【ライブ配信】 ホンダ 2022年 モータースポーツ参戦体制発表

2022年1月14日
【ライブ配信】 ホンダ 2022年 モータースポーツ参戦体制発表
ホンダは、1月14日(金)に2022年 モータースポーツ参戦体制発表を実施。18時からYotubeでライブ配信する。

昨シーズン限りでF1から撤退したホンダは、二輪レース活動を運営していたホンダ・レーシング(HRC)に四輪レース活動機能を追加し、ホンダのモータースポーツ体制を強化。レッドブル・グループへのF1参戦活動に関する支援もHRCが行っていく。

ホンダF1 山本雅史MD 「将来的にホンダがF1に戻ることを期待している」

2022年1月13日
ホンダF1 山本雅史MD 「将来的にホンダがF1に戻ることを期待している」
ホンダF1のマネージングディレクターを務めた山本雅史は、ホンダが将来的にF1に戻ってくると信じている。

昨シーズン限りでホンダは正式にF1から撤退したが、レッドブル・レーシングとアルファタウリのF1パワーユニットプログラムを引き継いだレッドブル・パワートレインズとのパートナーシップを通じて関与を継続している。

アルファタウリF1、2022年F1マシン『AT03』がクラッシュテストに合格

2022年1月13日
アルファタウリF1、2022年F1マシン『AT03』がクラッシュテストに合格
アルファタウリF1は、2022年F1マシン『AT03』がクラッシュテストに合格したことを発表した。

大幅なレギュレーション変更が導入され、接近したレースを生み出すためにF1マシンの基本設計は、空力に依存する哲学からグランドエフェクトカーに移行する2022年は、F1チームにとって勢力図を変える大きなチャンスだと捉えられている。

アルファタウリF1代表 「2022年は予算上限で最も困難なシーズンになる」

2022年1月13日
アルファタウリF1代表 「2022年は予算上限で最も困難なシーズンになる」
アルファタウリF1のチーム代表を務めるフランツ・トストは、2022年は予選上限のレベルまで支出することになり、管理するのが複雑な状況に陥る可能性があると語る。

2021年のF1世界選手権、F1チームは1億4500万ドルという予算上限で運営された最初のシーズンだった。上限は2022年には1億4000万ドルまで下げられる。

レッドブルF1首脳 「ペレスのハミルトンへの防御はフェアだった」

2022年1月12日
レッドブルF1首脳 「ペレスのハミルトンへの防御はフェアだった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスF1のルイス・ハミルトン“危険”だと評したF1アブダビGPでのセルジオ・ペレスのハミルトンに対する防御は“かなりフェア”なものだったと主張する。

ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンは、同ポイントでヤス・マリーナ・サーキットでの最終決戦に臨み、ポールポジションはフェルスタッペンが獲得したものの、決勝ではスタートでハミルトンがリードを奪った。

ホンダF1、2022年のE10燃料で失われる20馬力の挽回に苦戦?

2022年1月12日
ホンダF1、2022年のE10燃料で失われる20馬力の挽回に苦戦?
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ライバルメーカーはE10燃料への切り替えによるパフォーマンスの低下をすでに取り戻していると理解しているが、2022年のホンダのF1エンジンはまだ旧型の馬力に追いついていないと語る。

2022年シーズンは、空力ルールの変更以外にもF1パワーユニットに関連した多くの変更がある。

エイドリアン・ニューウェイ 「F1は複数の燃料ソリューションを検討するべき」

2022年1月12日
レッドブルF1のエイドリアン・ニューウェイ 「F1は複数の燃料ソリューションを検討するべき」
レッドブルF1の最高技術責任者であるエイドリアン・ニューウェイは、エクストリームEがどのように機能しているかを目の当たりにし、F1は未来の燃料について複数のソリューションを検討する必要があると考えている。

エイドリアン・ニューウェイは、2021年に初シーズンを迎えたエクストリームEをランキング7位で終えたベローチェ・レーシング(Veloce Racing)のマネジメントの一人でもある。

レッドブルF1技術者 「RB16Bの競争力はホンダF1を抜きにしては語れない」

2022年1月11日
レッドブルF1技術者 「RB16Bの競争力はホンダF1を抜きにしては語れない」
レッドブルF1のチーフエンジニアを務めるポール・モナハンは、2020/21年の冬の変化の“痛み”を管理し、タイトルを獲得したRB16Bを生み出したチームのさまざまな部門を称賛した。

今年導入される大幅なF1レギュレーション変更は当初2021年に計画されていたが、新型コロナウイルスのパンデミックにより、導入が1年延期された。つまり、シャシーは2020年から引き継がれた。

ホンダF1、2025年までレッドブルのエンジン運用をサポートとの報道

2022年1月10日
ホンダF1、2025年までレッドブルのエンジン運用をサポートとの報道
ホンダF1は、2022年から2025年までのF1エンジン凍結のサイクルを通してレッドブルF1とのリンクを維持することになるとRacingNews365.comは報じている。。

ホンダF1は、マックス・フェルスタッペンとF1ドライバーズワールドチャンピオンシップを獲得した後、2021年の終わりに正式にF1を離れるが、ホンダF1の知的財産権は新しく設立されたレッドブル・パワートレインズに引き継がれる。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム