レッドブルF1代表 「3基のホンダF1エンジンだけでもタイトルを獲れた」

2021年12月26日
レッドブルF1代表 「3基のホンダF1エンジンだけでもタイトルを獲れた」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンは3基のホンダのF1エンジンだでF1ワールドチャンピオンを獲得できたはずだと語る。

今シーズン限りでF1から撤退することが決定したホンダF1は、2022年シーズンに導入する予定だった新型パワーユニットを1年前倒しで導入した。

マックス・フェルスタッペン、F1王座獲得の鍵は「ニュートラルなアプローチ」

2021年12月26日
マックス・フェルスタッペン、F1王座獲得の鍵は「ニュートラルなアプローチ」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、非常に激しいルイス・ハミルトンとの戦いを制してF1ワールドチャンピオンを獲得できたのは、2021年シーズン中に「ポジティブまたはネガティブになりすぎない」ことが重要だと語る。

2021年のF1タイトル争いは、F1史上最も劇的なもののひとつであり、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは47年ぶりとなる同ポイントで最終決戦を迎えた。

ホンダF1 山本雅史MD 「最も苦しかった時期はマクラーレンとの離婚協議」

2021年12月25日
ホンダF1 山本雅史MD 「最も苦しかった時期はマクラーレンとの離婚協議」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、最も苦しかった時期として017年の第2戦バーレーンGPとその後のマクラーレンとの“既婚協議を挙げた。

2015年にマクラーレンのワークスパートナーとしてF1復帰したホンダF1は、2021年のF1アブダビGPでのラストレースでタイトルを獲得して、7年、141戦の第4期のF1活動に終止符を打った。

アルファタウリ・ホンダF1代表 「アルピーヌは運に恵まれた部分もあった」

2021年12月25日
アルファタウリ・ホンダF1代表 「アルピーヌは運に恵まれた部分もあった」
アルファタウリ・ホンダF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、コンストラクターズ選手権の5位争いで敗北を喫したアルピーヌF1はある程度の運に恵まれいたと考えている。

マシン的にはアルファタウリ・ホンダの方が競争力があることが多かった。ピエール・ガスリーは定期的に予選でQ3に進出し、トップ6でフィニッシュすることが多かった。

レッドブルF1首脳 「F1アブダビGPのクラッシュが角田裕毅だったら…」

2021年12月25日
レッドブルF1首脳 「F1アブダビGPのクラッシュが角田裕毅だったね…」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンのF1ワールドチャンピオン獲得を助けたF1アブダビGP終盤のセーフティカーのきっかけとなったクラッシュが角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)ではなかったことに胸を撫でおろしている。

残り6周でニコラス・ラティフィ(ウィリアムズ)がウオールにクラッシュしてセーフティカーが出るまでは、マックス・フェルスタッペンのF1ワールドチャンピオン獲得という希望は事実上潰えたように見えた。

レッドブルF1代表 「王座獲得でやっとホンダF1の田辺さんの笑顔が見れた」

2021年12月25日
レッドブルF1代表 「王座獲得でやっとホンダF1の田辺さんの笑顔が見れた」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1アブダビGPでドライバーズチャンピオンシップを獲得して、ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が3年間で初めて笑顔をみせてくれたと冗談交じりに語った。

マックス・フェルスタッペンが最終ラップでルイス・ハミルトンをオーバーテイクするという劇的な展開で、ラストイヤーのホンダF1は、1991年のアイルトン・セナ以来30年ぶりとなるタイトルを獲得した。

ピエール・ガスリー 「ジョビナッツィがF1を離れるのは寂しい」

2021年12月25日
アルファタウリF1のピエール・ガスリー 「ジョビナッツィがF1を離れるのは寂しい」
アルファタウリ・ホンダF1のピエール・ガスリーは、仲の良いドライバーのひとりであるアントニオ・ジョビナッツィが2021年でF1パドックを離れることになって寂しいと語る。

アルファロメオF1で3シーズンを過ごしたアントニオ・ジョビナッツィは、2022年に周冠宇にシートを奪われる形でF1を去ることになった。周冠宇は、F2をランキング3位で終えてF1に昇格する。

セルジオ・ペレス 「フェルスタッペンという指標がいるのはポジティブ」

2021年12月24日
レッドブルF1のセルジオ・ペレス 「フェルスタッペンという指標がいるのはポジティブ」
レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、2021年のF1ワールドチャンピオンを獲得したチームメイトのマックス・フェルスタッペンを称賛。彼ほど“マシンと一体となっている”ドライバーはいないとし、自分とって素晴らしいリファレンスだと語る。

昨年までレーシング・ポイントに所属していたセルジオ・ペレスは、今年からレッドブル・ホンダに加入。マックス・フェルスタッペンの新たなチームメイトとなった。

ファン・パブロ・モントーヤ 「20年前のF1ならペレスの行為は叩かれていた」

2021年12月24日
ファン・パブロ・モントーヤ 「20年前のF1ならペレスの行為は叩かれていた」
元F1ドライバーのファン・パブロ・モントーヤは、F1アブダビGPでセルジオ・ペレスがマックス・フェルスタッペンに与えサポートは、自分がF1を戦っていた時代ならば好意的に受け止められることはなかっただろうと語る。

ファン・パブロ・モントーヤが、2001年から2006年までF1に参戦。その時代の支配的なドライバーであるミハエル・シューマッハとの激しいバトルが記憶に残っている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム