フェルスタッペン F1カナダGP初日にホンダPUにトラブル「理想的ではない」

2024年6月8日
マックス・フェルスタッペン F1カナダGP初日にホンダPUにトラブル「理想的ではない」
マックス・フェルスタッペンは、2024年F1カナダGP初日の天候が混在する中、ホンダPUの技術的な問題によって走行が妨げられ、「決して望んでいたようなスタートではなかった」と述べた。

ウェット/ドライのFP1でトップ5入りを果たしたマックス・フェルスタッペンは、ドライ/ウェットコンディションのFP2でわずか4周しか走れず、タイムシートでは18番手にとどまった。

角田裕毅 「今のところRB・F1チームを出たいという強い気持ちはない」

2024年5月22日
角田裕毅 「今のところRB・F1チームを出たいという強い気持ちはない」
角田裕毅は、レッドブルF1のセカンドチームであるRBを離れたいという 「強い気持ち 」はないようだ。

角田裕毅はRBで躍進のシーズンを過ごしており、チームのホームレースであるイモラで10位フィニッシュを飾り、過去5戦で4度目のトップ10入りを果たし、ポイント数を15に伸ばしている。

角田裕毅 「本当に興味深いオファー」があればレッドブルF1離脱も視野

2024年5月21日
角田裕毅 「本当に興味深いオファー」があればレッドブルF1離脱も視野
角田裕毅は「本当に興味深いオファー 」があればレッドブルを離れる可能性があることを認めたが、長年在籍したチームにとどまることを望んでいると語った。

角田裕毅は2019年にレッドブルのアカデミーに参加して以来、レッドブルと関係を続けてきたが、今シーズン限りで契約が切れるため、角田裕毅の次の進路についてはさまざまな憶測が飛び交っている。

角田裕毅 「ホンダの支援を受けるにはアストンマーティンF1に空席が必要」

2024年5月15日
角田裕毅 「ホンダの支援を受けるにはアストンマーティンF1に空席が必要」
角田裕毅は、自分のモータースポーツキャリアの初期段階からサポートしてきたホンダが2026年以降、レッドブルを離れ、アストンマーティンとパートナーシップを結ぶ準備を進めている中で、F1における自身の将来について考えている。

2021年に当時のアルファタウリからF1デビューを果たした角田裕毅は、現在RBとして知られるチームで4シーズン目を迎えている。今季以降の計画はまだ決まっていないものの、チーム代表であるローラン・メキースは2024年に向けて「大きな一歩」を踏み出した角田を称賛している。

ホンダF1 「角田裕毅が2026年にレッドブル所属でもサポートを続けたい」

2024年5月3日
ホンダF1 「角田裕毅が2026年にレッドブル所属でもサポートを続けたい」
ホンダは、アストンマーティンF1との提携を開始する2026年にレッドブル所属のままでもサポートを続ける用意があると主張した。

ホンダは、正式にはF1から撤退したが、その決定を覆し、2026年のレギュレーション変更と同時にアストンマーティンのサプライヤーとなる。

ホンダF1 2026年F1エンジン開発は電気側から着手「計画通りに進行」

2024年5月1日
ホンダF1 2026年F1エンジン開発は電気側から着手「計画通りに進行」
ホンダF1のアストンマーティンとの新たなパートナーシップに向けた2026年F1エンジン開発は「計画通りに進んでいる」。最初は電気部品に重点が置かれている。

ホンダは、レッドブルのパワートレインパートナーとして過去6シーズンを過ごし、マックス・フェルスタッペンのドライバーズタイトル3連覇という成功を収めたが、アストンマーティンのワークスチームとなる2026年に向けて新たな取り組みを開始している。

ホンダF1 レッドブル・RB20のコンセプト変更への貢献を説明

2024年4月29日
ホンダF1 レッドブル・RB20のコンセプト変更への貢献を説明
ホンダは、エンジン凍結によりメーカーの関与が制限されているにもかかわらず、レッドブルがF1での優位性を維持するのにどのように貢献したかを説明した。

2022年にF1がグラウンドエフェクトカーに戻って以来、レッドブル・レーシングはライバルを圧倒し、昨年は1レースを除くすべてで優勝し、両方のチャンピオンシップを難なく維持した。

角田裕毅も同様?「ホンダF1は日本人との契約に圧力」とジョーダン

2024年4月26日
角田裕毅も同様?「ホンダF1は日本人との契約に圧力」とジョーダン
元F1チームオーナーのエディ・ジョーランは、ホンダが彼のチームに日本人ドライバーと契約するようプレシャーをかけてきたと自身のポッドキャスト『Formula for Success』で語り、レッドブルと角田裕毅の所属するRBでも同様の状況が起きているはずだと語った。

角田裕毅はここまでの5戦中4戦でチームメイトのダニエル・リカルドを上回っており、2025年以降にセルジオ・ペレスのシートを引き継ぐドライバーとしても注目されていた。

アストンマーティン・ホンダF1 アラムコの燃料で2026年に向けて有利な立場

2024年4月25日
アストンマーティン・ホンダF1 アラムコの燃料で2026年に向けて有利な立場
フェルナンド・アロンソは単に既存の契約を延長し拡大しただけかもしれないが、ある専門誌よると、これは戦略的な大成功かもしれないという。

Auto Motor und Sportは、2度のチャンピオンであるアロンソが2025年だけでなく2026年もアストンマーティンにとどまる動機を説明した際、ホンダとアラムコという言葉を「何度も何度も」使ったと指摘している。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム