダF1エンジンでレッドブルが2022年F1ダブルタイトルを達成
ホンダがチームパートナーを務めるオラクル・レッドブル・レーシングがF1コンストラクターズチャンピオンを獲得~2022年F1ドライバーズチャンピオンとあわせダブルタイトルを達成~

2022年シーズンのF1世界選手権において、10月23日に第19戦アメリカグランプリの決勝が開催され、Oracle Red Bull Racing(オラクル・レッドブル・レーシング)のマックス・フェルスタッペンが優勝、セルジオ・ペレスが4位に入賞し、同チームは年間コンストラクターズチャンピオンを獲得した。

ホンダ 浅木泰昭 「F1撤退後もやっていることに大きな違いはない」

2022年10月19日
ホンダ 浅木泰昭 「F1撤退後もやっていることに大きな違いはない」
ホンダ・レーシング(HRC)の浅木泰昭が、F1日本GPのトークショーでF1撤退以降のホンダのF1活動について語った。

2021年にホンダがF1から撤退するまでパワーユニット開発責任者を務めていた浅木泰昭は、現在は、その役割は後進に譲り、HRCの四輪レース開発部部長という肩書で仕事をしている。
«Prev || ... 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム