アレクサンダー・アルボン 「ハミルトンとのバトルを躊躇することはない」

2020年7月10日
アレクサンダー・アルボン 「ハミルトンとのバトルを躊躇することはない」 / レッドブル・ホンダF1 シュタイアーマルクGP
レッドブル・ホンダF1のアレクサンダー・アルボンは、今週末のF1シュタイアーマルクGPでルイス・ハミルトン(メルセデスF1)をオーバーテイクするチャンスがあれば、躊躇うことなくまったく同じことをすると語った。

先週末のF1オーストリアGPで、アレクサンダー・アルボンは2位をかけてルイス・ハミルトンにバトルを仕掛けたが接触してスピン。昨年のF1ブラジルGPに続き、ハミルトンとの接触でまたもF1初表彰台のチャンスは潰えた。

セバスチャン・ベッテル 「レッドブルF1からオファーがあれば受ける」

2020年7月10日
セバスチャン・ベッテル 「レッドブルF1からオファーがあれば受ける」
セバスチャン・ベッテルは、2021年のF1シートについてルノーF1と交渉していたことを認め、また古巣レッドブルF1からオファーがあれば復帰する準備はあると語る。

セバスチャン・ベッテルは今シーズン限りでフェラーリF1を離脱することが決定。当初は双方の話し合いの結果だと伝えられていたが、実際にはフェラーリF1から突然の電話で事実上の“戦力外通告”を受けていたことを告白している。

マックス・フェルスタッペン 「雨が降れば興味深いレースになるはず」

2020年7月10日
マックス・フェルスタッペン 「雨が降れば興味深いレースになるはず」 / レッドブル・ホンダF1 シュタイアーマルクGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが、2020年のF1世界選手権 第2戦 F1シュタイアーマルクGPへの意気込みを語った。

F1ワールドチャンピオン獲得に向けて好スタートが期待されたマックス・フェルスタッペンだったが、2020年シーズンの開幕戦となった先週末のF1オーストリアGPでは、予選でメルセデス勢に0.5秒差をつけられ、決勝では11周目に不可解な電気系トラブルによってリタイアを喫した。

ホンダF1 「2台ともPUにダメージはない。第2戦でも同じPUを搭載」

2020年7月10日
ホンダF1 「2台ともPUにダメージはない。第2戦でも同じPUを搭載」 / F1シュタイアーマルクGP プレビュー
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、2020年のF1世界選手権 第2戦 シュタイアーマルクGPへの意気込みを語った。

先週末の開幕戦オーストリアGPでは、レッドブル・ホンダF1の2台にパワーユニット(PU)系のトラブルが発生してリタイアとなった。

レッドブル・リンクでの2週連続開催にむけて、ホンダF1は問題を詳細に分析。第2戦にむけて対策を施す準備を進めている。

マックス・フェルスタッペン、第2戦でスペシャルヘルメットを着用

2020年7月9日
マックス・フェルスタッペン、第2戦でスペシャルヘルメットを着用 / レッドブル・ホンダF1 シュタイアーマルクGP
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、2020年のF1世界選手権 第2戦 シュタイアーマルクGPでオランダの国旗をモチーフとしたスペシャルヘルメットを着用する。

毎年、多くのマックス・フェルスタッペンのファンである『オレンジ軍団』が訪れているレッドブルのホームレースであるレッドブル・リンクでのレースだが、今年は2連戦が開催されるも、残念ながら無観客で行われる。

レッドブル・ホンダF1、RB16の不安定さは新サスペンションが原因?

2020年7月9日
レッドブル・ホンダF1、RB16の不安定さは新サスペンションが原因?
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンは、先週末のF1オーストリアGPでコース上に留まることに苦戦を強いられた。特に金曜日のフリー走行では、低速コーナーでバランス問題が発生。それはバルセロナでのプレシーズンテストでも指摘されていた問題だが、F1ジャーナリストのマーク・ヒューズは、RB16の“ハイレーキ”コンセプトと革新的なフロントサスペンションの組み合わせに問題がある可能性があると指摘する。

フェルスタッペン 「シルバーストーンとモナコはF1マシンには不向き」

2020年7月9日
フェルスタッペン 「シルバーストーンとモナコはF1マシンには不向き」 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、F1マシンでレースをしていて特に楽しめないサーキットとしてシルバーストーンとモナコを挙げた。

シルバーストーンとモナコは、F1で多くの歴史を刻んできたF1の宝石と称えられているサーキットだが、マックス・フェルスタッペンはどちらのファンでもないと語る。

レッドブル・ホンダF1 「全レースを優勝決定戦のように臨む必要がある」

2020年7月9日
レッドブル・ホンダF1 「全レースを優勝決定戦のように臨む必要がある」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2020年の今後のシーズンを“優勝決定権”のように取り組んでいくと語る。

2020年のF1世界選手権の開幕となったF1オーストリアGPは、レッドブル・ホンダF1にとって忘れたいレースとなった。マックス・フェルスタッペンはわずか11周で奇妙な電気系のトラブルでリタイアし、アレクサンダー・アルボンはレース終盤にルイス・ハミルトンとの接触はあったが、最終的にはPUの電気系トラブルでリタイアしている。

レッドブル・ホンダF1 「メルセデスF1よりも急進的なDASを開発する」

2020年7月9日
レッドブル・ホンダF1 「メルセデスF1よりも急進的なDASを開発する」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、チームが独自のDAS(デュアル・アクシス・ステアリング)の開発に取り組んでいることを確認し、より“急進的”なシステムを選択する可能性があることを示唆している。

メルセデスF1によって設計されたDASは、ステアリングを前後にスライドさせることにより、フロントタイヤのトー角を調整できるデバイスとなっており、タイヤ温度やストレートスピードに影響を与えると考えられている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム