アルファタウリF1、2023年型AT04の『ホンダRBPT』エンジンを初始動

2023年2月2日
アルファタウリF1、2023年型AT04の『ホンダRBPT』エンジンを初始動
スクーデリア・アルファタウリは、2023年F1マシン『AT04』のエンジンを初始動。ホンダRBPT名義のF1エンジンのサウンドを公開した。

ホンダが製造し、レッドブル・パワートレインズ(RBPT)に運用されるF1エンジンは、2023年にホンダRBPTとして登録され、スクーデリア・アルファタウリとレッドブル・レーシングが搭載する。

アンドレッティ、F1だけでなくWECのハイパーカークラスへの参戦も視野

2023年1月23日
アンドレッティ、F1だけでなくWECのハイパーカークラスへの参戦も視野
アンドレッティのレーシング組織は、F1だけでなく、ル・マン24時間レースやWEC(FIA世界耐久選手権)など事業をさらに拡大することを目指しいてる。

キャデラックと組んでF1へのエントリーを提出する意向を公に発表したアンドレッティは、ウェイン・テイラー・レーシングと提携して、米国でIMSAスポーツカー選手権に参戦している。

【動画】 F1王者マックス・フェルスタッペン、ホンダHR-VのCMに登場

2023年1月19日
【動画】 F1王者マックス・フェルスタッペン、ホンダHR-VのCMに登場
レッドブル・レーシングのF1王者マックス・フェルスタッペンが、海外のホンダの広告の新しい顔をしてCMに登場した。

2023年F1シーズンの開幕まではあと数週間待たなければならないが、マックス・フェルスタッペンは、レッドブル・レーシングの新車RB19に乗り込む前に、ホンダHR-Vでイギリスの田園地帯を駆け抜けている。

ホンダF1パワーユニット、2023年に10馬力アップとの報道

2023年1月19日
ホンダF1パワーユニット、2023年に10馬力アップとの報道
レッドブルのF1マシンに搭載されるホンダ製のF1パワーユニットは10馬力アップを果たすと報じられている。

2022年を以ってF1パワーユニットの開発は凍結され、エンジンメーカーは2025年まで大きな変更を加えることはできない。ただし、F1レギュレーションでは、信頼性に取り組むことが許されている。

レッドブル、ホンダF1への知的財産権の返還をフェラーリに説明との報道

2023年1月18日
レッドブル、ホンダF1への知的財産権の返還をフェラーリに説明との報道
フェラーリは、2026年から導入される新しいF1エンジンレギュレーションに同意することを決定したとCorriere dello Sportが報じている。

フェラーリは、レッドブル・パワートレインズがニューカマーとして「優遇処置」を受けることに納得せず、2026年のF1エンジンレギュレーションに合意することを拒否したため、昨年12月行われたレギュレーション会議への参加を拒否された。

ホンダF1を第2期に導いたスピリットの共同所有者ジョン・ウィッカムが死去

2023年1月16日
ホンダF1を第2期に導いたスピリットの共同所有者ジョン・ウィッカムが死去
ホンダF1を第2期に復帰させたスピリット・レーシングの共同所有者であり、ベントレーの2003年ル・マン24時間レースでの勝利を監督したジョン・ウィッカムが、長い闘病生活の末、73歳で亡くなった。

1983年にホンダをF1に復帰させたスピリット・レーシングでの役割、およびスピード8 LM-GTPクーペでル・マンで勝利を収めたベントレーのチームディレクターとしての成功は、ジョン・ウィッカムの50年にわたるモータースポーツマネジメントのキャリアのさまざまな歴史の2つの章にすぎない。

レッドブルF1代表 「ホンダのエンジン要件に合わせてF1マシンを設計した」

2023年1月16日
レッドブルF1代表 「ホンダのエンジン要件に合わせてF1マシンを設計した」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2019年にホンダF1とのパートナーシップを開始した際、ホンダの要件に合わせてF1マシンを設計することを進んで実行したと振り返った。

レッドブル・レーシングは、2018年にルノーとの困難な関係が終わった後、アルファタウリ(当時トロロッソ)と1シーズンを戦ってそのポテンシャルを証明したホンダのF1パワーユニットを2019年シーズンにRB15に搭載した。

ホンダ 「CIVIC TYPE R-GT CONCEPT」がコンセプトカー部門 最優秀賞

2023年1月15日
ホンダ 「CIVIC TYPE R-GT CONCEPT」がコンセプトカー部門 最優秀賞 / 東京オートサロン2023
東京オートサロン2023にて開催された「東京国際カスタムカーコンテスト2023」において、ホンダが出展している「CIVIC TYPE R-GT CONCEPT(シビック タイプアール ジーティー コンセプト)」がコンセプトカー部門 最優秀賞を受賞した。

CIVIC TYPE R-GT CONCEPTは、究極のピュアスポーツ性能を追求した「CIVIC TYPE R」をベースとして、開発中のレース専用車両のデザインの方向性を示すコンセプトモデル。

ホンダ、2024年SUPER GT参戦「CIVIC TYPE R-GT CONCEPT」を発表

2023年1月13日
ホンダ、2024年SUPER GT参戦「CIVIC TYPE R-GT CONCEPT」を発表
ホンダは、2024年のSUPER GTシリーズ※GT500クラスへの参戦に向けてHRCにて開発中の「CIVIC TYPE R-GT CONCEPT(シビック タイプアール ジーティー コンセプト)」を本日、幕張メッセ(千葉県 千葉市)で開催中の「東京オートサロン2023」にて発表した。

CIVIC TYPE R-GT CONCEPTは、究極のピュアスポーツ性能を追求した「CIVIC TYPE R」をベースとして開発中のレース専用車両のデザインの方向性を示すコンセプトモデル。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム