レッドブルF1、規則変更に苦戦のメルセデスに同情せず「適応が必要」

2021年4月8日
レッドブルF1、規則変更に苦戦のメルセデスに同情せず「適応が必要」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年のF1レギュレーション変更に苦戦しているメルセデスF1にまったく同情するつもりない。

今季、レッドブル・レーシングは、2013年以来初めて、F1ワールドチャンピオンを争える立場にあるように見える。メルセデスF1は良いスタートを切れていない。それは主に新しいレギュレーションによるものであり、メルセデスF1はそれが彼らのリードを破壊するように設計されたと不満を述べている。

メルセデスF1 「開発制限はレッドブル・ホンダに優位性を維持させる」

2021年4月8日
メルセデスF1 「開発制限はレッドブル・ホンダに優位性を維持させる」
メルセデスF1は、今年導入された開発に関する新しいルールによって、レッドブル・ホンダのパフォーマンス上の優位性を覆すことは不可能になるかもしれないことを懸念している。

レッドブル・ホンダは、2021年の開幕F1バーレーンGPで最速のマシンであり、マックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンに約0.4秒差をつけてポールポジション獲得。決勝では戦略によってハミルトンが勝利を収めたが、レースペースでも優位性をみせた。

ホンダF1、開幕戦F1バーレーンGPの問題でPUのソフトウエアを調整

2021年4月8日
ホンダF1、開幕戦F1バーレーンGPの問題でPUのソフトウエアを調整
ホンダF1は、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGPでPUがいくつかの問題に見舞われたが、レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ソフトウエアにいくつかの小さな調整を加えるだけで問題を防ぐことができると語る。

F1バーレーンGPの週末、ホンダはPUエレメントを2回交換している。さらに悪いことに、決勝のフォーメーションラップではセルジオ・ペレスのマシンが突然シャットダウン。なんとか再始動して5位フィニッシュを成し遂げたが、信頼性に不安の残る週末となった。

ホンダF1、“新骨格”エンジンのコンパクト化にはエクソンモービルも貢献

2021年4月7日
ホンダF1、“新骨格”エンジンのコンパクト化にはエクソンモービルも貢献
レッドブル・レーシングの燃料サプライヤーであるエクソンモービルは、ホンダF1のコンパクトな“新骨格”エンジン『RA621H』、そして、RB16Bのタイトなリアのパッケージングに同社のプロダクトが寄与していると自信をみせる。

F1チームがそれぞれのパッケージから最大のパフォーマンスを引き出そうとするなか、F1での燃料でのゲインはより重要なものとなっている。

レッドブルF1幹部 「角田裕毅はF1チャンピオンへの期待にも動じていない」

2021年4月7日
レッドブルF1幹部 「角田裕毅はF1チャンピオンへの期待にも動じていない」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、角田裕毅は“日本人初のF1ワールドチャンピオン”への期待にまったく悩まされてはいないと語る。

7年ぶりの日本人F1ドライバーとなった角田裕毅は、F1バーレーンGPの予選Q1でアルファタウリ・ホンダのF1マシンで2番手タイムを記録する衝撃デビューを果たし、決勝では9位入賞を果たし、デビュー戦でポイントを獲得した初めての日本人ドライバーとなった。

「マックス・フェルスタッペンは次戦イモラで勝てる」と父親のヨス

2021年4月7日
「マックス・フェルスタッペンは次戦イモラで勝てる」と父親のヨス・フェルスタッペン / レッドブル・ホンダF1
マックス・フェルスタッペンは、2021年のF1世界選手権の開幕戦F1バーレーンGPで勝利を収めることはできなかったが、父親であるヨス・フェルスタッペンは、レッドブル・ホンダのF1マシンには息子がそれ以降のすべてのレースで優勝できるポテンシャルがあると確信していると語る。

実際、マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンが決勝で彼を抑えて優勝するまでシーズン開幕戦の週末を支配していた。

ホンダF1 「ホンダと言えないマシンを見るのは複雑な気分になるだろう」

2021年4月7日
ホンダF1 「ホンダと言えないマシンを見るのは複雑な気分になるだろう」
ホンダF1のマネージングディレクターを務める山本雅史は、2022年にレッドブル・レーシングがロゴが出ていないホンダのF1エンジンでレースをするのを見るのは“複雑な気分”だろうと認める。

2021年にF1から撤退するホンダは、2022年からレッドブルにF1パワーユニット技術を譲渡。レッドブルが独自に開発を継続する“元ホンダ”のF1エンジンがレッドブル・レーシングとアルファタウリ・ホンダのマシンに搭載される。

【秘蔵映像】 ホンダF1の始まり。試作車『RA270』の走行シーン

2021年4月6日
【秘蔵映像】 ホンダF1の始まり。試作車『RA270』の走行シーン
ホンダF1は、すべての始まりと言えるF1カーのプロトタイプ『RA270』の走行シーンの映像を公開した。

2輪レースの世界で成功を収めたホンダはF1用エンジンを開発し、世界選手権に参戦することを決定した。最初の試作車であるRA270は、1962年11月より開発に着手し、1963年12月末に完成した。

レッドブル・ホンダF1 「ディファレンシャルの問題で0.3秒失っていた」

2021年4月6日
レッドブル・ホンダF1 「ディファレンシャルの問題で0.3秒失っていた」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、F1バーレーンGPのレース序盤にディファレンシャルの問題によってマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの両方がラップあたり0.3秒を失っていたと明らかにした。

レッドブル・ホンダF1は、2021年の開幕戦F1バーレーンGPで最速のチームであり、マックス・フェルスタッペンがメルセデスF1のルイス・ハミルトンに約0.4秒差をつけてポールポジションを獲得。ヘルムート・マルコを驚かせた。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム