ザウバー、ホンダの育成ドライバーの起用を示唆

2017年5月24日
ザウバー ホンダ F1
ザウバーのチーム代表モニーシャ・カルテンボーンは、ホンダとの新たなエンジン契約によって将来的に日本人ドライバーを起用する可能性に前向きだと語る。

2018年、ホンダはF1エンジンプログラムを拡大し、マクラーレンとのパートナーシップに加えて、カスタマーとしてザウバーにパワーユニットを供給する。

ジェンソン・バトン 「モナコGPで入るアップデートは“大きなステップ”」

2017年5月24日
ジェンソン・バトン F1 モナコGP マクラーレン・ホンダ
ジェンソン・バトンは、F1モナコGPでマクラーレン・ホンダが投入するアップグレードは“大きなステップ”を約束されており、それが今週末のF1復帰で成功できるという自信に繋がっていると述べた。

マクラーレン・ホンダのリザーブドライバーを務めるジェンソン・バトンは、インディ500に参戦するフェルナンド・アロンソの代役として1戦限りの復帰を果たす。

ストフェル・バンドーン:2017 F1モナコGP プレビュー

2017年5月24日
ストフェル・バンドーン F1 モナコGP マクラーレン・ホンダ
ストフェル・バンドーンが、F1モナコGPへの意気込みを語った。

ストフェル・バンドーン (マクラーレン・ホンダ)
「スペインGPの結果はフラストレーションを感じたし、もちろん僕たちが求めていた結果ではなかったけど、それでも週末からいくつかポジティブなことを見つけることができた」

ホンダF1 「モナコGPではポイントフィニッシュを目指す」

2017年5月23日
ホンダ F1 モナコGP
ホンダのF1プロジェクト総責任者を務める長谷川祐介が、F1モナコGPへの意気込みを語った。

「今週は、マクラーレン・ホンダの全員にとって特別な1週間です。F1の至宝であるモナコGPに向かうだけでなく、ジェンソンがレースに戻り、フェルナンドがインディ500に参戦します」と長谷川祐介はコメント。

ホンダ八郷社長、ニッキー・ヘイデンに哀悼の意 「大きな驚きと悲しみ」

2017年5月23日
ニッキー・ヘイデン 死去
ホンダは、交通事故で他界したニッキー・ヘイデンに哀悼の意を表した。八郷隆弘社長のコメントを発表した。

スーパーバイク世界選手権にRed Bull Honda World Superbike Teamから参戦中のニッキー・ヘイデン(アメリカ35歳)は、イタリアのイモラサーキットで開催された第5戦後に同国リミニ近郊で自転車トレーニング中、自動車との接触事故に遭い、地元の病院に緊急搬送された。

ジェンソン・バトン、F1モナコGPで復帰 「準備はできている」

2017年5月23日
ジェンソン・バトン F1 マクラーレン・ホンダ
ジェンソン・バトンが、今週末のF1モナコGPでの1戦限りのF1復帰について語った。

昨年末でF1引退を表明したジェンソン・バトンは、今年、マクラーレン・ホンダのアンバサダー兼リザーブドライバーの役割を引き受け、1年間のサバティカルを選択した。

しかし、フェルナンド・アロンソがF1モナコGPを欠場してインディ500に参戦することが決定したことで、今週末のモナコGPで1戦限りのF1復帰を果たす。

【インディ500】 ホンダ:予選 ポールデー レポート

2017年5月23日
インディ500 予選 ポールデー
世界一の歴史を誇るインディアナポリス500(インディ500)の独特な予選が行われ、Hondaドライバーのスコット・ディクソン(Chip Ganassi Racing)が今年のポールポジションを獲得した。

スターティンググリッドを決める予選は単独走行での4周連続アタックで競われ、各自の記録はラップタイムではなく、4周の平均時速で表されるのがインディ流。予選が土曜日と日曜日の2日間に渡って開催されるのも今大会ならでは。

【SUPER GT】 ホンダ:第3戦 オートポリス 決勝レポート

2017年5月22日
SUPER GT オートポリス ホンダ
2017 オートバックス SUPER GT第3戦「SUPER GT IN KYUSHU 300km」の決勝レースが5月21日(日)、大分県日田市のオートポリスで行われた。

昨日の予選でポールポジションを獲得した#100 RAYBRIG NSX-GT(山本/伊沢)は、レースがスタートすると見る間に後続を引き離し、順調に5周で6秒以上のマージンを築いた。ところが、アクシデントに伴い6周目からセーフティーカーが導入されたために、そのリードを失ってしまい、思うようなレース運びができない。

【MotoGP】 ホンダ:第5戦 フランスGP 決勝レポート

2017年5月22日
MotoGP フランスGP ホンダ
MotoGP 第5戦フランスGPは青空の広がる絶好のコンディションのもとで行われました。最高気温は21℃。3日間を通じて最も暖かい一日となり、熱戦が繰り広げられた。

その中でダニ・ペドロサ(Repsol Honda Team)が、13番グリッドからすばらしい追い上げをみせて3位でフィニッシュ。第3戦アメリカズGPでの3位、前戦スペインGPでの優勝に続き、3戦連続で表彰台に立った。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム