レッドブルF1代表 「ホンダとの関係が今後も続くことを望む」

2022年4月18日
レッドブルF1代表 「ホンダとの関係が今後も続くことを望む」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ホンダとの関係が今後も続くことを望んでいると語る。

レッドブル・レーシングのエンジンサプライヤーだったホンダは、昨シーズン限りでせいしきにF1を去ったが、マックス・フェルスタッペンのF1ワールドチャンピオン獲得の後、両社が別れるのは難しいことを証明している。

レッドブルF1首脳 「2017年にホンダを説得するのは簡単ではなかった」

2022年4月17日
レッドブルF1首脳 「2017年にホンダを説得するのは簡単ではなかった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2017年にホンダをF1にとどまることを説得するのは「簡単ではなかった」と語る。

マックス・フェルスタッペンの最初のF1ワールドチャンピオン獲得へのホンダの貢献は、昨年のアブダビでの決定的なレース以来、高く評価された。

しかし、マクラーレンとのパートナーシップに失敗した2017年の時点で、ホンダはすでにF1をやめたいと思っていた。

レッドブルF1のパワーユニットの“知識”に疑問の声

2022年4月13日
レッドブルF1のパワーユニットの“知識”に疑問の声
F1解説者のダビデ・バルセッキは、ホンダのF1撤退後、レッドブルがF1エンジンを管理するために必要な知識を持っているかどうかを疑問視している。

レッドブルとホンダの関係は2018年に姉妹チームのトロロッソでのエンジン供給でスタート。その年のパフォーマンスは2019年からレッドブル・レーシングにパートナーシップを拡大するのに十分なものだった。

レッドブルF1代表 「故障したパーツはホンダに送って調査する」

2022年4月11日
レッドブルF1代表 「故障したパーツはホンダに送って調査する」
レッドブル・レーシングのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンのF1オーストラリアGPでのリタイアは、燃料システムの問題であることを示唆した。

マックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレール(フェラーリ)に次ぐ2番手を走行していた39周に、突然、車を止めた。車の後部には炎が出ており、フェルスタッペンはマーシャルに消火を指示した。

リカルド 「レッドブルF1がタイトル争いに戻ると分かった上で離れた」

2022年4月8日
ダニエル・リカルド 「レッドブルF1がタイトル争いに戻ると分かった上で離れた」
ダニエル・リカルドは、レッドブルF1を離脱することを“最悪のタイミング”で決断したとしたクリスチャン・ホーナーの発言に応えた。

ダニエル・リカルドは2018年の終わりにレッドブルF1を去り、ルノーF1へと移籍してパドックに衝撃を与えたが、比較的不運な移籍となり、2年間を過ごした後、マクラーレンへと移籍した。

レッドブルF1代表 「ホンダPUのトラブル多発は懸念事項」

2022年3月30日
レッドブルF1代表 「ホンダPUのトラブル多発は懸念事項」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、姉妹チームのスクーデリ・アルファタウリにホンダPU関連のトラブルが多発していることを懸念しており、問題が特定され、修正されることを願っていると語る。

開幕戦でダブルリタイを喫していたレッドブルは、F1サウジアラビアGPでマックス・フェルスタッペンが優勝、セルジオ・ペレスが4位とダブルポイントフィニッシュを果たすことができたが、クリスチャン・ホーナーの心配は尽きない。

「ホンダのF1エンジンはフェラーリよりも優れている」とカルロス・サインツ

2022年3月25日
「ホンダのF1エンジンはフェラーリよりも優れている」とカルロス・サインツ
スクーデリア・フェラーリのカルロス・サインツは、ホンダのF1エンジンはフェラーリのものよりも優れていると語る。

昨シーズンを新レギュレーションに集中させたスクーデリア・フェラーリは、2022年F1開幕戦バーレーングランプリを1-2フィニッシュで制し、1000馬力以上を誇るF1エンジンの分野でフェラーリがリードしていることにほとんどの人が合意している。

F1:「歓喜 ホンダF1 苦節7年、ファイナルラップで掴みとった栄冠」発売

2022年3月24日
F1:『歓喜 ホンダF1 苦節7年、ファイナルラップで掴みとった栄冠』発売
2021年シーズンにF1で30年ぶりにチャンピオンを獲得したホンダF1の舞台裏を描いた書籍『歓喜 ホンダF1 苦節7年、ファイナルラップで掴みとった栄冠』が2022年3月24日(木)に発売された。

■苦節7年、劇的にチャンピオンを獲得したホンダF1の舞台裏を描く
1991年のアイルトン・セナ以来、30年ぶりにチャンピオンを獲得したホンダF1、熱き戦いの物語。2021年最終戦のファイナルラップで劇的な勝利を挙げ、歓喜のチャンピオンを獲得した。

レッドブル&HRC連合、4台中3台がリタイアの悪夢のような初陣

2022年3月22日
レッドブル&HRC連合、4台中3台がリタイアの悪夢のような初陣 / F1バーレーンGP決勝
ホンダがF1から撤退し、HRC(ホンダ・レーシング)が製造したF1エンジンをレッドブル・パワートレインズのバッチをつけて運用する初戦となった2022年F1開幕戦バーレーングランプリは、4台中3台がパワーユニットに関連するトラブルでリタイアという悪夢のようなレースとなった。

今季、レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリが搭載するレッドブル・テクノロジーの名を関したF1エンジンは日本のHRCで製造されている。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム