角田裕毅 「駆けつけてくれたファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたい」

2022年10月10日
角田裕毅 「駆けつけてくれたファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたい」 / F1日本GP
角田裕毅(スクーデリア・アルファタウリ)は、2022年F1日本GPの決勝レースを13位で終えた。

初の凱旋レースを迎えた角田裕毅は13番グリッドからスタート。難しいウェットコンディションで9番手まで順位を上げるも、悪天候により約2時間の赤旗中断に。リスタート後は順位アップを狙って、2セット目のインターミディエイトを投入するも、その作戦が裏目に出て13位でフィニッシュすることになった。

キンプリ、F1日本GPで王者マックス・フェルスタッペンを取材

2022年10月10日
キンプリ、F1日本GPで王者マックス・フェルスタッペンを取材
人気アイドルグループ『King & Prince(キンプリ)』のメンバーが10月9日(日)に鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GPを観戦。Hondaハート メッセンジャーとしてF1ワールドチャンピオンのマックス・フェルスタッペンに挨拶した。

ホンダはキャンペーン『Hondaハート』にキンプリを起用しており、ホンダのモータースポーツに関連するコンテンツを発信している。

ホンダ 「Hondaの先進PU技術がフェルスタッペンの連覇に貢献!」

2022年10月10日
ホンダ 「Hondaの先進PU技術がフェルスタッペンの連覇に貢献!」 / F1日本GP
Hondaの先進パワーユニット技術が貢献!
マックス・フェルスタッペン選手がF1ドライバーズチャンピオン連覇を達成

2022年F1世界選手権 第18戦日本グランプリの決勝が10月9日に開催され、オラクル・レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンが優勝。2年連続2回目のドライバーズチャンピオンを獲得した。

フェルスタッペン 「レース後の王座確定をめぐる混乱は変な感じだった」

2022年10月9日
マックス・フェルスタッペン 「レース後の王座確定をめぐる混乱は変な感じだった」 / F1日本GP
マックス・フェルスタッペンは、鈴鹿サーキットでのレース後、F1日本GPでの2回目のF1ワールドチャンピオンシップ確定をめぐるポイントの混乱を「かなり変な感じだった」と語った。

マックス・フェルスタッペンは、F1日本GPのレース後、奇妙な状況で2回目のF1ワールドチャンピオンを獲得した。パルクフェルメのインタビューではじめて自分がワールドチャンピオンであることを知らされた。

角田裕毅、初めての母国レースは「忘れられない経験になりました」

2022年10月9日
角田裕毅、初めての母国レースは「忘れられない経験になりました」 / F1日本GP
角田裕毅は、初の母国レースとなったF1日本GPを13位でフィニッシュ。「忘れられない経験になった」と語った。

F1日本GPには、岸田首相がスタート前のセレモニーに出席。握手をして、アルファタウリのレーシングスーツをプレゼントした。声優の水樹奈々が日本の国家を独唱した。

マックス・フェルスタッペン 「ホンダとのF1タイトル2連覇は感動的」

2022年10月9日
マックス・フェルスタッペン 「ホンダとのF1タイトル2連覇は感動的」 / F1日本GP 鈴鹿サーキット
マックス・フェルスタッペンは、劇的な状況となったF1日本GPでの2度目のF1ワールドチャンピオン獲得は「インクレディブル」だと語った。

ウェットコンディションとなった鈴鹿サーキットで再開されたグランプリが終盤に入ると、マックス・フェルスタッペンがリードを維持したが、シャルル・ルクレールが2位でラインを通過したことで、タイトルレースは次戦アメリカGPに持ち越されたように見えた。

マックス・フェルスタッペン、優勝+ファステストラップで王座獲得

2022年10月9日
F1日本GP:マックス・フェルスタッペン、優勝+ファステストラップで王座獲得
マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)は、2022年F1日本GPで優勝+ファステストラップ獲得で2年連続でF1ワールドチャンピオンを獲得する。

3年ぶりにホンダのホームである鈴鹿サーキットでF1日本GPを開催。2021年シーズンをもってホンダはF1から撤退したが、マックス・フェルスタッペンが駆るレッドブル RB18の心臓部にはホンダのF1パワーユニットが収められて、マシンにはHONDAロゴが掲載されている。

マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスが語る「ホンダとの絆」

2022年10月9日
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスが語る「ホンダとの絆」
レッドブルF1のマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスが、ホンダ本社に来訪。日本GPに向けた想い、ドライバーにとってホンダはどんな存在なのかを語った。

3年ぶりのF1日本GPついに開幕。しかも、レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンがチャンピオン決定に王手をかけて臨む大一番となり、世界中の注目が集まっている。

マックス・フェルスタッペン 「まだチャンピオンシップを意識していない」

2022年10月8日
マックス・フェルスタッペン 「まだチャンピオンシップを意識していない」 / F1日本グランプリ
F1日本GP予選でのマックス・フェルスタッペンはシャルル・ルクレール(フェラーリ)に0.01秒差をつけてポールポジションを獲得し、2度目のドライバーズチャンピオン戴冠へ一歩前進した。

「このサーキットを再びドライブできて最高の気分だ。予選で燃料搭載量が少ないときは特に、マシンがセクター1で本当に生き生きと走ってくれる」と予選後のマックス・フェルスタッペンはコメント。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム