ザウバー:シャルル・ルクレールが4度目の入賞 / F1フランスGP

2018年6月25日
F1 ザウバー シャルル・ルクレール フランスGP
ザウバーは、F1フランスGPの決勝レースでシャルル・ルクレールが2戦連続となる10位入賞。マーカス・エリクソンは13位でレースを終えた。

シャルル・ルクレール (10位)
「全体的に今週末の結果には満足している。昨日は素晴らしい予選結果が得られたし、クルマに自信を感じていた。今日のレースで再びチームのためにポイントを獲得できたのは素晴らしい気分だ」

メルセデス:ルイス・ハミルトンが今季3勝目 / F1フランスGP

2018年6月25日
F1 メルセデスAMG F1 ルイス・ハミルトン
メルセデスは、F1フランスGPの決勝レースでルイス・ハミルトンが優勝。バルテリ・ボッタスは7位でレースを終えた。

ルイス・ハミルトン (優勝)
「前向きに自分自身を批判し、新しいメソッドや新たな決意で挑戦に臨み、その上で結果を出せるのは素晴らしい気分だ。でも、チームとしては残念でもあった。僕たちは1-2を達成するチャンスがあったからね。1-2はチームとして達成する究極の目標として常に素晴らしいものだからね」

レッドブル:マックス・フェルスタッペンが2位表彰台 / F1フランスGP

2018年6月25日
F1 レッドブル・レーシング マックス・フェルスタッペン
レッドブル・レーシングは、F1フランスGPの決勝レースでマックス・フェルスタッペンが2位表彰台を獲得。ダニエル・リカルドは4位でレースを終えた。

マックス・フェルスタッペン (2位)
「ポール・リカールでの2位フィニッシュは、この週末に期待していたよりも良い結果だ。ターン2に到達してすぐに接触がなかったことに安心したし、そこからはとにかく自分のレースを管理することが重要だった。かなり楽だった」

フェラーリ:キミ・ライコネンが3位表彰台 / F1フランスGP

2018年6月25日
F1 フェラーリ キミ・ライコネン フランスGP
フェラーリは、F1フランスGPの決勝レースでキミ・ライコネンが3位表彰台を獲得。セバスチャン・ベッテルは5位でレースを終えた。

キミ・ライコネン (3位)
「スタートで2つ順位を失った。アウトサイドに出たけど、その後、1コーナーで事故が起こってかなり厄介な状況だった。トラブルを避けようとしたけど、トラックの間違った側を選んでしまった」

ピエール・ガスリー 「接触を避けることができなかった」 / フランスGP

2018年6月25日
F1 ピエール・ガスリー
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1フランスGPの決勝を1周目のアクシデントによってリタイアに終えた。

予選14番手のピエール・ガスリーは7列目からの母国グランプリをスーパーソフトタイヤでスタート。だが、スタート後の3コーナーで、ピエール・ガスリーはエステバン・オコン(フォース・インディア)と接触しスピン。

ブレンドン・ハートレー 「最後尾からできる限りのことはやった」

2018年6月25日
F1 ブレンドン・ハートレー
トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、F1フランスGPの決勝レースで最後尾から粘り強く戦い、14位でフィニッシュした。

予選17番手だったブレンドン・ハートレーは、パワーユニット交換のペナルティを科され最後列20番手からウルトラソフトタイヤでレースをスタート。1周目に複数のアクシデントが発生し、セーフティカーが導入され、ハートレーは、この混乱を切り抜けポジションを上げる。

ホンダF1 「フランスGPは全体として難しい週末になった」

2018年6月25日
F1 ホンダF1 フランスグランプリ 2018年のF1世界選手権
ホンダF1のテクニカルディレクターを務める田辺豊治が、F1フランスGPでのトロロッソ・ホンダのレースを振り返った。

決勝では14番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーが、スタート直後に同じフランス出身で母国グランプリとなるエステバン・オコン(フォース・インディア)と接触してリタイア。

F1フランスGP 決勝:ルイス・ハミルトンがポール・トゥ・ウィンで圧勝

2018年6月25日
F1 フランスグランプリ 2018年のF1世界選手権
2018年のF1世界選手権 第8戦 フランスGPの決勝が6月24日(日)にポール・リカール・サーキットで行われ、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝した。

トロロッソ・ホンダは、ブレンドン・ハートレーが14位で完走。ピエール・ガスリーはオープニングラップのクラッシュでリタイアに終わった。

【動画】 ピエール・ガスリー、接触により0周リタイア / F1フランスGP

2018年6月25日
F1 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ フランスグランプリ
トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1フランスGPの決勝レースを接触により0周リタイアで終えた。

14番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、3コーナーで前を走るエステバン・オコン(フォース・インディア)に接触。両者はマシンにダメージを負ってその場でリタイアすることとなった。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム