ジョージ・ラッセル 「ルクレールのクラッシュはポーパシングが一因」

2022年7月29日
メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「ルクレールのクラッシュはポーパシングが一因」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、シャルル・ルクレールのF1フランスGPでのクラッシュにポーパシング(ポーポイズ現象)が関与した可能性があると考えている。

ポール・リカールでレースをリードしながら単独クラッシュを喫してリタイアしたことで、シャルル・ルクレールのF1タイトルへののボミはさらにスリムになった。

ルイス・ハミルトン、ミスをしたルクレールに同情「気持ちがわかる」

2022年7月28日
F1:ルイス・ハミルトン、ミスをしたルクレールに同情「気持ちがわかる」
7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンは、F1フランスGPでクラッシュを喫したシャルル・ルクレールに「心を痛めている」と語った。

シャルル・ルクレールは、F1フランスGPの序盤にレースをリードしていたが、ピットストップ直前に単独でミスをしてウォールにクラッシュしてレースを終えた。

メルセデスF1代表 今季初のダブル表彰台も「リーダーに対して0.7秒不足」

2022年7月26日
メルセデスF1代表 今季初のダブル表彰台も「リーダーに対して0.7秒不足」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフが、2022年F1第12戦フランスグランプリの決勝を振り返った。

予選では、ルイス・ハミルトンがトップから0.8秒遅れの4番手、ジョージ・ラッセルが1.2秒以上離れて6番手だった。しかし、決勝では安定し、ハミルトンが今季ベストの2位、ラッセルが3位に続き、メルセデスF1は今シーズン初めてダブル入賞を果たした。

F1フランスGP:レッドブル・レーシング 決勝レポート

2022年7月26日
F1フランスGP:レッドブル・レーシング 決勝レポート
シーズン7勝目を飾ったマックス・フェルスタッペンが選手権リード拡大に成功し、セルジオ・ペレスが4位に入賞したポール・リカールでのレースをレッドブル・レーシングが振り返った。

タイトル争いのライバル、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が18周目に衝撃的なクラッシュを喫して戦列を去ったあと、マックス・フェルスタッペンが盤石のドライビングで今シーズン7勝目を挙げた。

ファビオ・クアルタラロ 「メルセデスとのF1マシンテストに取り組んでいる」

2022年7月26日
ファビオ・クアルタラロ 「メルセデスとのF1マシンテストに取り組んでいる」
現役MotoGPチャンピオンのファビオ・クアルタラロは、メルセデスのF1マシンを「年末」にテストするために「取り組んでいる」と語った。

ヤマハのMotoGPライダーであるファビオ・クアルタラロは、ポール・リカールで開催されたF1フランスGPにメルセデスF1チームのゲストとして参加した。

ヤマハのタイトルスポンサーであるモンスターエナジーは、メルセデスF1チームのスポンサーも務めており、F1マシンでのテストが実現する可能性がある。

ジョージ・ラッセル、ペレスとの接触に不満「僕のコーナーだった」

2022年7月26日
ジョージ・ラッセル、ペレスとの接触に不満「僕のコーナーだった」 / F1フランスGP
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、F1フランスGP終盤のセルジオ・ペレス(レッドブル)へのオーバーテイクの動作を擁護した。

ジョージ・ラッセルは、セルジオ・ペレスを抜いて3位を獲得するためにターン8でオーバーテイクを仕掛けたが、両方のドライバーはわずかに接触。ペレスはエスケープロードに逃れてポジションを維持した。

マックス・フェルスタッペン 「63ポイント差は実際の実力差より大きい」

2022年7月26日
マックス・フェルスタッペン 「63ポイント差は実際の実力差より大きい」 / F1フランスGP
マックス・フェルスタッペンは、F1モナコGPでシャルル・ルクレールに対するリードをこれまでで最大となる63ポイントに拡大したが、そこまで差が大きくなったのは運の要素もあると認める。

序盤に2番手を走行していたマックス・フェルスタッペンだが、シャルル・ルクレールが18周目に単独スピンを喫してクラッシュするとリードを引き継ぎ、今季7勝目を挙げた。

セバスチャン・ベッテル 「ストロールの最終コーナーでのブレーキは驚いた」

2022年7月26日
セバスチャン・ベッテル 「ストロールの最終コーナーでのブレーキは驚いた」 / F1フランスGP
セバスチャン・ベッテルは、F1フランスGPのファイナルラップでの10位をかけたバトルで、アストンマーティンのチームメイトであるランス・ストロールが最終コーナーで突然減速したことに「驚いた」と語る。一方、ストロールは「無謀なことは何もしていない」と主張している。

セバスチャン・ベッテルは、レース終盤にランス・ストロールに追いついて追い越すためにハードにプッシュしており、ファイナルラップでストロールを捕えていた。

フェラーリF1代表 「カルロス・サインツJr.の戦略は正しい判断」

2022年7月26日
フェラーリF1代表 「カルロス・サインツJr.の戦略は正しい判断」
スクーデリア・フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、F1フランスグランプリでカルロス・サインツJr.に下した戦略的な判断は適切なものだったと説明した。

シャルル・ルクレールがレースの早い段階でクラッシュしてレースから外れたため、スクーデリア・フェラーリの望みはPUペナルティによって最後列からスタートしたカルロス・サインツJr.に託された。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム