FIA会長 「アンドレッティがF1エンジン契約なしで放置されることはない」

2023年10月16日
FIA会長 「アンドレッティがF1エンジン契約なしで放置されることはない」
FIA(国際自動車連盟)のモハメド・ビン・スライエム会長は、アンドレッティの計画が現時点で不透明であるにもかかわらず、F1参戦を果すことになった場合、エンジン契約放置されることはないと述べた。

アンドレッティは、FOMとの商業契約に合意することを条件に、早ければ2025年からF1グリッドに加わることをFIAから承認されたが、参戦が保証されたものではない。

角田裕毅、トヨタのF1への関わりは「興味深い」が「僕はホンダ一筋」

2023年10月16日
角田裕毅、トヨタのF1への関わりは「興味深い」が「僕はホンダ一筋」
角田裕毅は、平川亮がマクラーレンF1チームのリザーブとして契約しているにもかかわらず、トヨタがF1への移籍を準備しているとは信じていない。

平川亮は、マクラーレンF1チームのアレックス・パロウの後任として発表され、トヨタとのWECとスーパーフォーミュラ参戦とリザーブドライバーを兼任することになった。

レッドブル・パワートレインズ、F1活動初期ですでに大幅な利益を計上

2023年10月12日
レッドブル・パワートレインズ、F1活動初期ですでに大幅な利益を計上
レッドブルの新しいF1パワートレイン部門であるレッドブル・パワートレインズは、まだ初期段階にあるにもかかわらず、すでに大幅な利益を記録している。

ホンダが2021年末にF1から撤退したことを受け、レッドブルは当初、2026年の新レギュレーション導入を考慮して独自のシステムを構築しながら、2025年までホンダのF1パワーユニットを維持することを選択することで、F1へのコミットメントを強調した。

レッドブルF1首脳 「角田裕毅のアストン移籍はまず我々との合意が必要」

2023年10月12日
レッドブルF1首脳 「角田裕毅のアストン移籍はまず我々との合意が必要」
レッドブルF1のアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、アストンマーティンへの移籍が噂される角田裕毅について、興味を持っているチームはまずレッドブルと合意に達する必要があると語った。

角田裕毅は、2026年にアストンマーティンF1チームのファクトリーパワーユニットパートナーとなるホンダとの関係を考慮すると、将来シルバーストンに本拠を置くチームに移籍する可能性があると言われている。

角田裕毅 「ホンダF1との関係がレッドブルに誤解を与えないことを願う」

2023年10月9日
角田裕毅 「ホンダF1との関係がレッドブルに誤解を与えないことを願う」
角田裕毅は、ホンダとの関係によって、レッドブルとの間に「誤解」が生じないことを願っていると語る。

ホンダは、2026年にエンジンパートナーをレッドブルからアストンマーティンに切り替えることになっており、角田裕毅の将来に疑問が生じている。

ホンダ、フェルスタッペンのF1王座3連覇を祝福「引き続き全力でサポート」

2023年10月9日
ホンダ、フェルスタッペンのF1王座3連覇を祝福「引き続き全力でサポート」
ホンダが、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)のドライバーズチャンピオン3連覇を祝福した。

10月7日に、2023年シーズンFIAフォーミュラ・ワン世界選手権 第18戦カタールグランプリのスプリントレースが開催され、ホンダがチームパートナーを務めるオラクル・レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが2位入賞し、年間ドライバーズチャンピオン3連覇を達成した。

角田裕毅のアストンマーティンF1移籍をレッドブルもホンダも除外はせず

2023年10月6日
角田裕毅のアストンマーティンF1移籍をレッドブルもホンダも除外はせず
角田裕毅は、レッドブルが所有するスクーデリア・アルファタウリの来季のドライバーとして4年連続で選ばれたばかりだが、ランス・ストロールがアストンマーティンを退団するかもしれないという噂が流れる中で、彼の後任候補としてすでに浮上している。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「角田は我々と契約を結んでいる」とSport1に語った。

ホンダF1、2026年復帰の課題は「撤退時に分散した人材リソースの再集結」

2023年10月4日
ホンダF1、2026年復帰の課題は「撤退時に分散した人材リソースの再集結」
ホンダは、2026年F1復帰にむけて最も大きな課題は、撤退を決定した後に分散した人材をF1プロジェクトに再び集結させることだと認める。

ホンダは、2026年の大きなレギュレーション変更を前に、チャンピオンシップにコミットするかどうかについて長い検討を経て、F1に残留することを決定した。

アストンマーティンF1、ホンダのワークスチーム化への準備を開始

2023年10月3日
アストンマーティンF1、ホンダのワークスチーム化への準備を開始
アストンマーティンはすでに、2026年に向けたホンダのワークスF1プロジェクトとしての準備を始めている。

シルバーストーンに本拠を置き、現在メルセデスのカスタマーエンジンを搭載しているアストンマーティンは、ホンダとの提携が2025年に終了するレッドブルに最も近いライバルとして2023年をスタートさせた。
«Prev || ... 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · 10 · 11 · 12 ·... | | Next»
 
F1-Gate.com ホーム