ホンダF1 「異例の形式のイモラは事前のシミュレーションが重要になる」

2020年10月30日
ホンダF1 「異例の形式のイモラは事前のシミュレーションが重要になる」と田辺豊治TD / F1エミリア・ロマーニャGP プレビュー
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、2020年のF1世界選手権 第13戦 F1エミリア・ロマーニャGPへの意気込みを語った。

F1エミリア・ロマーニャGPの舞台は、14年ぶりのF1開催となるイタリアのイモラ・サーキット。ホンダF1は、前回開催の2006年サンマリノGPには、ジェンソン・バトンとルーベンス・バリチェロを擁して参戦。特に予選で印象的な走りを見せ、バトンが2番手、バリチェロが3番手を獲得した。

マックス・フェルスタッペン 「イモラはカレンダーへのクールな追加」

2020年10月30日
マックス・フェルスタッペン 「イモラはカレンダーへのクールな追加」 / レッドブル・ホンダ F1エミリア・ロマーニャGP プレビュー
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが、2020年のF1世界選手権 第13戦 F1エミリア・ロマーニャGPへの意気込みを語った。

以前にF1サンマリノGPの開催地だったイモラ・サーキットは、新型コロナウイルスによって2020年のF1世界選手権で改訂されたことによってカレンダーに戻ってくる。同サーキットでのF1開催は2006年以来となる。

「アルボンのレッドブルF1のシート喪失はボルトガルGPで決定づけられた」

2020年10月30日
「アルボンのレッドブルF1のシート喪失はボルトガルGPで決定づけられた」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのジョリオン・パーマーは、アレクサンダー・アルボンが2021年のレッドブル・ホンダのシートを確保するための時間はもはや尽きたと考えており、F1ポルトガルGPの不甲斐ない内容は“シート喪失を決定づけた”と付け加えた。

F11ポルトガルGPでマックス・フェルスタッペンが3位表彰台を獲得したのに対し、困難な2020年シーズンとなっているアレクサンダー・アルボンは、6番グリッドからスタートで後退して周回遅れの12位でフィニッシュした。

「レッドブルF1の問題はアルボンではなくフェルスタッペン仕様のマシン」

2020年10月30日
「レッドブルF1の問題はアルボンではなくフェルスタッペン仕様のマシン」とミカ・ハッキネン
2回のF1ワールドチャンピオンであるミカ・ハッキネンは、レッドブル・レーシングでアレクサンダー・アルボンは苦境に陥っているのはマックス・フェルスタッペンのドライビングスタイルに合わせて特別に設計されたマシンに原因があると考えている。

昨年、トロロッソで有望なF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンはシーズン途中にレッドブル・レーシングに昇格。2年目となる今年はマックス・フェルスタッペンに迫るパフォーマンスを発揮することが期待されていた。

マックス・フェルスタッペン、チームメイトにヒュルケンベルグを推薦?

2020年10月30日
マックス・フェルスタッペン、チームメイトにヒュルケンベルグを推薦? / レッドブル・ホンダF1
マックス・フェルスタッペンは、レッドブルF1の首脳陣に2021年のチームメイトとしてニコ・ヒュルケンベルグを望んでいることを伝えたと報じられている。

アレクサンダー・アルボンが今シーズン苦戦し、ピエール・ガスリーのアルファタウリ・ホンダへの残留が確定したことから、2021年にニコ・ヒュルケンベルグがレッドブル・ホンダでマックス・フェルスタッペンのチームメイトを務める可能性は高まっているようだ。

レッドブルF1代表、ピエール・ガスリーを復帰させなかった理由を説明

2020年10月30日
レッドブルF1代表、ピエール・ガスリーを復帰させなかった理由を説明
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、ピエール・ガスリーを2021年にレッドブル・レーシングに復帰させなかったのは、アルファタウリ・ホンダで非常に好成績を収めているからだと説明した。

今季、レッドブル・レーシングのドライバーを務めるアレクサンダー・アルボンは期待された収められておらず、シート喪失が噂されているが、レッドブルF1の首脳陣は決してピエール・ガスリーを交代要員としてリストアップすることはなかった。

「レッドブルF1はヒュルケンベルグと契約するべき」とエクレストン

2020年10月29日
「レッドブルF1はヒュルケンベルグと契約するべき」とエクレストン
元F1最高経営責任者のバーニー・エクレストンは、レッドブル・ホンダは2021年にアレクサンダー・アルボンに変えてニコ・ヒュルケンベルグと契約するべきだと主張する。

今シーズン、アレクサンダー・アルボンは期待されたパフォーマンスを発揮できず、チームのタイトル争いに貢献できなかった。その結果、来季のレッドブル・ホンダのシート喪失が噂されており、後任候補にはニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスの名前が挙げられている。

レッドブルF1代表 「金銭的理由でセルジオ・ペレスという選び方はしない」

2020年10月29日
レッドブルF1代表 「金銭的理由でセルジオ・ペレスという選び方はしない」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスをドライバーに起用する場合は金銭的な理由だとの推測を否定した。

アレクサンダー・アルボンが期待されたパフォーマンスを示していないことで、2021年のレッドブル・レーシングのセカンドシートには様々な噂が飛び交っている。

ホンダF1 特集:1986年エストリル - セナに完勝したマンセル

2020年10月29日
ホンダF1 特集:1986年エストリル - セナに完勝したマンセル
先週末は、アルガルベ・インターナショナル・サーキットでのF1初開催となったが、ポルトガルでのグランプリ開催には長い歴史がある。

初めてF1ポルトガルGPが開催されたのは、1958年。同国北部のポルトに設置された市街地コース、ボアビスタ・サーキットだった。翌年は首都リスボンの公道を舞台にしたモンサント・サーキットで行われ、1960年には再びボアビスタでの開催となった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム