メルセデスF1のジョージ・ラッセル 「ルクレールのクラッシュはポーパシングが一因」
メルセデスF1のジョージ・ラッセルは、シャルル・ルクレールのF1フランスGPでのクラッシュにポーパシング(ポーポイズ現象)が関与した可能性があると考えている。

ポール・リカールでレースをリードしながら単独クラッシュを喫してリタイアしたことで、シャルル・ルクレールのF1タイトルへののボミはさらにスリムになった。

当初、オーストリアで勝利を奪いかけたスロットルペダルが戻らない問題が原因だったと考えられたが、パドックに戻ったシャルル・ルクレールは、クラッシュの全責任を負い、マックス・フェルスタッペンを倒すために「ハードにプッシュしすぎた」結果だと説明した。

しかし、BBC Sportとのインタビューで、クラッシュのリプレイを見たジョージ・ラッセルは、フェラーリF1-75の激しいバウンシングが、シャルル・ルクレールのレースが早期させる一因となった可能性があると考えている。

「まあ、それは役には立たないだろう」とジョージラッセルは語った。

「僕たちは、車全体の負荷変動がどのようなものかを知っているし、車の重量の50%以上によって上下にバウンドしている」

「つまり、車の重量が700キロで、変動が400kgを超える場合、ドライバーとして、コーナーに入る0.5秒ごとにプラス/マイナス400kgになるとそれを制御することはできない」

「速度を落とすと、重大度は低くなる。しかし、これらの車は空力が非常に洗練されており、バウンシングしている場合、タイヤは地面に接触していない、もしくは地面に必要な力をかけていない」

「分からないけど、週末を通してあのコーナーで発生した2つのインシデントは、どちらもエントリーでポーパシングを起こしていたのは興味深いことだ」

「ミック・シューマッハはフリープラクティスで同じコーナーでコースオフした。まったく同じで、車はフロアがぶつかっていた」

「そして、車を運転するための最速の方法であるため、ある意味でそれは僕たちが経験しなければならない不必要なリスクと危険だ」

ドライバー、チーム、F1、FIA(国際自動車連盟)の間でバックグラウンドでポーパシングに関する論争が続いている。

ジョージ・ラッセルは答えを出すのはドライバーではないが、ポーパシングは「不要」なものであり、F1から根絶する必要があると語tt。あ

「僕には答えはないけど、介入するのはFIA次第だ」とジョージ・ラッセルは付け加えた。

「まったく不要なものであり、モナコやジェッダのストリートを200mphで運転することに関連する十分なリスクがすでにある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ジョージ・ラッセル / フェラーリ / メルセデス / F1フランスGP / シャルル・ルクレール